S-MAX

Bluetooth.org

未発表のNTTドコモ向けと見られる富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマホ「F-42A」がBluetooth認証通過!次期らくらくスマートフォンか


Fujitsuブランドのdocomo向けスマホ「F-42A」が投入へ!写真はらくらくスマートフォン me F-01L

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは10日(現地時間)、富士通コネクテッドテクノロジーズ(以下、FCNT)製スマートフォン(スマホ)「F-42A」が2020年9月10日付で認証を通過したとして情報公開しています。Declaration IDは「D049325」、QDIDは「146984」。型番ルールからNTTドコモ向けとなると見られます。

同一の認証としてすでに販売されているNTTドコモ向け「arrows Be3 F-02L」および「arrows Be4 F-41A」、「arrows Be F-04K」、SoftBank向け「arrows U 801FJ」が並んでおり、これらの製品はともにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 450」を搭載しているため、F-42AもSnapdragon 450搭載のエントリーモデルとなると思われます。

認証のタイミングから2020年秋冬モデルとして投入されると思われ、富士通ブランドの「arrows」シリーズもしくは「らくらくスマートフォン」シリーズになると考えられますが、すでに多くのコンテンツにおける対応機種に掲載されていることや製品サイクルから考えると、らくらくスマートフォンシリーズになるのではないかと予想します。

続きを読む

5000mAhバッテリーやSnapdragon 460を搭載したエントリースマホ「OPPO A53」が発表!すでに「CPH2099」が技適取得済みで日本で発売へ


5000mAhバッテリー搭載のエントリースマホ「OPPO A53」が日本で発売へ!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が約6.5インチHD+(720×1600ドット)液晶(約269ppi)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 460」、大容量5000mAhバッテリーなどを搭載したエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A53」を発表しています。

インドなどのさまざまな国・地域で販売され、価格はインドでは4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージモデルが12,990インドルピー(約19,000円)、6GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージモデルが15,490インドルピー(約22,000円)となっています。

またBluetooth認証機関のBluetooth SIGは1日(現地時間)、OPPO製「CPH2099」および「CPH2095」、「CPH2135」、「CPH2127」が認証通過したとして情報を公開しています(。Declaration ID:D050889)。このうちのCPH2127はOPPO A53であることが判明しています。

一方、CPH2099はすでに紹介しているように日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年7月24日付で取得しているため、OPPO A53(またはそれに相当する製品)が日本で発売されることになりそうです。昨年に日本でSIMフリーモデルとして発売された「OPPO A5 2020」の後継機種となると見られます。

続きを読む

サムスン電子の新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold2 5G」が日本でauから発売へ!型番「SCG05」がBluetooth認証を通過


auから5G対応フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold 5G SCG05」が登場へ!

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは12日(現地時間)、サムスン電子製5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold2」(型番:SM-F916**)のモデルの1つとしてDesign Model Number「FSG」が認証通過したとして情報を公開しています。

Declaration IDは「D051250」、QDIDは「152647」で、同一製品として「SM-F916Q」および「SM-F916J」、「SCG05」が存在することが示されています。このうちのSCG05は型番ルールからau向けと見られ、前機種「Galaxy Fold」に続いてGalaxy Z Fold2がauから発売されることになりそうです。

またSM-F916Jは「SM-F916」はGalaxy Z Fold2を示し、末尾の「J」はサムスン電子製のau向け製品のメーカー型番であることを示すことからSCG05のメーカーの内部型番となります。なお、サムスン電子ではGalaxy Z Fold2の詳細は9月1日(火)に発表する予定となっています。

一方、SM-F916Qは詳細は不明ですが、Galaxy Z Fold2には「Galaxy Z Flip」と同様にThom Browneとコラボレーションしたモデルが用意され、日本でも「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」がSIMフリーで販売されたことからGalaxy Z Fold2 Thom Browne EditionもSIMフリーで販売される可能性もありそうです(末尾「Q」は「Galaxy S20 Ultra SCG03」のときにも「SM-G988Q」が認証を通っているので違うかもしれませんが)。

続きを読む

Microsoftの折りたたみ型2画面Androidスマホ「Surface Duo」となる型番「1930」が技適通過!日本でも今秋以降に発売へ


折りたたみ型2画面Androidスマホ「Microsoft Surface Duo」が日本でも発売へ!技適を取得

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMicrosoftが「1930」(認証番号:003-200082)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年6月15日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

このMicrosoftの1930はモデル名で、これまでに米連邦通信委員会(FCC)やBluetooth SIGなどの複数の認証機関を通過しており、Bluetooth SIGが公開している認証情報によって同社が昨年発表した折りたたみ型2画面Androidスマートフォン(スマホ)「Surface Duo」であることが判明しています。

これにより、MicrosoftがSurface Duoを日本で発売する準備をしていることが明らかとなりました。なお、Surface Duoは2020年末までに発売する計画で、FCCの非公開資料の公開期限が2020年10月29日となっているため、海外ではこの時期までに発売されるのではないかと予想されています。

また最近では同社のデバイスグループCPOのPanos Panay氏が実際に生活の中でSurface Duoを利用しているところを自身のTwitterアカウントに投稿しており、Surface Duoの正式発表や発売が近いと思わせる様子も伺えます。正式発表が楽しみですね!

続きを読む

未発表の楽天モバイル向けと見られるZTE製5G対応スマホ「ZR01」がBluetooth SIGを通過!5Gサービスは9月以降に提供開始予定


楽天モバイル向けと見られる5Gスマホ「ZR01」が準備中!写真はau向け「ZTE a1」

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは31日(現地時間)、未発表のZTE製「ZR01」が認証通過したとして情報を公開しています。Declaration IDは「D050889」、QDIDは「150828」で、Bluetoothのバージョンは5.1となっています。

詳細は不明ながらDesign Descriptionは「NR/LTE/WCDMA Multi-Mode Digital Mobile Phone」となっており、5G NR方式や4G LTE方式、3G W-CDMA方式に対応したスマートフォン(スマホ)となると見られます。

またSoftware Version Numberが「RMI_JP_ZR01_V3.0」となっており、RMIは「楽天モバイル」の英語表記「Rakuten Mobile, Inc.」の略称であることから楽天モバイル向けになると推測でき、すでに販売されているシャープ製5G対応フラッグシップスマホ「AQUOS R5G(型番:SH-RM14)」に続いて楽天モバイルから5Gスマホが発売されることになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。