S-MAX

CA

KDDI、au向けデータ通信サービスを下り最大590Mbpsへ高速化!まずはモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が5月16日より対応し、今後発売されるスマホでも利用可能に


auの下り最大通信速度が590Mbpsに高速化!

KDDIおよび沖縄セルラーは15日、au向けに新たに「4G LTE」(FDD-LTE方式)の150Mbpsと「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)の440Mbpsをキャリアアグリゲーション(CA)によって束ねることで下り最大590Mbpsの高速データ通信サービスを東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから2017年5月16日(火)より順次提供開始すると発表しています。

まずは同日より配信するソフトウェア更新の適用によってモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が下り最大590Mbpsに対応するとのこと。また今後、発売を予定している最新のauスマートフォン(スマホ)では下り最大590Mbpsに対応するということです。

続きを読む

インターネットテレビ局「AbemaTV」が見逃し配信「Abemaビデオ」を提供開始!iOSとPCで先行利用でき、Androidは4月下旬予定、利用料は一部無料の月額960円――縦画面表示にも対応


AbemaTVが見逃し配信や縦画面表示に対応!

サイバーエージェント子会社のAbemaTVは7日、同社が提供・運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」( https://abema.tv )にて2017年4月6日(木)より新機能「Abemaビデオ」をiOS版アプリとパソコン(PC)版にて先行して提供開始したと発表しています。

Abemaビデオは、AbemaTVの放送で見逃した番組をいつでも見ることができるようになるもので、サービス開始当初より月額960円(税込)の「プレミアムプラン」として提供してきたタイムシフト機能を拡充した新機能として提供します。

一部は無料で利用できるほか、既存のプレミアムプランへの登録ですべてを利用可能。これにより、AbemaTVのコンテンツを一定期間いつでも好きな時に見放題になるほか、AbemaTVオリジナル制作の番組をはじめ、一部の番組は登録することなく無料でも楽しめます。

また同社では2017年4月3日(月)よりAbemaTVの縦画面での視聴に対応すると発表しています。さらにサービス開始1周年を記念して2017年4月8日(土)から5月7日(日)までの約1か月間に渡って毎日、オリジナル特番の放送やアニメ、スポーツ、音楽など豪華ラインナップでのスペシャルプログラムの放送を予定しているとのこと。

その他、2017年4月10日(月)から7日間に渡っては「AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE」と題しEX THEATER ROPPONGI(EXシアター六本木)にてスペシャルライブも開催するなど、今後、1周年を記念したさまざまな企画を予定しているということです。

続きを読む

KDDI、au向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」を発表!WiMAX 2+の4x4 MIMOとCAに両対応し、下り最大440Mbpsが全国エリアで利用可能へ


au向け新モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が2月中旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04(型番:HWD35)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が構築する高速通信サービス「WiMAX 2+」において4x4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)の両方に対応することで下り最大440Mbpsに対応するほか、4GのFDD-LTE方式や3GのW-CDMA方式にも対応しています。

なお、すでに紹介したようにUQでは、合わせて下り最大440Mbps対応エリアを東名阪中心から2月より全国展開し、2017年4月末までに全国の主要都市で利用できるようになる予定だとお知らせしています。

最大440Mbps対応製品としては「Speed Wi-Fi NEXT WX03」に続き、前機種の「Speed Wi-Fi NEXT W03」はWiMAX 2+とFDD-LTEのCAによる下り最大370Mbpsに対応していました。

発売時期は2017年2月中旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。価格(税込)は本体価格28,080円(分割1,170円/月×24回)で2年契約なら実質負担額0円になるということです。なお、現時点ではUQから発売されるという案内は出ていません。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+の4×4MIMOとCAによる下り最大440Mbps対応エリアを全国へ2月1日以降順次拡大!東名阪以外でもすでに利用可能地域も


UQがWiMAX 2+の下り最大440Mbps対応エリアを全国へ拡大!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は11日、同社が展開する高速通信サービス「WiMAX 2+」において2016年12月より提供している4×4 MIMO技術とキャリアアグリゲーション(CA)技術に両対応した下り最大440Mbps対応エリアを2017年2月1日以降順次、全国(一部地域を除く)に拡大する予定であると発表しています。

現在、UQでは下り最大440Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03(型番:NAD33)」をサービス開始の2016年12月より販売し、これまでは東名阪エリアを中心に展開してきましたが、新たに全国へ拡大することになりました。2017年4月末までに日本全国の主要都市に展開予定。

なお、WiMAX 2+の4x4 MIMOとCAの両対応による下り最大440Mbps対応製品としては新たにauからモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04(型番:HWD35)」およびWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi HOME L01(型番:HWS31)」(ともにHuawei Technologies製)が発表されています。

続きを読む

買った直後は有効になっていない!ファーウェイのハイエンドSIMフリースマホ「HUAWEI P9」で電波を束ねて高速化するキャリアアグリゲーションを設定【ハウツー】

キャリアアグリゲーションを有効にするには設定が必要

ライカブランドのデュアルカメラが何かと話題に上るファーウェイSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」ですが、同社のハイエンド機種だけあってネットワーク対応も充実しており、複数周波数の電波を束ねて通信を高速化する「キャリアアグリゲーション(CA)」に対応しています。国内携帯電話事業者から販売されている機種ではすでにおなじみの機能ですが、SIMフリー機種のCA対応は珍しいです。

通信の高速化や安定化を行えるCAですが、実はHUAWEI P9のデフォルト設定では有効になっていません。そこで本記事では、HUAWEI P9でCAを有効にする設定方法と、CAの状態を確認する方法を紹介します。

続きを読む

KDDI、au向けに4G LTEとWiMAX 2+を合わせて3波を束ねるキャリアアグリゲーションで下り最大370Mbpsを提供!まずは東京・渋谷周辺からーーXperia X PerformanceとGalaxy S7 edgeが対応


auが4G LTEとWiMAX 2+の3波CAで下り最大370Mbpsを提供!写真は過去のネットワーク説明会にて

KDDIおよび沖縄セルラーは10日、今夏に発売するau向け「2016年夏モデル」としてAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SOV33」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「Galaxy S7 edge SCV33」(サムスン電子製)を発表し、新たに4G LTEとWiMAX 2+を組み合わせて3つの波によるキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大370Mbpsの高速通信サービスを提供することを明らかにしています。

下り最大370Mbpsは東京都渋谷駅周辺エリアから開始し、愛知県名古屋駅周辺や大阪府梅田駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定。なお、駅構内などは利用できない場合があるとしています。

続きを読む

NTTドコモが通信サービスを下り最大375Mbpsに高速化!3.5GHz帯やTDD・FDDの異なる方式によるCAも合わせて6月より提供開始――説明会で対応機種についても言及【レポート】

NTTドコモが通信サービスをさらに高速化!3.5GHz帯とFDD/TDDのCAなどを6月から提供に

NTTドコモは2日、都内にて「ネットワーク説明会」を開催し、今年6月より国内最速となる受信時最大375Mbpsの高速通信サービス「PREMIUM 4G」および3.5GHz帯(Band 42)によるTDD方式(時分割複信)のLTE(TD-LTE)による受信時最大370Mbpsのサービス提供を開始すると発表した。

これらはすでに提供しているLTE-Advancedの技術要素の「キャリアアグリゲーション(CA)」における3つの波を束ねる3CC CAの対応状況を進めたもので、特に受信時最大370Mbpsについては異なるFDD方式(周波数分割複信)とTDD方式を束ねたサービスになる。

また、300Mbps超のエリアは、通信トラフィックの緩和を目的として都市部を中心に展開する。さらに高速な375Mbpsのエリアについては、東京では新宿と池袋の一部にエリアを設ける。また、3.5GHz帯重点地区として東京および新橋、品川、渋谷、新宿、池袋の山手線エリアが挙げられた。

この高速通信に対応した端末が今後に発表および発売されることも質疑応答で明らかにされたが、対応する端末がどのような製品になるのかなどの詳細については決定後、正式に発表するという回答に留まったが、時期的に見て恐らく「2016年夏モデル」として登場しそうだ。今回はこれらの高速通信について紹介していく。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、高速通信サービス「WiMAX 2+」の周波数帯拡張の進捗を案内!おおむね全国でCAによる下り最大220Mbpsのエリア化が完了


UQのWiMAX 2+周波数帯拡張がおおむね全国エリア化完了!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は9日、今年10月末を予定していた高速通信サービス「WiMAX 2+」における周波数帯拡張によるキャリアアグリゲーション(CA)での下り最大220Mbpsのエリア整備についておおむね一部地域を除いておおむね全国で終了していると進捗をお知らせしています。

遅れが生じた地域について今後も拡張作業を鋭意、進めて行き、残り地域の拡張状況について公式Webサイトで案内するとしています。なお、CA非対応となる地域は「W01下り最大110Mbps対応エリア [PDF]」にて確認できるということです。

続きを読む

NTTドコモ、ドコモラウンジなどの東京・名古屋・大阪の3拠点で下り最大337.5Mbpsを提供開始!AQUOS ZETA SH-01Hで体感可能


NTTドコモが国内最速の下り最大337.5Mbpsをスポット展開!

NTTドコモがキャリアアグリゲーション(CA)を用いた高速通信サービス「PREMIUM 4G」においてドコモラウンジ(東京都)およびドコモスマートフォンラウンジ名古屋(愛知県)、ドコモショップグランフロント大阪店(大阪府)の3拠点で国内最速となる下り最大337.5Mbpsを提供開始しているとお知らせしています。

一歩先の快適さの体験として11月上旬に発売される下り最大300Mbpsに対応したスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」の展示機を用いて体感できるようになっています。

続きを読む

KDDI、山形県の一部でau 4G LTEを下り最大300Mbpsで10月下旬より提供開始!Xperia Z5 SOV32が対応ーー700MHz帯と800MHz帯、2GHz帯の3波CAで実現


auが下り最大300MbpsのCAを山形県の一部で10月下旬より提供開始!

KDDIがau向け高速通信サービス「au 4G LTE」において下り最大300Mbpsを2015年10月下旬より山形県の一部エリアで提供開始することを明らかにしています。10月下旬に発売予定のスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 SOV32」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が対応します。

これは700MHz(Band 28)および800MHz(Band 18)、2GHz(Band 1)の3つの周波数帯(電波)をキャリアアグリゲーション(CA)によって束ねた「3CC CA」によって実現します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。