S-MAX

Cerevo

光る剣でキリトになりきれ!ソードアート・オンラインの原寸大スマートトイ「High-Grade Electronic Toy エリュシデータを写真と動画で紹介【レポート】


ソードスキルを搭載したスマート・トイ「エリュシデータ」を発表!

Cerevoとグッドスマイルカンパニーは5日、都内にて「スマート・トイ『エリュシデータ』メディア向け発表会」を開催し、アニメ「ソードアート・オンライン」に登場する片手剣を1/1スケールで再現したスマートトイ「High-Grade Electronic Toy エリュシデータ」を2020年4月(予定)に発売すると発表した。

Cerevoではこれまでアニメなどの劇中に登場する武器やメカなどを製品化しており、2016年には「PCYCHO-PASS サイコパス」の劇中に登場する「DOMINATOR(ドミネーター)」、そして2017年には「攻殻機動隊 S.A.C.」の「1/8タチコマ」などを販売している。

今回のHigh-Grade Electronic Toy エリュシデータは、700以上のLEDを搭載して振ったり突いたりといったアクションに合わせて光と音で演出するもの。なお、LEDはフルカラー発光に対応しており、スマートフォン(スマホ)のアプリ上で色の設定も変更ができるという。

またディスプレイ用に光らせておくことも可能である。気になる販売価格だが、通常版109,091円(税抜)とSpecial Edition 136,364円(税抜)となる。今回はそんな1/1のHigh-Grade Electronic Toy エリュシデータとはどんな製品なのか、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

スマホ連携機能も搭載するラジオ局が声にこだわって作ったラジオ受信機「Hint BLE Radio」を写真と動画で紹介【レポート】


クラウドファンディングから生まれたBluetoothスピーカー搭載のラジオ受信機「Hint」

ニッポン放送およびCerevo、グッドスマイルカンパニーは20日、都内にて「共同開発製品”Hint”完成発表会」を開催し、クラウドファンディングを通じて開発したワイドFM対応ラジオ「Hint BLE Radio」(以下、Hint)を2017年9月初旬に発売すると発表した。

Hintはニッポン放送のアナウンサーである吉田尚記氏が立ち上げたプロジェクトから生まれたラジオ受信機。クラウドファンディング終了後もHintを購入したいという声が多く寄せられたことから一般発売を決定したという経緯がある。

メーカー希望小売価格は22,000円(税別)で、Cerevoやニッポン放送、グッドスマイルカンパニー、ビックカメラ.comおよび全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップのラジオ取扱店舗にて9月初旬より販売、すでに7月20日から予約受付も開始している。

今回はラジオの音声からスマートフォン(スマホ)にURLを通知する機能とスマホのBluetoothスピーカーとしても利用できるHintの製品について写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Cerevo、ポータブルSIM技術を利用したSIMカードを切り替えて使えるデバイス「SIM CHANGER ⊿」をようやく出荷開始!クラウドファンディングながら当初予定の約2カ月遅れに


4枚のSIMカードを切り替え使えるデバイス「SIM CHANGER ⊿」が出荷!

Cerevo(セレボ)は31日、NTTドコモが開発した「ポータブルSIM」の技術を使ってSIMカードを切り替えて通信できるデバイス「SIM CHANGER ⊿(SIMチェンジャー・デルタ)」の出荷を開始したとお知らせしています。

出荷が遅れた原因としては開発期間中に特定の機種のみで発生する事象や既存アプリとの組み合わせによって発生する事象などの不具合が複数発生しており、これら不具合の対策と改善を行なっていたためとしています。

また出荷はしましたが、「不正なSIM」と表示されて通信できない問題やXperia A4 SO-04Gで正しく通信できない問題、アプリおよび利用環境の影響による不具合などがまだ残っているということです。

これらの問題については、出荷後も引き続き改善に向けて開発を継続し、不具合について連絡する投稿フォーム( https://goo.gl/y3EzLX )を用意したとのことで、利用中に正常ではない動作が発生した場合には連絡して欲しいとお願いしています。

続きを読む

Cerevoが発売する「1/8タチコマ」を写真と動画で紹介!価格は約17万円で、動く、情報を並列化する、玉川砂記子ボイスで会話する【レポート】


AIで会話できる1/8タチコマが発売!

Cerevo(セレボ)が3月23日に都内にて新製品発表会を開催し、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」(製作:攻殻機動隊製作委員会)に登場する多脚戦車「タチコマ」の1/8モデル「うごく、しゃべる、並列化する。 1/8タチコマ」(以下、1/8タチコマ)を発売すると発表した。

1/8タチコマは、同社のアニメやゲーム、映画に登場するアイテムを、家電のテクノロジーを用いて現実世界に可能な限り再現する「S2R(From screen to the real world)」プロジェクトの第2弾となる。

21個のモーターによって自律動作するほかスマートフォン(スマホ)からの操作、そして音声による会話も可能としている。またカメラによる物体認識と音声認識からタチコマ同士の「並列化」も実現する。

1/8タチコマは直販ストア「Cerevo official store」での販売価格は税抜157,400円(税込169,992円)で同日より予約販売が開始となっており、今年6月の出荷を予定している。今回は発表会の模様と1/8タチコマの動作を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ついに発売!スマホと連携するプロジェクターを搭載したCerevoの可変型ホームロボット「Tipron」を写真と動画で紹介【レポート】

どこでもプロジェクターを実現する可変型ホームロボット「Tipron」を紹介!

Cerevo(セレボ)は2016年12月にプロジェクター内蔵の可変型ホームロボット「Tipron」を発売した。Tipronは、スマートフォン(スマホ)と連携する自走式のロボットで移動やプロジェクターの角度、投映するコンテンツの再生ができるほか、決められた時間・場所に移動してプロジェクター映像を投映すると言ったスケジュール機能を持つ。

プロジェクターと言えば、ホームシアター向けのハイエンド製品がある一方で、バッテリーで駆動するようなモバイルプロジェクターなど手軽な製品も増えつつある。昨年はMotorola Mobility(以下、モトローラ)製SIMフリースマホ「Moto Z」シリーズの映像を大画面で楽しむためのプロジェクターモジュール「Insta-Share Projector」が発売された。

通信機能を持つスマホとプロジェクターの相性は良く、再生するためのコンテンツは本体に保存した動画以外に、YouTubeをはじめとする動画配信サービスを利用することができる。見慣れたYouTubeのコンテンツも映画のように投映されるので独特の雰囲気があり実に新鮮だ。

今回はこのプロジェクターをロボットにしたセレボのTipronについて紹介していきたいと思う。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。