S-MAX

ComputexTaipei

ASUS、台湾・台北でプレス向けイベントを5月29日14時より開催!Computex Taipei 2017に合わせ、次期スマホ「ZenFone 4」シリーズなどを発表へ


ASUSが5月29日にプレスカンファレンスを台湾で開催!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が2017年5月30日(火)から6月3日(土)に台湾・台北にて開催されるIT関連展示会「Computex Taipei 2017」に合わせて開催前日の5月29日(月)14時(現地時間)から報道関係者向け発表会「ASUS at the Edge of Beyond @Computex 2017」( https://press.asus.com/events/Computex/asus-2017/ )を開催するとお知らせしています。

発表会は台北にある「HNBK International Convention Center」で行われ、すでに今月末以降に投入することが明らかにされている次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 4」を含む「ZenFone 4」シリーズなどを発表すると見られます。

現時点ではZenFone 4以外にも上位モデル「ZenFone 4s」や大容量電池モデル「ZenFone 4 Max」の存在が判明しているほか、案内を行っている特設Webページでは「Intel」のロゴもあることから各種パソコン(PC)などの新製品も発表されると予想されます。

続きを読む

ASUSが次期スマホ「ZenFone 4」シリーズを今月末に発表へ!決算説明会にて「ZenFone 4」や上位モデル「ZenFone 4s」、大容量バッテリーモデル「ZenFone 4 Max」の存在を明らかに


いよいよZenFone 4シリーズが発表間近!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は11日(現地時間)、本社のある台湾にて2017年第1四半期(1〜3月)の業績を発表する投資家向け説明会「1Q 2017 Investor Conference」を開催し、次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 4」シリーズを投入することを明らかにしています。

同社では初代「ZenFone」の時に5インチモデル「ZenFone 5」や4インチモデル「ZenFone 4」というように名付けていたため、その後の「ZenFone 2」シリーズや「ZenFone 3」シリーズの次がZenFone 4シリーズになるのか、重複を避けていくつか数字を飛ばすのか注目されていました。

今回発表された資料では、ZenFone 3シリーズの次がZenFone 4シリーズになることが明記されており、少なくともベースモデル「ZenFone 4」のほか、最上位モデル「ZenFone 4s」や大容量バッテリーモデル「ZenFone 4 Max」の3製品があることが判明しています。

続きを読む

ASUSの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」(日本・香港・台湾版)と「ZenFone 3 Ultra」で4Gデータ通信と3G音声通話の同時利用を確認!日本でのデュアルSIM活用に期待【レポート】


shimajiro@mobiler

台湾・台北で5月30日~6月4日に開催された展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」のASUSTeK Computer(以下、ASUS)ブースにて展示されていた「ZenFone 3」(日本・香港・台湾版)と「ZenFone 3 Ultra」(グローバル版)のデュアルSIM仕様を展示機にて確認してみた。

その結果、結論から言えば、これらのZenFone 3やZenFone 3 UltraについてはデュアルSIMの両方のSIMカードで3G以上の待受に対応しており、4Gと3Gの同時待受が可能であることが確認できた。特にZenFone 3については日本・香港・台湾版であるため、日本で発売される可能性が非常に高い。

そのため、何らかの理由であえてこの機能が塞がれない限り、例えば、NTTドコモの通話定額「カケ・ホーダイ」だけを契約したSIMカードと、仮想移動体通信事業者(MVNO)によるデータ通信料の安いいわゆる格安SIMのSIMカードを同時に組み合わせて利用できるようになると思われる。

続きを読む

Continuumもサポートする国産Windowsスマホ!マウスのWindows 10 Mobile搭載「MADOSMA Q601」を写真と動画でチェック【レポート】


COMPUTEX TAIPEI 2016のMicrosoftブースに参考展示されていたWindowsスマホ「MADOSMA Q601」を写真と動画で紹介!

台湾・台北市で5月30日~6月4日にかけて開催された世界最大級のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」。世界各地から出展者が集まるこのイベントにおいて、Microsoftでは同社が開発するスマートフォン(スマホ)向けOS最新バージョン「Windows 10 Mobile」搭載機を複数台集めた展示ブースを用意していました。

主にはWindows 10 Moibleの注目機能である「Continuum for Phone(コンティニュアム・フォー・フォン)」をアピールする内容となっていましたが、その中に国内メーカーのマウス(旧マウスコンピューター)が開発を進める「MADOSMA Q601」を見つけることができました。

展示されているのはあくまで開発機とのことでしたが、今回はこのContinuum対応国産機のMADOSMA Q601の外観デザインを写真と動画で紹介していきます。

続きを読む

大画面6.8インチの新スマホ「ZenFone 3 Ultra」を写真と動画でチェック!ASUS初のクリック式の指紋センサー内蔵ホームキーを搭載【レポート】


COMPUTEX TAIPEI 2016にて展示されていた6.8インチ大型スマホ「ZenFone 3 Ultra」を写真と動画で紹介!

5月30日~6月4日にかけて台湾・台北市で開催された世界最大級のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」。既報通り、地元メーカーの台湾・ASUS(エイスース)がこのイベントに合わせて次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」シリーズ3機種を発表しました。

COMPUTEX TAIPEI 2016の会場内には3機種の実機を実際にタッチ&トライできる展示ブースが設けられており、筆者もいちはやくその魅力を感じるべく、台湾に行ってきました。

そんなASUS最新モデル3機種についてすでに写真と動画で「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」とZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)について紹介してきましたが、今回は6.8インチディスプレイを誇るハイエンドファブレット「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」についての外観や気になるポイントを紹介していきます。

続きを読む

ASUSの新フラッグシップ最上位スマホ「ZenFone 3 Deluxe」を写真と動画でチェック!質感高いメタルボディーだけでなく、6GBメモリー搭載のハイスペックに【レポート】


COMPUTEX TAIPEI 2016にて展示されていたASUSスマホ「ZenFone 3 Deluxe」を写真と動画で紹介!

世界最大級のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」が台湾・台北市で5月30日~6月4日にかけて開催されました。既報通り、アジアで世界最大級のこのイベントが行われるということで、地元の台湾メーカーの雄・ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が次期フラッグシップモデルとなるスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」シリーズ3機種を発表しました。

イベント会場内のASUSブースにはこれらの3機種の実機展示が設けられており、筆者もこのCOMPUTEX TAIPEI 2016に赴き、その魅力を感じるべくさっそくタッチ&トライしてきました。

前回は標準モデルのZenFone 3(型番:ZE552KL)の紹介を行いましたが、今回は最上位のスペックを誇るハイエンドモデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」の外観デザイン、気になるポイントを写真と動画で紹介していきます。

続きを読む

ASUSの新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」を写真と動画でチェック!コスパも高く、2.5D強化ガラスとアルミ素材でデザインを刷新【レポート】


COMPUTEX TAIPEI 2016にて展示されていた注目スマホ「ZenFone 3」を写真と動画で紹介!

台湾・台北市で5月30日~6月4日にかけて開催された世界最大級のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」。既報通り、世界から多くの企業が集まり、展示や商談を行なうこのイベントに合わせて、地元の台湾メーカーの雄・ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が次期フラッグシップモデルとなるスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」を発表しました。

今回、筆者もこのCOMPUTEX TAIPEI 2016に赴き、会場内の展示ブースにおいていち早く実機に触れる機会を得たので、外観デザインや気になるポイントを写真と動画で紹介していきます。

続きを読む

ASUSが発表会「Zenvolution」を開催!最新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」シリーズ3機種に加え、ノートPC「ZenBook 3」や「Transformer 3」、AIロボット「Zenbo」などを投入【レポート】


ASUSが発表会「Zenvolution」で新フラッグシップスマホ「ZenFone 3」シリーズなどを発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は30日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」を実施しました。

同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにおける最新フラッグシップ「ZenFone 3」シリーズの3機種に加え、ノートパソコン(PC)「ZenBook」シリーズにおける最新機種「ZenBook(型番:UX390UA)」、変更型ノートPC「Transformer 3(型番:T305CA)」と「Transformer 3 Pro」、そして、新たに人工知能(AI)を搭載した家庭用ロボット「ZenBo」を発表しました。本記事では発表会の内容を紹介したいと思います。

続きを読む

ASUS、最新メインストリームスマホ「ZenFone 3」を発表!デザインを刷新し、5.5インチフルHD液晶やSnapdragon 625、4GB RAMなどーー日本でも発売へ


ASUSが真スマホ「ZenFone 3」を発表!デザインを一新して3万円程度から

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は30日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」を実施し、同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにおける最新フラッグシップ「ZenFone 3」シリーズを発表しています。

発表されたZenFone 3シリーズは5.5インチサイズの標準モデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および5.7インチサイズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」、6.8インチサイズの大型モデル「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3機種。各機種ともにグローバル市場で今夏から発売予定。

本記事ではZenFone 3 DeluxeZenFone 3 Ultraに続いてZenFone 3について紹介していきます。価格はアメリカでは249ドル(約28,000円)からとなっており、日本での発売については明らかにされていませんが、対応周波数帯に「JP version」があるため発売されると見られます。

続きを読む

ASUS、フルアルミボディーの大画面6.8インチスマホ「ZenFone 3 Ultra」を発表!Snapdragon 652や3GB RAM、128GBストレージ、2300万画素リアカメラなど


ASUSが6.8インチ大画面なスマホ「ZenFone 3 Ultra」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は30日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」を実施し、同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにおける最新フラッグシップ「ZenFone 3」シリーズを発表しています。

発表されたZenFone 3シリーズは5.5インチサイズの標準モデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および5.7インチサイズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」、6.8インチサイズの大型モデル「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3機種。各機種ともにグローバル市場で今夏から発売予定。

本記事ではZenFone 3 Deluxeに続いて大画面なZenFone 3 Ultraについて紹介していきます。価格はアメリカでは479ドル(約53,000円)からとなっており、日本での発売については明らかにされていませんし、ZenFone 3 Deluxeと同様に対応周波数帯にBand 19などの日本向けがあるので投入される可能性は少なからずあると見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。