d払いがコード決済だけでなくiDによる非接触IC決済にも対応!dカードminiを統合で

NTTドコモは18日、同社が提供しているスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「d払い(街のお店)」においてこれまで提供してきたバーコードやQRコードによる「見せる」および「読み取る」ことで利用できるコード決済に加えて電子マネー「iD」による「かざす」ことできる非接触IC決済を提供すると発表しています。

まずは第1段階として2019年11月19日(火)からd払いに「dカード mini」(DCMX mini含む)を統合することによってNTTドコモが販売するAndroidスマホを利用している人がd払いにて全国のiD加盟店でスマホを「かざす」ことによる決済ができるようになるとのこと。ただし、電話料金合算払いのみ。

各種アプリおよび公式Webサイトなどではこの決済方法を「d払い(iD)」と表記し、d払い(iD)の利用に際しては別途、iDアプリからの申込および設定が必要で、dカードminiを現在、利用中の場合には変更の手続きを行うことなく、引き続き、d払い(iD)としてサービスを利用できます。

また第2段階ではd払いのウォレット残高を利用した決済に対応することで、他社のスマホを利用する場合にもd払いでのiD決済を拡大する予定。さらにiPhoneなどのiOS向けにもd払い(iD)を提供し、より多くの人にd払いでiD決済を使えるようにしていくということです。

同社ではiDが利用できるリーダー/ライター設置台数は全国101万か所(2019年9月末時点)となっており、決済方法の選択肢を拡大することで、d払いをより幅広い層の人が日常生活のさまざまなシーンで便利かつお得に使える世界を実現していくとしています。

続きを読む