S-MAX

DIGNO_F

ソフトバンク、SoftBank向け低価格タフネススマホ「DIGNO F 503KC」を6月24日に発売!気になる価格をチェックーー本体価格3万7920円で実質1万800円


SoftBankの新スマホ「DIGNO F 503KC」を6月24日に発売!

ソフトバンクは21日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチHD(720×1280ドット)液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のタフネス対応スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施しており、価格も案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

京セラ製タフネススマホがよりスマートなデザインに!低価格なミドルクラスのSoftBank向け「DIGNO F」とY!mobile向け「DIGNO E」を写真と動画でチェック【レポート】

dignof-001
タフネスな双子スマホがSoftBankとY!mobileから登場!DIGNO FとDIGNO Eを写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクは5月11日、今夏に発売予定のSoftBank向け「2016年夏モデル」としてAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を発表しました。

また、5月24日にはソフトバンクおよびウィルコム沖縄が同じ製品を「Y!mobile」向け「DIGNO E(型番:503KC)」として発表。DIGNO Fは6月中旬以降に発売予定、DIGNO Eは6月10日(金)に発売されます。

ソフトバンクでは今夏モデルについて大規模な発表会を行わない方針としたことからこれまで試作機などに触れる機会がありませんでした。

そこで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではソフトバンク本社まで取材に出向き、その試作機に触れることができましたので、今回はDIGNO FとDIGNO Eをまとめて写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け5インチタフネススマホ「DIGNO F 503KC」を発表!かんたんビギナーホームやケータイ入力に対応し、フィーチャーフォンからの乗り換えでも安心に


SoftBank向け5インチタフネススマホ「DIGNO F 503KC」が発表!

ソフトバンクは11日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」としてAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月下旬以降を予定し、発売に先立って2016年5月17日(火)よりソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施するとのこと。

また、2016年夏商戦向けスマホを購入した人の中から抽選で合計1万人に公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」製品など好きな商品をプレゼントする「選んで楽しい!スマホグッズキャンペーン」を対象機種の発売日より2016年9月11日まで実施します。

防水・防塵やアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能に加え、手が濡れている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるディスプレイを搭載したほか、従来の携帯電話に近い感覚や操作が可能な「かんたんビギナーホーム」「ケータイ入力」などを搭載したミドルレンジクラススマホです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。