S-MAX

DIGNO_L

UQコミュニケーションズ、UQ mobile向けSIMフリースマホ「DIGNO L」と「arrows M03」を7月28日に発売!実質価格はともにぴったりプランで1万6800円、たっぷりオプションで4800円


UQ mobileがSIMフリースマホ「DIGNO L」と「arrows M03」の発売日と価格を案内!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)および沖縄バリューイネイブラーは21日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「DIGNO L」(京セラ製)と「arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2016年7月28日(木)に発売すると発表しています。

価格(税別)は、DIGNO Lの本体価格が48,000円(分割2,000円/月×24回)、マンスリー割がぴったりプランで-1,300円/月×24回、たっぷりオプションで-1,800円/月×24回、実質負担額がぴったりプランで16,800円(分割700円/月×24回)、たっぷりオプションで4,800円(分割200円/月×24回)、arrows M03の本体価格が28,800円(分割1,200円/月×24回)、マンスリー割がぴったりプランで-500円/月×24回、たっぷりオプションで-1,000円/月×24回、実質負担額がぴったりプランで16,800円(分割700円/月×24回)、たっぷりオプションで4,800円(分割200円/月×24回)。

続きを読む

ハンドソープで洗えるスマホ「DIGNO L」や「iPhone 5s」もラインナップに追加!イチキュッパ割などで攻めの姿勢を見せる「UQ mobile」の発表会を写真と動画で紹介【レポート】

UQ mobileが防水防塵、耐衝撃性能をもつタフネススマホDIGNO Lを発売

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)および沖縄バリューイネイブラーは23日、都内にて「UQコミュニケーションサロン」を開催し、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」に関する今後の取り組みについて説明を行った。

登壇したUQ代表取締役社長の野坂章雄氏は、業界最速となる通信速度440Mbpsを今年中に実現したいとするWiMAX 2+の技術力と、店頭イベントや商品のセット販売などで量販店などの信頼も得ているというUQのスタッフ力を強みとして掲げ、UQ mobileにも「WiMAXの全ノウハウをスマホに注入する。モバイル、スマートフォンでのナンバーワンをめざしたい。」と攻めの姿勢を見せた。

発表会では料金について最大13ヶ月間は月額1980円で端末代込み使える「イチキュッパ割」など、サービスの施策についても説明が行われたほか、新しいスマートフォン(スマホ)のラインナップとして「DIGNO L」(京セラ製)の投入も発表され、発表会後の展示会場にて実機のタッチ&トライも行われていたので、それらをまとめて写真と動画で紹介していく。

続きを読む

au回線のMVNOによる携帯電話サービス「UQ mobile」向けにハンドソープで洗えるタフネススマホ「DIGNO L」が発表!SIMフリーで7月28日発売


UQ mobile向けスマホ「DIGNO L」が7月28日に発売!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)および沖縄バリューイネイブラーは23日、都内にて「UQコミュニケーションサロン」を開催し、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」における新施策を発表し、合わせて新ラインナップとして「DIGNO L」(京セラ製)を追加すると発表しています。

DIGNO Lはau向けに昨年12月から販売され、"ソープスマホ"という愛称で親しまれているハンドソープで洗える「DIGNO rafre(型番:KYV36)」をベースにしており、auロゴが省かれているほか、プリインストールされているアプリもau系はなく、極力少なくなっています。なお、購入時からSIMフリーだとのこと。

公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」などで2016年7月28日(木)に発売され、本体価格や「端末購入アシスト」および「マンスリー割」の適用額などについては後日案内されるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。