S-MAX

DMC-CM1

パナソニックのコミュニケーションカメラ第2弾「LUMIX DMC-CM10」を購入!開封して外観をじっくり紹介【レビュー】


コミュニケーションカメラ第2弾の「LUMIX DMC-CM10」をレビュー!

パナソニックから2月25日に発売されたコミュニケーションカメラの第2弾「LUMIX DMC-CM10」。第1弾「LUMIX DMC-CM1」は限定販売でしたが、いよいよ汎用製品として登場しました。

コミュニケーションカメラとは高性能コンパクトデジタルカメラのよさ(携帯性と大型イメージセンサーによる写真撮影)とスマートフォン(スマホ)の良さ(単独で通信でき、写真が簡単にアップロード・シェアできる)を組み合わせた新しいジャンルの製品(SIMフリーカメラ)と言えます。

LUMIX DMC-CM1以来、コミュニケーションカメラのファンである筆者は当然ながら新しいLUMIX DMC-CM10も購入しましたので、今回は開封および外観デザインを写真でチェックしていきます。

続きを読む

パナソニック、LTE対応のAndroidデジカメ「LUMIX DMC-CM10」を2月25日に発売!DM1の量産版で、価格は10万円前後――上り最大50Mbpsの無制限な専用SIMカードも提供


Androidデジカメ「LUMIX DMC-CM10」が発売!

パナソニックは19日、日本では昨年3月に発売したコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)とAndroidスマートフォン(スマホ)のデュアル環境を実現したAndroidデジタルカメラ(デジカメ)「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」の量産モデル「LUMIX CM10(型番:DMC-CM10)」を2016年2月25日(木)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格が10万円前後とのこと。LUMIX CM1は日本では限定2000台でしたが、LUMIX CM10は継続的に生産され、月産500台を計画しています。

なお、LUMIX CM1との違いはハードウェアはほぼ同一ながらLUMIX CM10はSIMフリーでデータ通信とSMSは利用できるものの、通話機能に対応しないということです。その他、レンズ周辺部がシルバーからブラックに変更され、ストラップがつけやすくなっているなどの細かな改良が加えられています。

また、LUMIX CM10の発売に合わせてパナソニック コンシューマーマーケティングからNTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「Wonderlink LTE」のLUMIX CM1およびCM10向け専用プラン「Lシリーズ」も2016年2月下旬から提供されます。

Lシリーズは写真や動画のアップロードに特化したプランで、上りは最大50Mbpsがデータ通信量の制限なく無制限で利用でき、下りは最大150Mbpsの月当たりのデータ通信量が3GB(月額1,480円)および5GB(月額1,980円)が用意されています。下りはそれぞれの通信量を超えた場合は最大256Kbpsに制限されます。料金は税抜。

続きを読む

パナソニック、Androidコンデジ「LUMIX CM1 DMC-CM1」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


PanasonicがAndroidコンデジ「LUMIX CM1」にAndroid 5.0を提供!

パナソニック(Panasonic)は27日、日本国内では今年3月に発売したプラットフォームにAndroidを採用し、高速通信規格LTEに対応したコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」に最新の「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へOSバージョンアップするソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

同社では操作性および性能の向上を目的とし、LUMIX CM1のソフトウェア更新を実施したとし、以下のような変更点を挙げています。
Android 5.0へのアップデートファイルを公開しました。
Android 5.0では新しいビジュアルスタイルの導入、パフォーマンスの改善が行われ、さらにいくつかの機能が追加されています。

<ロック画面>
・Android 5.0よりロック画面に新着メール等の通知が表示されるようになりました。
通知が不要なお客様は[設定]⇒[音声と通知]⇒[端末がロックされているとき]から非表示に変更できます。
・ロックの解除方法が一部変更になりました。
 - スライドに設定している場合
  Android 4.4で表示されていた鍵アイコンは表示されません。画面の任意の箇所から上方向にフリックすることでロック画面が解除できます。
 - パターン,PIN,パスワードに設定している場合
  Android 4.4では画面を点灯すると解除画面が表示されましたが、Android 5.0では表示されません。画面の任意の箇所から上方向にフリックすることで、解除画面が表示されます。

<クイックメニュー>
Android 4.4ではステータスバーを下にドラッグ⇒タップでクイックメニューが表示されましたが、Android 5.0ではステータスバーを下にドラッグ⇒もう一度下にドラッグすることで、クイックメニューが表示されます。

・クイックメニューで[ライト]をタップすると、フラッシュが点灯し、懐中電灯としてご利用いただけますが、その際にカメラのレンズが動きますのでご注意ください。また、ライト点灯中はカメラを起動できませんので、ライトを消灯してからご利用ください。
・[テザリング]機能をご利用した後は、クイックメニューに[テザリング]の項目が追加されます。

<マルチユーザー機能>
本アップデートよりマルチユーザー機能に対応し、本機を複数のユーザーでご利用いただけます。 しかしながら、以下の制限事項がございますので、あらかじめご了承ください。

・内部ストレージに保存した写真等のデータは他のユーザーからは閲覧できませんが、microSDに保存したデータはすべてのユーザーから閲覧、編集が可能です
・オーナーユーザー以外は[ディスプレイ調整][データの初期化][診断情報]などいくつかの機能はご利用いただけません。
・ユーザーを切り替えてから30秒程度はカメラスイッチによるカメラの起動ができません。

<ライブ壁紙>
・Android 4.4で搭載されていたライブ壁紙「マジックスモーク」、「ネクサス」、「水」はAndroidバージョンアップに伴い削除されています。該当の壁紙をご利用いただいていたお客様は、更新後デフォルトの壁紙に設定されますので、あらかじめご了承ください。

<その他機能>
・データの初期化を行った後の初回起動では、起動に5分程度の時間がかかります。
・Playストアよりダウンロードされたアプリケーションは一部Android 5.0に対応されていないものがあるため、Androidバージョンアップによりご利用できなくなる可能性があります。
・[設定]⇒[音声と通知]において、Android 5.0より重要な通知のみ鳴動させる設定が追加となりました。設定中はステータスバーに★のアイコンが表示されます。
・通信事業者を選択する際に、お客様の滞在地域によっては、同じキャリアのネットワークが複数表示される場合がありますが、いずれを選択しても問題ございません。


続きを読む

CP+2015:カメラとしてはAndroidを意識することなく使用可能!スマホにもなるパナソニック製「LUMIX CM1 DMC-CM1」のデジカメ機能をチェック【レポート】

撮ってすぐに送れるコミュニケーションカメラ「LUMIX CM1」を紹介!

神奈川県にあるパシフィコ横浜にて2015年1月12日(木)から15日(日)まで開催されているカメラと写真の総合展示会「CP+2015」のパナソニックブースではAndroidを搭載してスマートフォン(スマホ)としても使えるコミュニケーションカメラ「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」の実機を展示している。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもすでにスマホとして見た場合のLUMIX CM1について外観や操作している動画のレポートを公開しているが、LUMIX CM1の最大の特徴はデジタルカメラとしても専用のハードウェアとソフトウェアを搭載しており、普通のデジカメとしても使える点にある。

これにより、撮った写真をすぐにSNSに共有できるなど、さらにAndroidを搭載したメリットが十分に活かされた製品になっているのだ。今回はこのLUMIX CM1実機をもとにカメラ機能や撮影した写真の活用方法を紹介していく。

続きを読む

CP+2015:パナソニック、スマホ機能搭載のハイエンドコンデジ「LUMIX CM1 DMC-CM1」を展示!写真と動画でチェック【レポート】

6c3fcff1.jpg
ハイスペックコンデジ+スマートフォン一体型端末を写真と動画でチェック!

神奈川県のみなとみらいにあるパシフィコ横浜にて2015年1月12日(木)〜15日(日)に渡ってカメラの新機種展示や写真に関する機材・機器を発表・展示するイベント「CP+2015」(主催:一般社団法人 カメラ映像機器工業会)が開催されています。

今回の記事ではパナソニックブースにて展示されていた、3月12日発売予定のコミュニケーションカメラ「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」を主にスマートフォン(スマホ)側の視点で外観や機能を写真と動画で紹介していきます。

続きを読む

パナソニック、Androidを採用した1インチMOSセンサー搭載LTE対応SIMフリーデジカメ「LUMIX CM1」を日本にて2000台限定で3月20日に発売!先行モニター販売も実施


パナソニックのLTE対応SIMフリーAndroidコンデジ「LUMIX CM1」が日本で発売!

パナソニックは20日、昨年9月に発表したプラットフォームにAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)を採用し、高速通信規格LTEに対応したSIMフリーの1.0型高感度MOSセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」を日本国内にて2015年3月20日(金)に2000台限定で発売すると発表しています。

価格はオープンながら店頭予想価格は約12万円。なお、台数限定としつつも売り切れた場合には追加販売することを別途検討するとしています。

なお、パナソニックコンシューマーマーケティングが運営するWebショップ「Panasonic Store」( http://jp.store.panasonic.com/ )にて2015年1月23日(金)から2月17日(火)13時までモニター販売も行われるということです。

続きを読む

PanasonicがSIMフリーなLTE対応のミラーレス一眼デジタルカメラを投入へ!Android採用LTE対応デジカメ「LUMIX CM1」は日本で発売予定


パナソニックがミラーレス一眼デジカメにもLTE対応に!写真はLUMIX CM1

日刊工業新聞は13日、Panasonic(パナソニック)が単体でLTEなどの携帯電話網で通信できるミラーレス一眼デジタルカメラ(デジカメ)を2015年後半以降に投入する計画であると報じています。

すでに欧州で販売されているLTE対応コンパクトデジカメ(コンデジ)「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」と同様にSIMフリーモデルでソーシャルネットワークサービス(SNS)などに直接高画質な写真を投稿できることを売りにするとのこと。

まずは小型のミラーレス一眼デジカメで展開し、将来的にはデジカメのすべての機種にLTEなどの通信機能を盛り込むことも検討しているとしています。

続きを読む

Panasonic、2010万画素1インチMOS搭載LTE対応Androidコンパクトデジカメ「LUMIX CM1」を来年にも日本で発売へ!欧州で発売し、製品版でも技適マークあり


1インチセンサー搭載スマートカメラ「LUMIX CM1」が来年に日本でも発売へ!

Panasonic(パナソニック)が今年9月に発表したプラットフォームにAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)を採用し、高速通信規格LTEに対応したコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)「LUMIX CM1(型番:DMC-CM1)」をフランスやドイツなどの欧州にて発売しています。

価格は899ユーロ(約12,5000円)で、日本経済新聞によると来年以降に日本や北米、東南アジアに販売先を広げるとしています。

また、実際に欧州で発売された製品版にも日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の表示が可能となっていることが明らかとなっています。

続きを読む

Panasonic、LTE対応でAndroid採用の2010万画素1インチMOS搭載コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」を発表!技適マークもあり、日本での発売も期待


PanasonicがAndroid搭載ハイエンドコンデジ「LUMIX DMC-CM1」を発表!

Panasonic(パナソニック)は15日(現地時間)、ドイツ・ケルンで2014年9月16日(火)から21日(日)まで開催される世界最大級のカメラ関連展示会「Photokina World of Imaging 2014(フォトキナ2014)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、プラットフォームにAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)を採用し、高速通信規格LTEに対応したコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)「LUMIX DMC-CM1」を発表しています。

これまでパナソニックではスマートフォン(スマホ)に「LUMIX(ルミックス)」ブランドを冠したモデルを搭載したことはありましたが、今回はコンデジにAndroidを搭載したスマートカメラとなっています。

ドイツで今年11月末以降に発売予定で、その後、グローバル市場で2015年初頭に販売される予定。価格はドイツでは899ユーロ(約12,5000円)となっています。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、プレスカンファレンス後の展示では試作機ながら日本で利用するための技術適合証明(いわゆる「技適マーク」)の電子表示があったと伝えられており、日本語メニューや日本語フォントも搭載されていることから仕様が変更されずに販売されるのであれば少なくとも海外向けに販売された製品を日本に持ち込んで利用するといったことはできそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。