S-MAX

Daydream

GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」にChromeやChromecast、Galaxy S8・S8+が対応!スタンドアローン型HMDもHTC VIVEやLenovoから今年後半に登場へーーAR技術「Tango」も進化


GoogleのVR・DaydreamやAR・Tangoも進化!

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、VR(仮想現実)プラットフォーム「Daydream」およびAR(拡張現実)技術「Tango」についても進捗を紹介し、新たに「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」がDaydreamに対応すると発表しています。

またDaydreamがスタンドアローン型VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)をサポートするとし、HTC VIVEとLenovoからAndroid Oを搭載した製品が2017年後半に投入されるとのこと。これらのスタンドアローン型VRには「WorldSense」というヘッドトラッキング技術に対応。

また2日目のセッション「VR, AR, and paths to immersive computing」ではさらに詳細な内容が紹介され、DaydreamはAndroid Oによって「Daydream 2.0 Euphrates」にアップデートされ、スタンドアローン型VRなどをサポートするということです。

このアップデートによって「Chromecast」にも対応し、VRで見ている映像をChromecastでも同時に映し出して共有することが可能となり、さらにChromeがDaydreamに対応し、Web上でVRコンテンツが利用できるようになるということです。

続きを読む

ASUS JAPAN、Googleが開発する3Dカメラ「Tango」とVR「Daydream」に世界初両対応したSIMフリースマホ「ZenFone AR ZS571KL」を今夏に発売!価格は約9万円から


ASUSが世界初AR・VR両対応スマホ「ZenFone AR ZS571KL」を日本でも発売!

既報通り、ASUS JAPANは13日、都内にて新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を開催し、Googleが開発する3Dカメラ「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界初両対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を2017年夏より販売開始予定であると発表しています。

日本で発売されるのは内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージ(UFS 2.0)が8GB RAM+128GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK128S8)と、6GB RAM+64GB ストレージモデル(型番:ZS571KL-BK64S6)の2モデル。型番からわかるように本体色はともにブラックの1色のみ。

価格はオープンながら希望小売価格がZS571KL-BK128S8で99,800円、ZS571KL-BK64S6で82,800円。ZenFone AR専用ケース「View Flip Cover ブラック」も合わせて販売される予定で、希望小売価格は3,280円。事前予約および具体的な発売日については後日、改めて発表する予定。なお、価格表記はすべて税別。

続きを読む

モトローラのSIMフリースマホ「Moto Z」と「Moto Z Play」、「Moto G4 Plus」が日本でもAndroid 7.0 Nougatにアップデート開始!Moto ZはDaydream readyに


SIMフリースマホ「Moto Z・Z Play・G4 Plus」がAndroid 7.0に!

シネックスインフォテックは31日、モトローラ・モビリティ・ジャパンが日本国内にて販売しているSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「Moto Z」および「Moto Z Play」、「Moto G4 Plus」の3機種に対して最新の「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」のOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年1月31日(火]より順次提供開始するとお知らせしています。

Moto ZおよびMoto G4 Plusについては手持ちの製品で確認していたため、すでに紹介していましたが、Moto Z Playを含めた3機種に順次提供開始することが正式に案内されました。ソフトウェア更新はMoto Zより順次提供されるとのこと。

更新によってAndroid 7.0 Nougatの新機能が利用できるようになることに加え、Motorola Mobility独自の機能も強化されます。また、すでに明らかにされていましたが、Moto ZについてはGoogleが開発を進めるVR(拡張現実)プラットフォーム「Daydream」に対応します。

続きを読む

Google、VRプラットフォーム「Daydream」対応スマホに「AXON 7」や「Mate 9 Pro」、「Porsche Design Mate 9」、「ZenFone AR」を追加


GoogleのDaydream-readyに「AXON 7」や「ZenFone AR」などが正式に追加!

Googleは5日(現地時間)、同社が開発するVR(拡張現実)向けプラットフォーム「Daydream」に対応した製品「Daydream-ready」に新たに「HUAWEI Mate 9 Pro」および「HUAWEI Porsche Design Mate 9」(ともにHuawei Technologies製)、「AXON 7」(ZTE製)および「ZenFone AR」(ASUSTeK Computer製)の4機種を追加するとお知らせしています。

なお、AXON 7は日本でも発売していますが、現時点ではOSがAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)となっており、Android 7.0(開発コード名:Nougat)へのOSアップデートを実施後に対応するということです。

続きを読む

ASUS、3Dカメラ「Tango」とVR「Daydream」に対応した新スマホ「ZenFone AR」を発表!5.7インチWQHD AMOLEDやSnapdragon 821、8GB RAMなどの超ハイスペックに


ASUSが新スマホ「ZenFone AR」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてプレスカンファレンス「Zennovation」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」および「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を発表しています。

ZenFone ARは事前の情報通り、Googleが開発を進める3Dマッピングカメラ「Tango」とVR機能「Daydream」に世界初両対応し、スペック的にも約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)有機EL(Super AMOLED)ディスプレイやSnapdragon 821 for Tango、8GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、2017年第2四半期(4〜6月)に投入予定。

日本での発売については現時点では案内されていませんが、SIMフリーのハイエンドスマホ「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」が販売好調なだけにZenFone ARの発売も期待したいところです。

続きを読む

Google、汎用のスマホを装着して利用するVRなど用ヘッドセット「Daydream View」を発表!Pixelなどに対応し、79ドルで11月に発売予定


Googleがスマホを装着するVR用ヘッドセット「Daydream View」を発表!

Googleは4日(現地時間)、新製品発表会「Oct. 4 – Google」( https://madeby.google.com )を開催し、汎用性のあるスマートフォン(スマホ)を装着してヘッドマウントディスプレイ(HMD)として利用できるバーチャルリアリティー(VR)用ヘッドセット「Daydream View」を発表しています。

特長はモーションセンサーを内蔵したリモコンが付属し、リモコンから操作が可能な点。リモコンはヘッドセット本体に収納可能。価格は79ドル(約8,000円)で、アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリア、ドイツで販売され、アメリカでは2016年10月20日(木)に予約開始され、発売時期は11月以降を予定しています。

続きを読む

TCL、Googleが推進するVRプラットフォーム「Daydream」に対応したAlcatelブランドのスマホを2017年前半に発売すると発表!日本での発売にも期待


AlcatelがDaydream-ready スマートフォンを2017年前半に投入!写真は同社のIDOL 4S用VR HMDになる個装箱

TCL Communicationsは26日(現地時間)、同社が展開するブランド「Alcatel(アルカテル)」においてGoogleが発表したバーチャルリアリティー(VR)プラットフォーム「Daydream」に対応したDaydream-ready スマートフォン(スマホ)を2017年前半に投入すると発表しています。

すでにGoogleがDaydreamを発表した「Google I/O 2016」の基調講演でもDaydream-ready製品を開発しているメーカーとしてAlcatelが挙げられていましたが、改めて投入時期が発表されました。

なお、他にSamsung ElectronicsやHTC、LG Electronics、Xiaomi Communications、Huawei Technologies、ZTE、ASUSTeK Computerの8つのメーカーがDaydream-ready製品の開発をしていると案内されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。