S-MAX

EchoDot

アマゾンがAIアシスト機能「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Echo」および「Echo Plus」、「Echo Dot」を一般販売開始!4月3日からはPrime Nowや量販店でも販売


日本のAmazon.co.jpがスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズを一般販売開始!

アマゾン ジャパンは30日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」においてAI(人工知能)を利用した音声アシスト機能「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Amazon Echo」および「Amazon Echo Plus」、「Amazon Echo Dot」(ともにAmazon製)の一般販売を開始しています。

現在は予約販売となっており、最短で4月3日(火)より発送するとのこと。また4月3日からは注文後1時間以内に配送するサービス「Amazon Prime Now」でも販売されるほか、さらにエディオンやケーズデンキ、ジョーシンなどの全国1000店舗以上の量販店でも販売するということです。

さらにAmazon Echoシリーズで利用できる「スキル」機能の一覧表示や検索ができる「スキルストア」をAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けAmazon AlexaアプリやAmazon.co.jp内にて3月30日にオープンします。なお、アメリカなどではすでに提供開始されています。

その他、Amazon Alexaが音楽配信サービス「Amazon Music」に対応し、AndroidおよびiOS向けAmazon MusicアプリとAmazon Alexaアプリをインストールしたスマートフォン(スマホ)などでAmazon Echoシリーズのように音声操作で音楽の再生や検索などが3月30日より日本でも行えるようになるということです。

続きを読む

アマゾンがAIアシスト機能「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Echo」および「Echo Plus」、「Echo Dot」を発売!定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」も開始


Amazon.co.jpにて「Echo」や「Echo Plus」、「Echo Dot」が発売!音楽サービス「Amazon Music Unlimited」も

アマゾン ジャパンは8日、4000万曲以上の楽曲および数百の厳選されたプレイリストとカスタマイズされたラジオを聴ける定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」を提供開始すると発表しています。利用料はAmazonプライム会員なら月会費780円または年会費7,800円で、Amazonプライム会員以外なら月会費980円。

また合わせてAI(人工知能)を利用した音声アシスト機能「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Amazon Echo」および「Amazon Echo Plus」、「Amazon Echo Dot」も販売開始し、まずは招待制にてすでに招待メールのリクエストが開始されています。

招待制で購入した場合には早ければ来週に出荷が開始され、来週には一般販売も開始予定。価格はAmazon Echoが11,980円、Amazon Echo Plusが17,980円、Amazon Echo Dotが5,980円で、Amazonプライム会員なら2017年11月17日(金)23時59分までに購入すればAmazon Echoが4,000円OFFの7,980円、Amazon Echo Dotが2,000円OFFの3,980円。

さらにAmazon Music UnlimitedはAmazon EchoおよびAmazon Echo Plus、Amazon Echo Dotを購入した場合に月会費380円の専用「Echoプラン」で利用することができるということです(金額はすべて税込)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。