S-MAX

Ericsson

ソフトバンク、SoftBankやY!mobileの携帯電話や固定電話などが設備不具合で4時間25分利用できない・しづらい状況に!すでに復旧済みながら2月や4月の障害に続く重大事故に


ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話などの音声通話で障害!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は6日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」が通信障害によって2018年12月6日(木)13時39分頃から一部地域で利用しづらい状況となっており、同日15時30分時点において全国で利用できないもしくは利用しづらい状況となっているとお知らせしています。

その後、同日18時4分に復旧したと案内しており、原因は全国をカバーする4G(LTE)に関連するエリクソン製の交換設備のソフトウェアに異常が発生したことによる不具合とし、ソフトバンクでは利用者に多大なる迷惑と不便を掛けたとしてお詫びしています。

なお、ソフトバンクの固定電話サービス「おうちでんわ」やソフトバンク網を利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)における携帯電話サービスでも同様の状況となっていたほか、ソフトバンクのワイヤレス通信サービス「SoftBank Air」では一部地域でご利用できないまたはご利用しづらい状況が発生していたとしています。

続きを読む

NTTドコモおよびアルカテル・ルーセント、エリクソン、富士通、ノキア、サムスン電子、NECの7社が次世代通信5Gで協力


NTTドコモが世界主要ベンダー6社と5Gで協力!

NTTドコモは8日、世界の主要ベンダーと「第5世代移動通信方式(以下、5G)」に関する実験で協力することに合意したと発表しています。

今回協力するベンダーは、Alcatel-Lucent(アルカテル・ルーセント)、Ericsson(エリクソン)、Fujitsu(富士通)、NEC(日本電気)、Nokia(ノキア)、Samsung Electronics(サムスン電子)の6社。

それぞれに個別の実験に向けた検討をするとともに、その他ベンダーとの協力も含めた幅広い検討を進めていくということです。

続きを読む

ソニー、ソニー・エリクソンを完全子会社化完了!社名をソニーモバイルコミュニケーションズに変更

10ac0c09.jpg

ソニモバ誕生!

ソニーは16日(現地時間)、エリクソンと共同で2011年10月27日に発表した、エリクソンの保有するソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー・エリクソン)の50%の株式を取得する取引を2012年2月15日(水)に完了し、100%子会社化したことを発表しています。

これによって、ソニー・エリクソンは社名を「ソニーモバイルコミュニケーションズ AB(Sony Mobile Communications AB)に変更されます。

続きを読む

ソニー、エリクソンからソニー・エリクソンの株式をすべて買い取り!完全子会社へ

f57c3f94.jpg

ソニーがソニエリを完全子会社へ!

ソニーとエリクソンは、27日、エリクソンが保有するソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー・エリクソン)の株式をすべてをソニーが買収すると発表しています。

これによって、ソニー・エリクソンは、ソニーとエリクソンの合弁会社からソニーの完全子会社となります。買収額は、10億5000万ユーロ(約1115億5000万円)ということです。ソニーの完全子会社になることで、ソニーの各製品や各サービスとの連携を強めていくことになるということです。

なお、今回の発表に伴って、日本時間18時からWeb castによるリアルタイムストリーミングにて発表の内容が説明されます。英語のみですが、ご興味ある人は、聞いてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

au向け初Xperia!全部入り「Xperia acro IS11S」を写真でじっくりチェック【フォトレポート】


ついにXperiaがauにも!!

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラーは、auの夏モデルとしてソニー・エリクソン製「Xperia acro IS11S」を発表しました。

au向けとしては初めてのXperiaシリーズのスマートフォンとなるIS11を写真でチェックしていきましょう!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。