S-MAX

F-04H

富士通、NTTドコモ向け2016年夏モデルのスマホ「arrows SV F-03H」とタブレット「arrows Tab F-04H」の説明会を開催!昨冬スマホ「arrows NX F-02H」は販売継続に【レポート】

arrows最新モデルの特徴とは?

富士通コネクテッドテクノロジーズおよび富士通クライアントコンピューティングは13日、都内にて「最新パソコン・タブレット・スマートフォンの内覧会」を開催し、NTTドコモから発売されるAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)搭載ミドルレンジスマートフォン「arrows SV F-03H」とAndroid 6.0 Marshmallow搭載ハイエンドタブレット「arrows Tab F-04H」の特徴を紹介した。

arrows SV F-03Hは6月下旬発売予定、arrows Tab F-04Hは7月下旬の発売を予定しており、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで予約が開始されている。

発表会では、arrows SV F-03Hに込めた意味とデザイン、タブレットの利用シーンを考慮したというarrows Tab F-04Hについて語られた。今回は発表会の模様を紹介していく。

続きを読む

バスタブでもキッチン周りでも滑らない!手軽に立てかけられる「grip edge」採用のハイスペックタブレット「arrows Tab F-04H」を写真と動画でチェック【レポート】

F-04H
小さなアイデアが大きな利便性に!ドコモタブレット「arrows Tab F-04H」を写真と動画で紹介

既報通り、NTTドコモ(以下、ドコモ)は11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)有機ELディスプレイや64bit対応Qualcomm製ヘキサコアCPU「Snapdragon 808 MSM8992」、3GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Tab F-04H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

発売時期は2016年7月下旬を予定しており、5月11日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は実質負担額で新規契約/機種変更/MNPで5万円台後半となる見込みです。

タブレットブランドとして定番となった「arrows Tab」シリーズに最新モデルが登場です。ドコモ向けとしては2011年に登場した初代「ARROWS Tab LTE F-01D」から数えて5世代目に当たる本機は、これまでの機種で採用してきた10.1インチの画面サイズを若干大型化して10.5インチとし、デザインもより硬質でシックなイメージに変更してきました。

同時に発表されたミドルレンジスマホ「arrows SV F-03H」とともに、よりデザイン性の高い端末に生まれ変わった本機ですが、実用面での進化も忘れていません。今回は発表会のタッチ&トライコーナーでarrows SV F-03Hの試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、虹彩認証対応タフネスタブレット「arrows Tab F-04H」を発表!10.5インチWQXGA有機ELやSnapdragon 808、3GB RAMなどーー壁に立てかけられるグリップエッジデザイン - S-MAX」も参照してください。

続きを読む

NTTドコモ、2016年夏モデル7機種の事前予約を開始!公式Webストア限定で予約・購入で最大5万dポイントや買い物券、各種賞品が当たるキャンペーンも実施


NTTドコモが2016年夏モデルの事前予約受付を開始!ドコモオンラインショップ限定キャンペーンも

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏モデル新商品発表会」を開催し、5機種のスマートフォン(スマホ)、1機種のタブレット、1機種のモバイルWi-Fiルーターという合計7機種を発表しました。

発表されたのはスマホが「Xperia X Performance SO-04H」および「Galaxy S7 edge SC-02H」、「AQUOS ZETA SH-04H」、「arrows SV F-03H」、「Disney Mobile on docomo DM-02H」、タブレットが「arrows Tab F-04H」、モバイルWi-FIルーターが「Wi-Fi STATION HW-01H」。

これらの新しく発表された7機種は本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が開始されています。ドコモオンラインショップでは特設ページ「NEW docomo Collection」を作って予約などを告知しています。

また、ドコモオンラインショップ限定で2016年夏モデルの発表に合わせてキャンペーン「予約で当てろ!ポイント山分け!!」および「買って当てろ!最大5万ポイント」を2016年5月11日(水)から7月31日(日)まで実施しています。

続きを読む

NTTドコモ、2016年夏モデルを発表!スマホ5機種およびタブレット1機種、ルーター1機種など合計7機種を投入――通信速度は下り最大375Mbpsに、日本初のHD+対応VoLTEも


NTTドコモが2016年夏モデル総勢7機種を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏モデル新商品発表会」を都内で11時から開催し、5機種のスマートフォン(スマホ)、1機種のタブレット、1機種のモバイルWi-Fiルーターという合計7機種が発表されました。

発表されたのはスマホが「Xperia X Performance SO-04H」および「Galaxy S7 edge SC-02H」、「AQUOS ZETA SH-04H」、「arrows SV F-03H」、「Disney Mobile on docomo DM-02H」、タブレットが「arrows Tab F-04H」、モバイルWi-FIルーターが「Wi-Fi STATION HW-01H」。

なお、これらの新しく発表された7機種は本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が開始されます。

発表会の模様は特設サイト「2016年夏モデル 新サービス・新商品発表会」にてライブ配信を実施しており、他にもライブ配信は「ニコニコ生放送」や「YouTube」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「@docomo」やFacebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

今夏モデルの特長としては新たな対応周波数帯である3.5GHz帯(Band 42)の導入や3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねて下り最大375Mbpsを実現する高速通信サービス「PREMIUM 4G」に対応するほか、日本初のHD+に対応したより綺麗で聞こえやすくなった高音質通話サービス「VoLTE」に対応。また、タッチしないで電話ができる「すぐ電」やおすすめの使い方のヒントを自動表示する機能などの使いやすさが向上しています。

なお、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していき、Twitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」などにて発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、虹彩認証対応タフネスタブレット「arrows Tab F-04H」を発表!10.5インチWQXGA有機ELやSnapdragon 808、3GB RAMなどーー壁に立てかけられるグリップエッジデザイン


NTTドコモが10.5インチタブレット「arrows Tab F-04H」を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)有機ELディスプレイや64bit対応Qualcomm製ヘキサコアCPU「Snapdragon 808 MSM8992」、3GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Tab F-04H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2016年7月下旬を予定しており、本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は実質負担額で新規契約/機種変更/MNPで5万円台後半の見込み。

富士通のNTTドコモ向けタブレットとしては2014年冬モデル「ARROWS Tab F-03G」以来の1年半ぶりで、新たにタブレットでは初の虹彩認証に対応したほか、防水・防塵・耐衝撃などのタフネスモデルとなっています。

また、滑り止めになるグリップエッジが本体四隅に配置され、縦でも横でも自由に壁に立てかけて持たずに利用しやすいようになっているほか、4段階に角度調整できるコンパクトな折りたたみ卓上スタンドが同梱されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。