S-MAX

FLEAZ

NTTレゾナント、ちょうど良い5インチサイズでmicroSDカード+DSDSに対応したトリプルスロット搭載のSIMフリースマホ「Covia FLEAZ BEAT」を発表!らくらくセットなら7344円


SIMフリースマホ「Covia FLEAZ BEAT」がgooSimsellerで発売!

NTTレゾナントは8日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「gooSimSeller」において約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のSIMフリースマートフォン(スマホ)「FLEAZ BEAT(型番:CP-W5s)」(Covia製)を2018年6月8日(金)11:00より販売すると発表しています。

価格はNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージ付きの契約しなくてもOKな通常セットで希望小売価格がSIMカード初期費用を含み税抜17,000円(税込18,360円)、OCN モバイル ONEの音声対応SIMカード契約が必須ならくらくセットで税抜6,800円(税込7,344円)。

らくらくセットは分割払いに対応しており、税抜380円(税込410円)/月×24回。なお、標準セットにはSIMカード初期費用税抜3,000円(税込3,240円)が含まれていますが、らくらくセットでは別途、初回請求時に契約事務手数料税抜3,000円(税込3,240円)がかかります。

続きを読む

NTTレゾナント、gooSimsellerにて4.5インチの小型なSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」を発売!FLEAZ QueのNFC対応モデル――らくらくセットで3241円、通常セットで1万2744円


NFCに対応した4.5インチコンパクトスマホ「FLEAZ Que +N」がgooSimsellerで販売開始!

NTTレゾナントは15日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「gooSimSeller」において約4.5インチFWVGA(480×854ドット)IPS液晶搭載でAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のSIMフリースマートフォン(スマホ)「FLEAZ Que +N(型番:CP-L45sN)」(Covia製)を2017年12月15日(金)10時より販売すると発表しています。

価格はNTTコミュニケーションズが仮装移動通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とセットで契約が必須な「らくらくセット」なら一括税抜3,001円(税込3,241円)、契約が必須ではないエントリーパッケージとの「通常セット」なら一括税抜11,800円(税込12,744円)となっています。

FLEAZ Que +Nはすでに量販店やECサイトなどで販売されてきましたが、新たにgooSimsellerで販売されることになりました。なお、Amazon.co.jpでの価格は現時点で17,064円(税込)となっています。

続きを読む

i-dio以外にTVもラジオもOK!国内唯一のV-Lowマルチメディア放送チューナー内蔵スマホ「i-dio Phone」の内蔵アプリを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
実はトリプルチューナー!なi-dio Phoneのプリセットアプリを紹介!

今年3月にスタートする新しい放送サービス「i-dio(V-Lowマルチメディア放送)」に対応したCovia製スマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」。

SIMフリーながらV-Lowマルチメディア放送に加え、地上波テレビ(ワンセグ)や広域FMラジオに対応しており、放送受信機能の充実ぶりが目立ちますが、(これに限ったことではありませんが)一部の大型店などを除くとなかなか実際どういった製品なのかを確認することができません。

そこで、前々回および前回の開封および外観の紹介に続いて、今回はi-dio Phoneの内蔵アプリなどを解説・紹介していこうかと思います。

続きを読む

新放送サービス対応が目玉だけど性能は堅実!V-Lowマルチメディア放送対応SIMフリースマホ「i-dio Phone」の外観や基本性能を写真で紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
初のV-Lowマルチメディア放送「i-dio」対応のSIMフリースマホを写真でチェック!

昨年12月に発売された日本初のV-Lowマルチメディア放送チューナー内蔵スマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」(Covia製)・

前回の開封レポートに続き、今回はi-dio Phoneの外観や基本的な機能などを写真でチェックしていきます。

続きを読む

3月から放送開始のi-dio(V-Lowマルチメディア放送)受信機能を内蔵した唯一のスマホ「i-dio Phone」を購入!パッケージや同梱品を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
3月の放送開始に先駆けて発売されたi-dio Phoneを入手!さっそく開封!!

SIMフリーの携帯電話ブランドとして「FLEAZ」シリーズを展開しているCoviaから昨年12月17日に発売されたスマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」。

最大の特長は今年3月から提供が開始される新放送サービス「i-dio」(V-Lowマルチメディア放送)のチューナーを内蔵している点で、現時点(2016年1月25日現在)では唯一の対応スマホとなります。

今回は、そんなi-dio Phoneを購入しましたので、さっそく開封の儀を執り行い、外箱や同梱物を写真で紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。