S-MAX

FMラジオ

Interop Tokyo 2017:ネット回線とFM波の併用で安定した番組聴取可能に!radikoがFM波とインターネットラジオを自動で切り替えて受信する「ハイブリッドラジオ」を展示【レポート】


音質の良いFM波と地下でも利用できるネットワーク接続を併用したradikoのデモンストレーションが展示!

千葉県・幕張メッセにて2017年6月7日(水)から6月9日(金)の3日間に渡って、ネットワークテクノロジーとそれに関連するビジネスソリューションなどを扱う企業が集結する展示会「Interop 2017」が開催されました。

Interop Tokyo 実行委員会が主催し、同時に併催イベントとして「Connected media Tokyo 2017」および「デジタルサイネージジャパン2017」、「Location Business Japan 2017」、「アプリジャパン2017」も行われました。

そんなアプリを使ったスマートフォン(スマホ)連動のデジタルサイネージや法人向けソリューションなども多数展示されるイベントということで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも取材へ行ってまいりましたので、ブースレポートを数回に分けてお送りいたします。

今回は専用チューナー不要でスマホやパソコン(PC)などでラジオ放送を楽しむことができるサービス「radiko」でお馴染みのradiko.jpのブースにて、FMラジオ放送の電波とネットワークの状況から電波とネットワーク接続による受信を自動で切り替えて番組の聴取ができる2波自動選択ラジオ受信システム「ハイブリッドラジオ」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

赤と黒の質感の高いデザインが魅力!FMラジオやバッテリーを搭載したポータブルBluetoothスピーカー「Inateck MarsBox BP2002」が発売――入手して実際に使ってみた【レビュー】


定額制音楽サービスと相性バッチリ!?Inateck製Bluetoothスピーカー「MarsBox BP2002」を紹介

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどの周辺機器を開発・販売するドイツのメーカー「Inateck」がFMラジオに対応した持ち運びもできるバッテリー内蔵型ポータブルBluetoothスピーカー「MarsBox(型番:BP2002)」を日本国内で販売開始しています。

すでにAmazon.co.jpにて5,999円で販売されており、今回、このBP2002を入手しましたので使い勝手や質感などを写真を交えて紹介したいと思います。


続きを読む

岩手・宮城・福島・茨城のラジオが全国で聴ける!「radiko.jp 復興支援プロジェクト」【Androidアプリ】【iPhoneアプリ】

b2d969f4.jpg

震災被災地のラジオが日本全国で聴ける!

「radiko」アプリを提供している株式会社radikoが、震災被災地のラジオ放送を現在日本全国に制限無しでインターネットで流しているのをご存じですか?4月末から復興支援プロジェクトサイトを立ち上げて岩手・宮城・福島・茨城の4県のAM・FMラジオ放送をインターネットで日本全国に流しています。

被災地に実家がありながら、現在遠くに住んでいる人も現地のラジオ放送で被災地の状況を知ることができます。風評被害の防止といった目的もあるようです。当初このプロジェクトは10月末まで提供の予定でしたが、来年3月末まで延長されることになりました。

そして6月にはAndroidアプリ、7月にはiPhoneアプリとしても提供され、気軽に聴くことができるようになりました。今回はAndroid版でアプリを紹介します。iPhone版も機能は全く同じです。
続きを読む

スマートフォンでラジオを聞こう!バージョンアップで基地局位置測位などに対応した「radiko.jp for Android」【Androidアプリ】


radikoアプリが2.0に!

株式会社radikoが提供しているIPサイマルラジオ"radiko"。関東・中京・関西の民放ラジオ局の放送を、一部をのぞきほぼそのまま配信しています。

このサービスをAndroidスマートフォンで受けるために用意されている"radiko for Android"アプリがVer.2としてメジャーバージョンアップを果たしました。様々な新機能があるので、かんたんにチェックしていきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。