S-MAX

FXC-5A

イオン、格安スマホ「イオンスマホ」とY!mobile回線のセットを販売!MNPで「geanee FXC-5A」が0円、「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」が16800円に


イオンスマホとY!mobileがセットに!

イオンが同社が販売しているAndroidスマートフォン「イオンスマホ」とワイモバイルおよびウィルコム沖縄が提供する「Y!mobile」の回線(SIMカード)をセット販売しており、NTTドコモおよびauからの乗り換え(MNP)で本体価格がイオンスマホ第2弾「geanee FXC-5A」なら0円、LTEに対応したイオンスマホ第3弾「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」なら16,800円(税抜)となっているほか、WAONポイントが3,000ポイントがプレゼントされるということです。

イオンでは本日11月14日(金)からgeanee FXC-5AとALCATEL ONETOUCH IDOL 2 Sをそれぞれ「BIGLOBE LTE・3G」とセットにした「親子セット」を販売開始しており、一部では在庫処分なのではといった意見もありますが、単体でもY!mobileとの組み合わせで割引していることからもそういった側面は強そうです。

なお、イオンスマホのY!mobileとのセット販売はどの店舗でやっているのか不明ですので、詳細はイオンの各店舗にお問い合わせください。

続きを読む

イオン、親甩のイオンスマホLTEと子ども甩のイオンスマホ3Gをセットにした「親子セット」を発表!合計月額3980円で11月14日から販売


イオンスマホに「親子セット」が登場!

イオンとビッグローブは12日、これまで提供してきた「イオンスマホLTE」を保護者(親)向けに、「イオンスマホ3G」を子ども向けにした「親子セット」を2014年11月14日(金)より提供すると発表しています。全国400店舗のイオンおよび公式Webストア「おうちでイオン イオンショップ」( https://www.aeonshop.com/ )で販売されます。

利用料は機種代金込みで保護者甩1台(月額2,980円)、子ども甩1台(月額1,000円)で合計月額3,980円となっており、子ども甩は2台(月額2,000円)まで契約できるとのこと。

また、ソースネクストが提供するアプリの定額パッケージサービス「スマモリ」(月額371円)が2年間無料で使える「スマモリ for イオン」が提供されます。価格はすべて税抜。

続きを読む

2014 Japan IT Week 秋:JENESIS、SIMフリーのLTE対応やロースペックのAndroidスマホ「geanee」シリーズやWindowsタブレットなどを展示!あの機種も日本で出る?【レポート】

6c3fcff1.jpg
SIMフリースマホやWindowsタブレットが多数有!一部で話題になったあのスマホも!

千葉・幕張メッセにて2014年10月29(水)~31日(金)の3日間に渡ってIT技術やサービスなどに関連する7つの展示会「2014 Japan IT Week 秋」が開催されていました。

本イベントで、お送りする最後となる今回の記事では、「geanee」ブランドで主にスマートフォンやPC関連アイテムを展開しているJENESISホールディングスのブースレポートをお送りします。

続きを読む

イオンの格安スマートフォン第2弾「イオンスマホ」が7月4日に発売!5インチ液晶搭載 geanee製「FXC-5A」――イオンのほか、ミニストップでも販売


ゼロから始めるスマートフォン

イオンは30日、ビッグローブと協業で格安スマートフォン(スマホ)の第2弾「イオンスマホ」を2014年7月4日(金)より発売すると発表しています。全国のイオン各店ほか、コンビニエンスストア「ミニストップ」51店舗やネットショップ「おうちでイオン イオンショップ」でも販売されます。

イオンスマホ第2弾はgeanee製3Gスマホ「FXC-5A」とビッグローブのMVNOによる携帯電話サービス「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」がセットになっており、税別1,980円(本体代金630円×24回、通信料金1,350円)から利用できます。

第1弾と同様に、通信サービスは2年以内に解約しても契約解約金が発生しないので、気軽に他のサービスに乗り換えることができるのも魅力です。ただし端末代金の残債請求は毎月発生します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。