S-MAX

Facebook

Facebook、友だち以外と知り合える「出会い」機能や閲覧履歴などのプライバシー情報収集を制限できる機能などを発表!開発者向けイベント「F8」にて


フェイスブックが“出会い系”に!?プライバシー情報収集制限機能も導入へ

Facebook(以下、フェイスブック)は1日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州のサンノゼにて2018年5月1日(火)から2日(水)まで開催される開発者向けイベント「F8 2018」における基調講演「Day 1 Keynote」を実施し、新たにSNS「Facebook」にて友だち以外をマッチングする「出会い」機能や閲覧履歴などのデータ収集を利用者が自分で設定して制限できる「履歴クリア」機能などを今年後半に提供すると発表しています。

初日の基調講演にはフェイスブックCEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が登壇し、それぞれ数ヶ月以内に提供すると明かしました。Facebookでは今年3月に個人情報の不正流用問題が発覚し、各所でFacebookのプライバシーへの対応が問題となっていました。

さらに傘下のOculusから一体型VRヘッドセット「Oculus Go」の販売が同日より開始されることが案内されました。価格は送料込みで日本では32GBモデルが23,800円、64GBモデルが29,800円(税込)。その後、各担当者からFacebookやInstagram、Oculusなどの詳細が説明されました。基調講演は明日も実施される予定。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:あなたの個人情報は大丈夫ですか?Facebookの個人情報流出からビッグデータ活用による消費行動掌握の実態まで、その自己防衛策について考える【コラム】


個人情報ビジネスとその実態について考えてみた!

3月半ば頃、世界を震撼させるある事件が起こりました。Facebookの個人情報流出事件です。もはやここでその詳細を書くまでもないほどにネット上にはニュースが溢れ、さまざまな論調の考察記事が掲載されました。

あれから1ヶ月ほどが経って状況は落ち着きを見せていますが、一度流出した情報は二度と元の鞘には収まらないのがインターネットの恐ろしい点です。単なる誹謗中傷や罵詈雑言であればいずれはネットの情報の海に埋もれ、忘れ去られるだけの存在ですが、個人情報ともなると世界は黙っていません。何しろそれは「金(カネ)のなる木」だからです。

みなさんは自身の個人情報をどこまで管理し、制御し、そして「覚悟」しているでしょうか。もしくはどこまで企業や営利団体に知られ、利用されていると考えているでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は企業による個人情報の扱い方の変化や個人による防衛策について考えます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:若者のSNS離れ……ならぬ「人々のSNS依存」。人はなぜ「いいね!」を欲しがり、そして疲れてしまうのか。SNSの現状とこれからを考える【コラム】


SNSと人々の関わり方について考えてみた!

突然ですが、筆者は自他ともに認める無類のTwitter廃人です。暇さえあれば(時には暇を作ってでも)タイムラインを眺め、気になる記事や話題を見つけては感想をつぶやいたりリツイートをしています。その頻度があまりにも多いため、フォロワーによっては相当迷惑しているだろうと思いつつも、ついついRTアイコンを押してしまうのです。

こんな筆者に限らず、世の中には似たようなソーシャルネットワーク(以下、SNS)依存の人は少なからずいるようです。いや、もしかしたら相当数の人々がSNS依存やインターネット中毒と呼ばれる状況にあるかもしれません。LINEの通知が常に気になる人、Instagramの「いいね!」の数に一喜一憂する人。そういった心理的な現象はなぜ起こるのでしょうか。またそれらは現実世界にどのような影響を与えるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は若者を中心とした人々とSNSとの関わりを中心に、その正しい利用方法やSNS依存からの脱却について考えてみたいと思います。

続きを読む

GoogleのProject Araの夢再び!?Facebookがモジュール式デバイスの特許を申請、新たなスマホなどのようなハードウェア製品を開発中か


Facebookがモジュール式デバイスの特許を申請!新たなデバイスを開発中か

Facebookがモジュール式デバイスの特許を申請したことが分かりました。米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office:USPTO)は20日(現地時間)、Facebookが申請した特許情報を公開しています。

特許申請の内容を確認すると、シャーシにProcessor ModuleとFunctional Moduleを搭載していることからチップセット(SoC)ですら交換できるという徹底ぶりが伺えます。さらにFunctional Moduleには、スピーカーやマイク、タッチパッド、GPS、ディスプレイ、温度計などのセンサーもモジュールかされているようです。

FacebookがOculusを買収して、VR用デバイスであるOculus Riftを引っさげてデバイス業界に乗り込んで久しいですが、新たにモバイルデバイスも開発してさらににその業務範囲の拡大を画策しているのでしょうか。

続きを読む

Android向け軽量版アプリ「Facebook Lite」と「Messenger Lite」が日本でも利用可能に!サイズも小さく、低速通信やロースペックスマホなどでもより快適に


軽量版アプリ「Facebook Lite」と「Messenger Lite」が日本でも使えるように!

Facebookは27日(現地時間)、同社が提供するメッセンジャーサービス「Facebook Messanger」のAndroid向け軽量版アプリ「Messenger Lite」を日本を含む世界150カ国以上のほぼすべての国と地域での使用が可能となったとお知らせしています。

なお、公式のお知らせではMessenger Liteのみが記載されていますが、ソーシャルコミュニケーションサービス(SNS)「Facebook」のAndroid向け軽量版アプリ「Facebook Lite」についても日本を含む国・地域で新たに利用できるようになっています。

Facebook LiteおよびMessenger Liteは通常版のFacebookおよびMessengerのアプリよりもスリム化し、インターネットの通信速度が低速の地域や、最新のデバイスを持っていないユーザーも快適に使うことができます。

Lite版であっても主要な機能をそのまま利用でき、Messenger Liteについては2016年10月に初めてローンチされて以来対象国を広げてきましたが、比較的通信速度が速い日本でも使えるようになりました。

続きを読む

LINE、MVNOによる携帯電話サービス「LINEモバイル」を提供開始!まず2万契約限定で、本格開始は10月にーーカウントフリーのLINE対象が月500円〜、TwitterやFacebookも対象が月1110円〜


LINEの携帯電話サービス「LINEモバイル」の詳細が発表!本格開始は10月から

LINE Corp.は5日、NTTドコモ回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「LINEモバイル」を2016年9月5日(月)に提供開始したと発表しています。まずはソフトローンチとして限定2万契約限定で先行販売を開始し、すでに申込受付を開始しています。本ローンチは10月1日を予定。

特長は同社が提供するコミュニケーションサービス「LINE」のトークなどの高速パケット通信量がカウントされない「カウントフリー」が導入されている点で、料金プランではLINEが対象の「LINEフリー」プランの月額500円(月間1GBまで)から、LINEだけでなくTwitterやFacebookも対象の「コミュニケーションフリー」プランの月額1,110円(月間3GBまで)から用意されています(金額はすべて税別)。

さらに年齢認証およびID検索が可能なほか、LINE PayやLINEポイントとの連携、データプレゼント、無償のフィルタリングサービス(i-フィルター)、LINEを使ったLINEモバイル公式アカウントによるサポート、スマートフォン(スマホ)やタブレットの販売なども行います。

なお、LINEモバイルのサービスを提供するに当たってLINE Corp.では100%子会社のLINEモバイル株式会社を設立し、サービス提供・運営を行っています。さらに仮想移動体サービス提供者(MVNE)はNTTコミュニケーションズが担当しています。

続きを読む

Windows 10 Mobile向けアプリ「Instagram」が正式版に!Windows 10向けアプリ「Facebook」と「Messenger」も最新版がリリース


InstagramのWindows 10 Mobile向けアプリが正式版に!

Facebookは28日(現地時間)、同社が提供するソーシャルコミュニケーションサービス(SNS)「Facebook」およびメッセンジャーサービス「Messanger」のWindows 10搭載パソコン(PC)およびタブレット向けアプリ、画像投稿SNSサービス「Instagram」のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン(スマホ)向けアプリを順次提供開始したとお知らせしています。

これらのアプリはより快適に各サービスを利用できるとし、特にWindows 10 Mobile向けのInstagramはこれまでベータ版だったものが、正式版としてリリースされました。また、今回提供開始された新しいFacebookやMessengerアプリについても年内にWindows 10 Mobileに対応するとしています。

続きを読む

LINE、NTTドコモ回線のMVNOによる携帯電話サービス「LINE MOBILE」を今夏より提供!月500円から、トークや通話だけでなく、LINE MUSICやFacebook、Twitterが通信無料のプランも


格安SIM市場にLINEが参入!LINEモバイルが今夏に提供予定

LINE Corp.は24日、千葉県・舞浜アンフィシアターにて事業戦略発表カンファレンス「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催し、最後の発表として新たにNTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「LINE MOBILE(LINEモバイル)」を今夏より提供することを発表しています。

利用料は月額500円(税抜)からを予定しているほか、最大の特長は「LINE」のトーク(テキストメッセージ)や無料通話だけでなく、「Twitter」や「Facebook」の主要機能におけるデータ通信量をカウントしないアンリミテッドなコミュニケーションを実現するとしています。

続きを読む

SamsungとFacebookがバーチャルリアリティー事業で提携!発表会にマーク・ザッカーバーグCEOが登場して大混乱――360°撮影ができる全天球カメラ「Gear 360」も発表


サムスン電子が全天球カメラ「Gear 360」を発表!VRでFacebookと提携

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は1日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせて「Galaxy UNPACKED 2016」( http://www.samsung.com/uk/unpacked/ )を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」に加え、360°の写真や動画が撮影できる全天球カメラ「Gear 360」を発表しています。

グローバル市場の一部の国・地域にて2016年第2四半期(4〜6月)に発売予定。Galaxy S7およびGalaxy S7 edgeのほか、「Galaxy S6 edge+」や「Galaxy Note5」、「Galaxy S6」、「Galaxy S6 edge」などのサムスン電子のスマホと互換性があるとのこと。なお、Galaxy S7シリーズについてはすでに別記事にまとめていますので参照してください。

続きを読む

FacebookにてApple MusicやSpotifyの楽曲を共有できる「Music Stories」を提供開始!まずはiPhoneなどのiOS向けアプリで対応――対応音楽サービスも順次追加予定


Facebookのニュースフィードに音楽を共有できる新機能が追加!

Facebookは5日(現地時間)、社名と同じ名前で提供しているソーシャルネットワークサービス(SNS)「Facebook」( https://facebook.com )において30秒の音声ファイルを投稿・再生できる新しい機能「Music Stories」を発表しています。まずは同日に配信開始されたiPhoneなどのiOS向けアプリのバージョン43.0で対応し、同日から世界各国にて順次提供(ローリングアウト)されるとのこと。

対応する音声ファイルは音楽配信サービス「Apple Music」および「Spotify」の楽曲で、投稿された曲はアルバムジャケットがニュースフィードに表示され、ジャケットの画像上に表示される再生ボタンを押すと30秒だけ再生されます。他の投稿と同様に「いいね!」やコメント投稿、シェアも可能。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。