S-MAX

FeelUX

使って分かった!2ヶ月で44万台売れたシャープ製スマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」が好評なわけ(後編)【コラム】

8a014bbe.jpg
使い勝手の良さも人気の秘密

昨年11月29日に発売されたNTTドコモのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(以下、SH-02E)は、1月30日の「2013年3月期 第3四半期決算説明会」では発売から2ヶ月で44万台が売れたと発表され、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia AX SO-01E」とならび、冬モデルの売れ筋商品となっています。

実際に発売日に購入し2ヶ月使ってみた実感を含めて、SH-02Eが好評な理由を考える、ということで前編ではIGZO液晶と大容量バッテリーによる「バッテリー持ちの良さ」を取り上げました。スマートフォンはバッテリーが持たない、というユーザーの不満を解消した端末に仕上がっていることは、好評の大きな要因であると考えられます。

シャープのAndroidスマートフォンは、2010年IS03やLYNX 3D SH-03Cを発売したのを皮切りに、様々な試行錯誤を重ねてきました。そして昨年夏モデルより「Feel UX」という独自UIを採用し、数々の使い勝手の改善を行い、冬モデルのSH-02Eは非常に使い勝手の良いスマートフォンに仕上がっています。元々のAndroidのUIをかなり大胆に改変したことで、独自色を打ち出せています。今回はSH-02Eの使い勝手の部分を取り上げます。

続きを読む

キーワードは「Feel Logic」、ユーザーの立ち場に立った物づくりを──シャープが恒例の新製品説明会を実施【レポート】

122fc856.jpg

シャープが新製品説明会を開催

シャープは18日、都内で「国内市場向け スマートフォン夏モデル 新製品説明会」を開催し、同社の通信システム事業本部 グローバル商品開発センター 副所長 兼 プロダクト企画部長の河内厳(コウチ イツキ)氏が、今夏モデルとして各キャリアから順次発売される予定の同社製スマートフォンを中心とした事業展開について説明を行った。

続きを読む

シャープ、スマホ向け独自UI「Feel UX」を改めて発表!海外向け端末への採用も検討

4030c780.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

シャープは18日、米国のデザイン会社frogと共同で、スマートフォン向けの独自のユーザーインターフェース「Feel UX」を開発したと発表しています。

国内向け「2012年夏モデル」の同社製スマートフォンに順次採用し、今後は海外向け端末への採用も検討してゆくとしています。

Feel UXは、初心者でも直感的に操作できるようにと設計されたユーザーインターフェースです。ディスプレイをONにした際にまずはじめに表示される画面を一般的に「ロック画面」といいますが、Feel UXでは「ウェルカムシート」と呼び、電話・メール・カメラなど使用頻度の高いアプリを直接起動できるのはもちろんのこと、5枚までの写真をフォトライブラリとして設定できたり、各種新着通知、時刻や天気、株価情報までここで表示出来るようになっており、より実用性の高いロック画面へと進化しています。

続きを読む

KDDI、au向けAndroid 4.0 ICS搭載「AQUOS PHONE CL IS17SH」を発表!メモリ液晶や最新Feel UX採用

123caa9f.jpg

AQUOS PHONE CL IS17SHが発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは15日、この夏に発売する予定の新モデル「2012年夏モデル」の発表会を行い、2010年秋モデルに登場した「IS03」、そして、2011年秋冬モデル「AQUOS PHONE IS13SH」に続き、3機種目のメモリ液晶搭載で、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したau向けスマートフォン「AQUOS PHONE CL IS17SH」(シャープ製)を発表しています。

使いやすさを追求した最新のユーザーインターフェース“Feel UX”を採用し、手にフィットするスリムなデザインに充実の基本機能を搭載したモデルです。おサイフケータイ(Felica)やワンセグ、赤外線、防水・防塵などに対応しています。

2012年7月下旬以降発売開始予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。