S-MAX

FirefoxOSスマートフォン

Mozilla、KDDIなどとともに「Firefox OS」を採用した折りたたみ型やスライド型などの新しい携帯電話を開発と発表!Androidに続き、Firefox OSガラホが登場へ


auからFirefox OSガラホが登場へ!

Mozilla(モジラ)は1日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2015年3月2日(月)から3月5日(木)まで開催される世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2015(MWC 2015)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、KDDIなどとともに同社が開発するスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Firefox OS」を採用した新たなカテゴリーの携帯電話を開発すると発表しています。

同社ではガラケーと呼ばれる従来型携帯電話(ケータイおよびフィーチャーフォン)で多く採用されている折りたたみ型やスライド型などのFirefox OS搭載機種を開発するとし、先日にauから発売されたAndroid採用折りたたみ型ケータイ「AQUOS K SHF31」(上記写真中央)のような「ガラホ(ガラケーのようなスマホという意味)」にFirefox OSを採用することが示唆されています。

また、すでに発表されているKDDIのFirefox OSベースで革新的なデバイスを創造するMonohm(モノーム)にコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて出資することも紹介されています。

続きを読む

KDDI、スケルトンデザインでau初のFirefox OS搭載スマホ「Fx0 LGL25」を発表!新規・MNPなら基本料2年間無料&専用データ定額オプションで月額3800円で利用可能


auがFirefox OSスマホ「Fx0 LGL25」を発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは23日、スマートフォン(スマホ)など向けの第3のOSとして注目されている「Firefox OS」を搭載した機種を披露する「au Firefox OS Event」を開催し、4.7インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したFirefox OS 2.0採用スマホ「Fx0(型番:LGL25)」(LG Electronics製)を発表しています。

発売日は2014年12月25日(木)で、当初、KDDI直営店舗(au SHINJUKUおよびau NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA)や直営Webストア「au Online Shop」のみとなり、少し遅れてその他のauショップやau取扱店舗で2015年1月6日以降順次発売となるということです。本体価格は一括払いで49,680円、毎月割を適用した実質負担額が29,160円。

イベントにはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏のほか、Firefox OSの開発を進めるMozillaのCTOで上級副社長であるアンドレアス・ガル氏が登壇し、これまで実施してきたハッカソンの内容についても披露されます。

Fx0はFirefox OSの最も大きな特長であるオープン性を世界的に著名なデザイナーである吉岡徳仁氏の透明で未来感のあるデザインによって表現されています。

また、Fx0の発売に合わせてより適した料金プランとして月間データ容量上限を2GBとしたFx0専用のデータ定額サービス「LTEフラット cp(f・2GB)」(月額3,500円)が提供されます。

さらに、新規契約および他社から乗り換え(MNP)の場合に「Fx0 おトク割」も提供され、適用すると最大2年間基本使用料が0円となるということです。

これにより、Fx0 おトク割適用時にはインターネット接続(ISP)サービス料(月額300円)を加えて月額3,800円で利用できるということです。なお、価格はすべて税抜。当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では別途、イベントの発表会レポートや機種の写真・動画レポートなどを掲載する予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。