S-MAX

GALAXY_Note

NTTドコモ、最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9 SC-01L」を発表!リモコン対応したSペンに加え、最強スペックに。価格は本体代12万6360円の実質6万8688円からで10月25日発売


docomoからもSペン対応の新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」が登場!

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、縦長なアスペクト比9:18.5の約6.4インチQuad HD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約516ppi)を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9 SC-01L」(サムスン電子製)を発表しています。

同機はペン入力「Sペン」に対応した最上級クラスのプレミアムスマホ「Galaxy Note9」のNTTドコモ版で、日本ではすでにau向け「Galaxy Note9 SCV40」が発表されており、auでは10月下旬発売予定と案内されていましたが、NTTドコモでは10月25日(木)に発売されます。

なお、海外では本体カラーがラベンダー パープルおよびミッドナイト ブラック、オーシャン ブルー、メタリック カッパーの4色が発表されましたが、auからはラベンダー パープルおよびミッドナイト ブラック、オーシャン ブルーの3色、NTTドコモからはミッドナイト ブラックおよびオーシャン ブルーの2色の販売となります。

NTTドコモ版ではau版と同様に日本でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグに対応している一方、携帯電話ネットワークにおける最大通信速度はNTTドコモ版では下り最大988Mbpsおよび上り最大75Mbpsとなっています。

また発売に先立ってすでに本日10月17日13時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は本体価格126,360円(分割5,265円/月×24回)で、月々サポートが新規契約および機種変更(契約変更含む)で-1,701円/月×24回(総額-40,824円)、他社から乗り換え(MNP)で-2,403円/月×24回(総額-57,672円)の実質負担額が新規契約および機種変更(契約変更含む)で85,536円(分割3,564円/月×24回)、MNPで68,688円(分割2,862円/月×24回)です。

さらに発売伴う主なキャンペーンとして『ドコモ スマートフォン「Galaxy Note9 SC-01L」事前予約・購入キャンペーン』が実施され、事前予約・購入・応募を行った人全員にdポイントが9,999ポイントプレゼントされます。事前予約期間は10月24日(水)まで、購入期間は11月18日(日)まで、応募期間は11月30日(金)まで。ただし、ドコモオンラインショップでは購入手続き開始の10月23日(火)からが購入期間の対象となります。

続きを読む

au向け最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9 SCV40」を写真と動画で紹介!リモコン対応Sペンや縦長6.4インチQHD+有機EL、6GB RAM、デュアルカメラなど【レポート】


Blutooth対応のSペンが付属!最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2018年秋冬モデル」を発表し、Bluetoothに対応した「Sペン」を搭載するプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9 SCV40」(サムスン電子製)を10月下旬に発売する。

同日、都内では報道陣向けの「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催。会場で実機を試すことができたので、レポートする。なお、今回発表された各機種とも、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて2018年10月12日(金)10時より事前予約受付を開始する予定だ。

続きを読む

KDDI、au向け最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9 SCV40」を発表!縦長6.4インチQHD+有機ELや6GB RAM、光学2倍ズーム対応デュアルカメラ、防水・防塵など。10月下旬発売予定


au向けにSペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2018年秋冬モデル」を発表し、合わせて都内にてイベント「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催しました。各機種ともに発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて2018年10月12日(金)10時より事前予約受付が実施されます。

au 2018 秋冬モデルにはペン入力「Sペン」に対応した新しいプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」が「Galaxy Note9 SCV40」(サムスン電子製)としてラインナップされ、発売時期は2018年10月下旬を予定。

au版はおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグに対応し、携帯電話ネットワークではキャリアアグリゲーション(CA)や4x4 MIMO、256QAMなどによって下り最大958Mbpsおよび上り最大75Mbpsに対応しています。

また発売を記念してGalaxy Note9 SCV40を予約して2018年11月18日(日)までに購入した人全員にもれなくネックスピーカー「SOUNDGEAR」をプレゼントするキャンペーン( https://www.galaxymobile.jp/discover/event/au2018note9/ )を実施するということです。

続きを読む

着実な進化で話題必至!大容量バッテリーに加えてBluetooth対応Sペンを新搭載した「Galaxy Note9」をさっそく購入。見て触れて感じた道具としての価値【レビュー】


この冬の大本命!?リモコン付きSペンが魅力のGalaxy Note9をレビュー

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が米国時間8月9日に内蔵型のスタイラスペンが特徴的な大型スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note」シリーズの最新作「Galaxy Note9」を発表し、最初に販売される1次販売国・地域では現地時間8月24日に発売されました。

Galaxy Note9は昨年発売された前機種「Galaxy Note8」と比較しても20%以上大きくなった4000mAhものバッテリーを搭載し、内蔵スタイラス「Sペン」も新たにBluetooth LEに対応してワイヤレスリモコンとして使えるなど、基本機能が充実したのが大きな特徴です。

すでに日本向けの製品ページがあるなど、日本市場投入も期待されるGalaxy Note9ですが、毎度恒例ながら我慢ができずに海外版を購入してしまいましたので、今回はさっそくファーストインプレッションをお届けしようかと思います。

購入したモデルは、サムスン電子製のチップセット(SoC)である「Exynos 9810」を搭載したモデルで、一部の国で販売されるモデルではQualcomm製SoC「Snapdragon 845」を搭載する可能性があるため、あくまでも参考程度にお楽しみいただければ幸いです。

続きを読む

Sペン入力に対応した最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」がNTTドコモとauから発売へ!それぞれ「SC-01L」と「SCV40」として投入に


Galaxy Note9がdocomoとauから発売へ!Netflixの対象機種に登場

サムスン電子が今年8月に発表したばかりのペン入力「Sペン」に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」について日本では従来と同様にNTTドコモとauから販売されることになりそうです。

すでに日本向けの公式WebサイトにもGalaxy Note9の製品ページが掲載されており、日本でも販売される可能性が高いと見られていましたが、今回、Netflixの対象機種として「Galaxy Note9 SC-01L(型番:SM-N960D)」および「Galaxy Note9 SCV40(型番:SM-N960J)」が掲載されたました。

SC-01LおよびSCV40はそれぞれ未発表の製品ですが、NTTドコモとauの型番の付け方(ルール)に沿っており、サムスン電子におけるメーカー型番としても末尾が“D”がNTTドコモ向け、“J”がau向けであるため、各々がNTTドコモ向けおよびau向けであることが推測できます。

なお、Galaxy Note9は海外ではアメリカや台湾などの最初に発売される1次販売国・地域では8月24日に発売されており、現時点では日本への投入については正式には明らかにされていませんが、恐らくこれまで通りにNTTドコモとauの「2018-2019冬春モデル」として10月以降に発売されるのではないかと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。