S-MAX

GALAXY_SIIIα

NTTドコモ、GALAXY Note II SC-02EとGALAXY SIIIα SC-03EにAndroid 4.3へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!docomo ID本格導入などにも対応


GALAXY Note II SC-02FとGALAXY SIIIα SC-03EがAndroid 4.3に!

NTTドコモは18日、一昨年冬に発売された「2012年冬モデル」のスマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」および「GALAXY SIIIα SC-03E」(ともにサムスン電子製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 4.3(開発コード名:Jelly Bean)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

同社では今年2月に3月上旬にも両機種にAndroid 4.3へのOSバージョンアップを提供予定であると案内していましたが、スケジュールが遅れており、今回ようやく提供開始となりました。

更新にかかる時間は、GALAXY Note II SC-02Eの端末本体(FOMA/Xi/Wi-Fi)による方法で約41分、パソコンに接続して行う方法で約90分、GALAXY SIIIα SC-03Eの端末本体(FOMA/Xi/Wi-Fi)による方法で約40分、パソコンに接続して行う方法で約77分となっています。更新期間は、2017年4月30日まで。

なお、更新にかかる時間は、ユーザーのインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとしてます。今回のソフトウェア更新で変更される点は、以下の通り。
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯OSバージョンアップにおける主な対応内容
1)ドコモが提供する最新サービスへの対応
 ・「docomo ID」認証の本格導入対応
 ・遠隔初期化に対応
 ・新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
2)あんしん機能「緊急時長持ちモード」対応
3)使いやすさの進化「新たな撮影モード『サウンド&ショット』」対応
4)使いやすさの進化「GALAXY Gear(SM-V700)」対応

 Android 4.3でのアップデート内容を見る

◯改善される事象
5)ワンセグにて録画したコンテンツを再生中、まれに正しく再生されない場合がある。


続きを読む

NTTドコモ、GALAXY SIIIα SC-03EおよびGALAXY Note II SC-02Eに3月上旬以降よりAndroid 4.3へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供予定


GALAXY SIIIα SC-03EおよびGALAXY Note II SC-02EがAndroid 4.3に!

NTTドコモは17日、一昨年冬に発売された「2012年冬モデル」のスマートフォン「GALAXY SIIIα SC-03E」および「GALAXY Note II SC-02E」(ともにサムスン電子製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 4.3(開発コード名:Jelly Bean)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2014年3月上旬以降より提供予定であるとお知らせしています。

今回のお知らせではすでに本日に提供が開始されている「GALAXY S4 SC-04E」に対するAndroid 4.3へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を含めた「GALAXYシリーズ」の3機種へのOSバージョンアップについて案内されており、加えて、Android 4.4(開発コード名:KitKat)以降のバージョンアップは詳細が決まり次第公式Webページでお知らせするとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。