S-MAX

GALAXY_Studio

GALAXYの最新シリーズが勢揃い!六本木にオープンした期間限定の「GALAXY Studio」を早速楽しんできた【レポート】

40f497dc.jpg

六本木ヒルズに期間限定でギャラスタがオープン!

既報の通り、サムスン電子ジャパンは5日、東京・六本木ヒルズの「ヒルズ カフェ/スペース」にて最新の「GALAXYシリーズ」をタッチ&トライできるイベント「GALAXY Studio」を2012年12月5日(水)から12月25日(火)までの期間限定でオープンしている。開催時間は平日は12:00~20:00まで、土日祝は13:00~21:00まで。

オープン初日の5日(水)に、各メディアを招待した「GALAXY Studio MEDIA THANKS DAY」が開催されたので、取材がてら早速GALAXY Studioを体験してきた。

続きを読む

サムスン、六本木ヒルズにて最新GALAXYシリーズをタッチ&トライできる「GALAXY Studio」をオープン!GALAXYユーザーにはケーキとドリンクをプレゼント

bf25dbad.jpg

GALAXY Studioが六本木ヒルズに!

サムスン電子ジャパンは5日、東京・六本木ヒルズのカフェスペースにて最新の「GALAXYシリーズ」をタッチ&トライできるイベント「GALAXY Studio」を2012年12月5日(水)からオープンしたことをお知らせしています。期間は2012年12月25日(火)まで。開催時間は平日は12:00~20:00まで、土日祝は13:00~21:00までとなっています。

これまでの「GALAXY X’MAS CAFE」などの名称で毎年行われてきましたが、今回は今春から続く「GALAXY Studio」として開催されます。イベントでは、最新のGALAXYシリーズである「GALAXY Note II SC-02E」や「GALAXY SIIIα SC-03E」、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」、「GALAXY S III progre SCL21」といった4機種を実際に手にとって試すことができます。
続きを読む

サムスン、最新GALAXYシリーズを体験できる「GALAXY Studio」を本日まで名古屋・日本ガイシアリーナで開催

3d9d6d8d.jpg

ワールドカップ ショートトラックスピードスケート 名古屋大会!

サムスン電子は11月30日、同社の最新スマートフォンおよびタブレット「GALAXYシリーズ」を体験できる「GALAXY Studio」を期間限定で愛知県・名古屋にある日本ガイシアリーナにオープンしたことをお知らせしています。期間は2012年11月30日(金)~12月2日(日)まで。

Samsungがスポンサードするワールドカップ ショートトラックスピードスケート 名古屋大会に合わせて、会場ではGALAXY Studioを開催しているほか、大会とコラボレーションした「GALAXYオリジナルブランケット」をプレゼントだとのことです。入場無料とのことですので、本日お時間のある人は、スピードスケート観戦はいかがでしょうか。
続きを読む

進化したSペンを搭載した「GALAXY Note II SC-02E」をいち早く体験できる「GALAXY Studio」を開催中【レポート】

Sペンでワクワクの「GALAXY Studio」

既報の通り、サムスン電子は8日、NTTドコモから発売予定の「2012年冬モデル」の「GALAXY Note II SC-02E」のさまざまな機能を体験できる「GALAXY Studio」を開催しています。

今回、東京丸の内で行わたイベントでGALAXY Note IIの実機を触ってきましたので、そのレポートをお届けします。

続きを読む

サムスン、GALAXY Note IIを丸の内と渋谷の都内2ヵ所で体験できる「GALAXY Studio」を開催

9665c3b2.jpg

GALAXY Studioが開催!

サムスン電子は8日、NTTドコモから発売予定の「2012年冬モデル」の「GALAXY Note II SC-02E」のさまざまな機能を体験できる「GALAXY Studio」をオープンしたことをお知らせしています。

GALAXY Studioは東京都内の丸の内にある丸ビル マルキューブおよび渋谷にあるSHIBUYA 109の2ヶ所で開催。丸ビル マルキューブでは本日11月8日(木)~11月11日(日)、SHIBUYA 109では11月12日(月)~11月29日(木)で実施されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。