S-MAX

GALAXY_Tab

KDDI、au向けタブレット「GALAXY Tab S SCT21」に技適マークの表示ミスでソフトウェア更新!Android 5.0 LollipopへのOSバージョンアップ時に設計認証番号が空欄になる問題


au向けタブレット「GALAXY Tab S SCT21」に技適マーク表示問題!

KDDIは30日、昨年冬に発売したau向けタブレット「GALAXY Tab S SCT21」(サムスン電子製)において2015年9月10日に提供を開始したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を行った場合に電気通信事業法で規定された設計認証番号(T認証番号)が空欄となってしまうことが判明したとお知らせしています。

製品自体は法令の技術基準に適合し、認証も取得しており、機能・性能・安全性などに問題はないとのことですが、法令における表示上の問題があるため、新たに対象製品を正しい表示に修正するためのソフトウェア更新を提供開始したということです。

ソフトウェア更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または4G(LTEおよびWiMAX 2+)、3Gにて行なう方法およびパソコンに接続して行なう方法が用意されており、更新にかかる時間は単体のWi-Fiで約4分、4Gで約5分、3Gで約6分、パソコンに接続する場合に約21分、アップデートファイルサイズは単体なら約30MB、パソコンと接続する場合に約1.7GBとなっています。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」とタブレット「GALAXY Tab S SCT21」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


au向けスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」とタブレット「GALAXY Tab S SCT21」にAndroid 5.0 Lollipopに!

KDDIは10日、au向けスマートフォン(スマホ)「GALAXY Note 3 SCL22」およびタブレット「GALAXY Tab S SCT21」(ともにサムスン電子製)により新しいプラットフォーム「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで3Gおよび4G(LTEおよびWiMAX 2+)、無線LAN(Wi-Fi)にて行なう方法とパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行なう方法が用意されており、更新にかかる時間はGALAXY Note 3 SCL22の単体で4GまたはWi-Fiなら約40分、3Gなら約50分、パソコンでなら約10分、GALAXY Tab S SCT23の単体で4GまたはWi-Fiなら約25分、3Gなら約40分、パソコンでなら約10分。

アップデートファイルサイズはGALAXY Note 3 SCL22の単体なら約980MB、パソコンなら約1.5GB、GALAXY Tab S SCT21の単体なら約980MB、パソコンなら約1.8GBとなっています。案内されている主な変更点は以下の通り。

◯Android 5.0による機能・操作性の向上
1)統一感のある画面デザイン、背景カラーに変更
2)ロックスクリーン画面の通知がポップアップ表示になり視認性が向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
OSアップデートにおける主な機能追加について(494KB)[PDF]
OSアップデートにおける主な機能追加について(468KB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にGALAXY Note 3 SCL22およびGALAXY Tab S SCT21を利用するための改善内容が含まれております。


続きを読む

NTTドコモ、サムスン電子製タブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ドコモ版のGALAXY Tab S 8.4 SC-03GがAndroid 5.0に!

NTTドコモは7日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 5.x(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たに昨年12月に発売したタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」(サムスン電子製)に対してAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

ソフトウェア更新による主な変更点は以下の通り。スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、それぞれ更新時間は約48分、約94分。更新期間は修理受付終了(現時点では未定)まで。
◯主なアップデート内容
1)画面デザインや操作感の刷新
カラフルなデザインや、滑らかな動きと陰影による直感的な操作感で、新しい体験をお楽しみください。
Android 5.0

2)ロック画面への通知表示
任意のアプリで最新の通知をすぐに確認できるようになります。また、必要に応じて通知表示する優先順位も設定可能です。
Android 5.0

3)改善される事象
・連絡先アプリで別人の「よみがな」が表示される場合がある。
・緊急長持ちモード設定時にdoocomo IDを設定しようとするとエラーが表示される場合がある。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

Samsung、フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S2」を発表!9.7インチと8.0インチの2機種でともにオクタコアCPUや下り最大300Mbpsなどに対応し、5.6mmと薄型化


最新フラッグシップタブレット「Samsung Galaxy Tab S2」が発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は20日(現地時間)、同社のフラッグシップタブレット「Galaxy Tab S」シリーズの最新モデル「Galaxy Tab S2」を発表しています。

昨年6月に新たにフラッグシップタブレットシリーズとして登場したGalaxy Tab Sですが、およそ1年かけて後継機種が発表されました。Galaxy Tab Sと同様に最高品質の2KオーバーのQXGA(2048×1536ドット)の有機ELディスプレイ「Super AMOLED」を採用し、約9.7インチの「Galaxy Tab S2 9.7-inch」と約8.0インチの「Galaxy Tab S2 8.0-inch」の2機種がラインナップされています。

ディスプレイのアスペクト比は4:3で、Galaxy Tab Sは約10.5インチと約8.4インチだったのでそれぞれ若干小型化したほか、両機種ともに約5.6mmと薄型化しており、軽くなっています。サイズ的にはよりライバルのApple製タブレット「iPad Air」シリーズと「iPad mini」シリーズに近づいたとも言えるでしょう。

新たに1.9GHzクアッドコアと1.3GHzクアッドコアによるオクタコアCPUを搭載し、Cellular対応モデルはLTE UE Category 6によって下り最大300Mbpsに対応しています。なお、それぞれCellularモデルとWi-Fiモデルが用意されています。発売はグローバル市場で今年8月からとなっており、現時点では日本での販売については言及されていません。

続きを読む

NTTドコモのLTE対応8.4インチWQXGA有機ELディスプレイなどを搭載したプレミアムタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」の気になる価格をチェック


NTTドコモから発売されるLTE対応プレミアムタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」の価格を紹介!

NTTドコモから明日12月12日(金)に発売される「2014-2015冬春モデル」のうちのAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)採用のタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」(サムスン電子製)。


8.4インチWQXGA(2560×1600ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイや2.3GHzクアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したプレミアムタブレットとして発表され、すでに今夏にWi-Fi版が日本国内でも発売されていますが、NTTドコモ版はXi(FDD-LTE)に対応したほか、専用Bluetoothキーボードが付属します。

すでに発表した2014年9月30日(火)正午よりドコモショップや事前予約受付を行っていますが、今回は購入を検討している人に向けて価格を紹介していこうと思います。

続きを読む

NTTドコモ、専用Bluetoothキーボードが付属する8.4インチAndroidタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」を12月12日に発売


ドコモタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」が発売!

NTTドコモは9日、今冬から来春に発売する「2014-2015冬春モデル」のうちの8.4インチWQXGA(2560×1600ドット)Super AMOLEDディスプレイや2.3GHzクアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したXi(FDD-LTE)対応Androidタブレット「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」(サムスン電子製)を2014年12月12日(金)に発売すると発表しています。

すでに発表した2014年9月30日(火)正午よりドコモショップや直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を行っており、価格は実質負担額が新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で2万円台前半となる見込み。

続きを読む

ソフトバンク、LTEに対応した7インチAndroidタブレット「GALAXY Tab4」を発表!12月19日発売で、実質無料になるキャンペーンも実施


LTE対応7インチAndroidタブレット「GALAXY Tab4」が発表!

ソフトバンクモバイルは8日、FDD-LTEに対応した片手で持ち歩ける7インチのコンパクトなサムスン電子製Androidタブレット「GALAXY Tab4 7.0 403SC」(以下、GALAXY Tab4)を2014年12月19日(金)に発売すると発表しています。

発売に合わせて、スマートフォン(スマホ)など向け新料金プラン「スマ放題」に加入中の携帯電話とセットで利用するとAndroid搭載タブレットの利用料金が1年間実質無料(2~3年目は1,000円割引)になる「タブレットセット割」を提供開始するとのこと。

また、ソフトバンクグループの公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」からビジネスシーンや動画鑑賞などに便利なスタンド機能付きのGalaxy Tab4専用ケースと衝撃吸収フィルムを発売するということです。

続きを読む

KDDI、au向け10.5インチWQXGA有機ELディスプレイ搭載のプレミアムAndroidタブレット「GALAXY Tab S SCT21」を12月4日に発売!最大1万5千円引きのデビュー割も実施


au向けタブレット「GALAXY Tab S SCT21」が12月4日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは2日、今秋から今冬に発売するau向け「2014年秋冬モデル」のうちのau向け最高品質2K(2000×1000ドット)オーバーとなるWQXGA(2560×1600ドット)の有機ELディスプレイ「Super AMOLED」を搭載したAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)採用のプレミアムタブレット「GALAXY Tab S SCT21」(サムスン電子製)を2014年12月4日(木)に発売すると発表しています。

また、発売に合わせて、GALAXY Tab Sを新規で加入を対象に本体価格から最大15,000円を割り引く「GALAXY Tab Sデビュー割」を開始します。

さらに、au公式アクセサリー「au +1 collection」からGALAXY Tab Sを着飾るブックタイプケースなどが用意されています。

続きを読む

auからも登場!10.5インチ2560×1600ドットのプレミアムタブレット「GALAXY Tab S SCT21」を写真と動画でチェック【レポート】

地デジも観られるau版GALAXY Tab S登場

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは今年9月24日にサムスン電子製Androidスマートフォン「GALAXY Tab S SCT21」(以下、SCT21)を発表し、2014年12月初旬に発売することを発表した。

SCT21は8月にWi-Fi版として日本国内でも今年8月に発売された「GALAXY Tab S 10.5」をベースにau向け高速通信サービス「4G LTE」(キャリアアグリゲーション対応)や「WiMAX 2+」、3G(CDMA)に対応したモデルとなる。

今回、先月30日に2014年冬に発売予定の新モデルなどを披露する「au発表会 2014 Winter」が開催され、その展示会場にて開発機をタッチ&トライすることができたので写真と動画でレポートしていく。

続きを読む

KDDI、au向け10.5インチプレミアムタブレット「GALAXY Tab S SCT21」を発表!CA対応で下り最大150Mbpsの4G LTEやWiMAX 2+が利用可能


au向け最新ギャラクシータブレット「GALAXY Tab S SCT21」を発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは24日、最高品質の2K(2000×1000ドット)オーバーとなるWQXGA(2560×1600ドット)の有機ELディスプレイ「Super AMOLED」を搭載したAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)採用のプレミアムタブレット「GALAXY Tab S SCT21」(サムスン電子製)を発表しています。2014年12月上旬以降に発売予定。

今年6月にグローバルモデル「Galaxy Tab S」が発表され、すでに国内でも携帯電話ネットワークに対応しないWi-Fiモデルが8月に販売されていますが、新たに携帯電話ネットワークに対応したLTEモデルがauから発売されます。

au版は国内向けサービスのワンセグやフルセグなどの日本市場に合った機能に対応しているほか、auのネットワークに最適化され、下り最大150Mbps対応のキャリアアグリゲーション(CA)や下り最大110Mbps対応のWiMAX 2+が利用できるのが特長です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。