S-MAX

GPS

NTTドコモ、暗号化通信方式「SHA-2」へ移行によって2012年秋以前の一部のAndroid搭載機種などで位置情報取得(GPS)の測位不可または精度の落ちる場合を案内


docomoの古い機種で位置情報測位不可または精度の落ちる場合!SHA-2への移行で

NTTドコモは14日、新たに暗号化通信方式「SHA-2」に対応していない同社のスマートフォン(スマホ)の一部機種においてアプリやサービスで位置情報を利用する際の位置情報測位が実施できなくなり、精度が下がる場合があるとお知らせしています。

これはインターネットの利用にあたって通信の内容を保護するため、暗号化通信を行っていますが、この暗号化通信の安全性確保のため、セキュリティレベルの高い方式「SHA-2」への移行を順次進めているため。

これにより、GPSを使った緊急通報位置通知含む位置情報を利用しているアプやサービスが位置情報測位ができなくなったり、精度が下がる場合があるとのことで利用している人は注意するよう案内されています。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:ビーサイズ、安価で手軽に導入できる高品位のみまもりサービス&端末「BsizeBoT」を展示【レポート】


利用料も端末代も非常に安価で手軽に導入可能なビーサイズのみまもりサービスを紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2017年5月24日(水)から5月26日(金)の3日間に渡ってネットワークとモバイルインフラなど、IoTビジネスに関連する無線・モバイルに関連する技術や製品やサービスに関連した企業が終結する展示会イベント「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

主催はリックテレコム・日本イージェイケイで、併催イベントとして「ワイヤレスIoT EXPO2017」、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が同時開催されていました。

何回かに分けて展示ブースの紹介をしていますが、本記事ではNTTコミュニケーションブース内にあったビーサイズ(Bsize)のコーナーにて展示されていた安価に利用可能な高精度のみまもりGPSサービス「Bsize BOT」を紹介します。

続きを読む

リモコン追加で市販カーナビに迫る使い勝手に!ヤフーの 「Yahoo!カーナビ」対応「外付けリモコン『ナビうま』」を試す【レビュー】

ハンドルにつけたリモコン「ナビうま」でYahoo!カーナビを操作

ヤフーが公開している「Yahoo!カーナビ」は、無料で利用できるiOS/Androidスマートフォン対応のカーナビアプリですが、専用の単体リモコン「ナビうま ハンドルリモコン for Yahoo!カーナビ」を使うと、スマートフォンの画面にタッチすることなく、ハンドルに固定したリモコンからYahoo!カーナビを操作できます。

リモコンと組み合わせることで、Yahoo!カーナビの使い勝手がさらに市販カーナビに近づきます。実際の使い勝手はどのようなものか、実際に筆者の車に取り付けて試してみました。

続きを読む

スマホのカーナビアプリは専用カーナビの替わりになるか!?「Yahoo!カーナビ」を高速往復4時間クルーズで試す【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

スマホのカーナビアプリを本格的に使い倒す

スマートフォンにおいて地図の表示や道案内はポピュラーな利用法といえます。最近ではアプリの機能が豊富になり、カーナビに特化したアプリも登場してきています。スマホのカーナビアプリが機能豊富になれば、自動車に搭載される専用カーナビの存在意義が危うくなってきます。特に車に装備されているカーナビが古くなっている場合、カーナビを買い換える替わりに手元のスマホで済ませてしまいたいという思いがわいてきます。

そこで、今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、無料で利用できるカーナビ専用アプリとして話題となった「Yahoo!カーナビ」を、高速道路を含む往復4時間の経路で実際に使用して、専用カーナビに対する利点や欠点を探りました。

続きを読む

エプソン、独自GPSチップで「みちびき」に対応したスマホ連携できるスポーツウォッチ「WristableGPS」を発表!ストライドセンサーでビル街や周回コースでも高精度に測位可能


エプソンがみちびき対応GPS機能付き腕時計「WristableGPS」を発表!

エプソンは6日、GPSなどによる現在位置測位機能を搭載し、ランニングやウォーキングなどの時における距離やペースなどを正確に計測し、記録を保存することを可能にする腕時計「GPS Sports Monitor『WristableGPS』」の新機種3機種4モデル(「SF-710S」、「SF-510T」、「SF-310G」、「SF-310W」)を2013年11月15日から順次発売すると発表しています。なお、SF-310Wのみ2014年1月中旬発売予定。

さらに進化したエプソン独自のGPSチップにより米衛星を利用するGPSだけでなく、日本の真上を通過する準天頂衛星「みちびき」に対応、さらに本体内蔵ストライドセンサーによってビル街や周回コースでも高精度に測位可能なほか、低消費電力化を実現したことで毎秒測位で30時間稼働可能になっているということです。

価格は、オープンプライスながら市場想定価格がSF-710Sで3万4800円、SF-510Tで2万9800円、SF-310GおよびSF-310Wで2万4800円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。