S-MAX

GRANBEATHi-ResTablet

オンキヨーが発売前のAndroidタブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」も展示!秋葉原にオープンしたショールーム「ONKYO BASE」を写真と動画で紹介【レポート】


歌手の高橋洋子さんがカスタム インイヤーモニター作りを体験!秋葉原にオンキヨーのショールームがオープン

オンキヨーは5日、東京・秋葉原にある「mAAch ecute KANDA MANSEIBASHI」内にショールーム「ONKYO BASE」をオープンした。営業時間は11:00~20:00で、定休日は不定休となる。ショールームのコンセプトは、“ここだけの”があるとしており、コラボ製品の展示や最新機器の体験、そしてトークイベントなども開催する。

またイヤホン端子がないスマートフォン(スマホ)が増えたことで、ワイヤレスイヤホンの需要も伸びてきているが、同社はワイヤレスイヤホンとアニメ作品とのコラボにも力を入れており、こうしたカルチャーと密着した街・秋葉原との相性も良い。購入前にデザインやカラーを確かめることができるのは嬉しい配慮である。

さらにONKYO BASEには今年2月にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2018(MWC 2018)」に参考出品していた4Kディスプレイ搭載タブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」がいち早く体験できる。そんなオンキヨーの新しいショールームについてグランドオープンの前日に行われた内覧会を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

MWC 2018:ONKYO、12.5インチ4K Ultra HDディスプレイを搭載したハイエンドAndroidタブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」を参考展示!今年夏頃までに発売へ【レポート】


オンキヨーがMWC 2018に参考出展したタブレット「GRANBEAT Hi-Res Tablet」を紹介!

ONKYO(以下、オンキヨー)がスペイン・バルセロナにて2018年2月26日から3月1日まで開催されていた「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に初出展し、同社の「GRANBEAT」シリーズにおけるAndroidタブレット「“GRANBEAT” Hi-Res Tablet」およびAI(人工知能)に対応したスマートスピーカーやスマートウェアラブル、スマートイヤホンを参考出展した。

中でもGRANBEAT Hi-Res Tabletは現在販売されている同社のスマートフォン(スマホ)「GRANBEAT(型番:DP-CMX1)」のタブレット版として位置付けられ、音響・映像面に注力して約12.5インチ4K Ultra HD(3840×2160ドット)ディスプレイを搭載したハイエンドモデルとなっている。

あくまで参考出展だが、同社では2018年夏頃までに商品化したいとのことで、日本での発売も期待されるところだろう。そこで今回はかなり遅くなったが、実際にMWC 2018においてGRANBEAT Hi-Res Tabletをタッチ&トライしたところを写真を交えて紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。