S-MAX

GalaxyA20

高コスパスマホ「Galaxy A20」を写真と動画で紹介!本体価格が約2万円で、NTTドコモやau、UQモバイルから割引によって一括1円などで販売中【レポート】


docomoやau、UQ mobileから発売された高コスパスマホ「Galaxy A20」をチェック!

すでに紹介しているように最新の今冬モデルの中でも低価格なエントリー向けスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20」(サムスン電子製)が一部の店舗では“一括1円”などで販売されている。現時点では本体価格が2万円程度より安く設定されているため、総務省が定めるガイドラインに沿った最大2万円(税別)という範囲内の割引施策で実施できているわけだ。

Galaxy A20は海外向けに販売されている「Galaxy A10e」をベースに日本向けに防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)、ストラップ穴といったニーズの高い機能に対応し、さらにFMラジオにも対応しているのでインターネットラジオ「radiko」とともに利用できるハイブリッドラジオ「ラジスマ」に対応しているコストパフォーマンスの高いモデルだ。

販売はまずauから「Galaxy A20 SCV46」が昨年10月25日、続いてNTTドコモから「Galaxy A20 SC-02M」が11月1日、そしてKDDI傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるUQ mobileから「Galaxy A20 SCV46-u」が11月15日に発売され、現在の各社の直営店などにおける価格(税込)はauが22,000円、NTTドコモが21,384円、UQ mobileが11,880円となっている。

特にauやUQ mobileでは発売当初はそれぞれ25,920円および23,760円だったが、早々に本体価格が値下げされた。また公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも一括1円とまではいかないが、機種変更(Xi→Xi)なら「Welcome特典」で5,000円分、新規契約や契約変更(FOMA→Xi)、他社から乗り換え(MNP)なら「端末購入割引」で16,500円分のdポイントが還元され、実質5,000円程度からで購入できるようになっている。今回はそんなGalaxy A20について外観などを写真と動画で紹介しておく。

続きを読む

NTTドコモの高コスパスマホ「Galaxy A20 SC-02M」が機種変更でも一括1円で販売中!ビックカメラやヨドバシカメラで独自割引キャンペーン


shimajiro@mobiler

これまでに紹介してきたように総務省が定めるガイドラインによって各社ともにスマートフォン(スマホ)の大幅な割り引きがなくなったものの、元々の製品代金が安いエントリーモデルなどでは今でも“一括0円”や“一括1円”などにて販売されている。

特に最新の今冬モデルでは、NTTドコモやauから販売されている「Galaxy A20」は製品代金がNTTドコモでは21,384円、auでは22,000円であるため、ガイドラインによる最大2万円(税別)の割引内で一括0円などにできることもあり、あちこちの店舗で“一括1円”で販売されているのを見かける。

しかしながら、その多くは他社から乗り換え(MNP)やフィーチャーフォン(以下、ケータイ)からの機種変更だったりするが、すでに紹介したように昨年末に東京都内のビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店では機種変更でも一括10円になるキャンペーンが実施されていた。

このキャンペーンは12月31日までとされていたので、改めてキャンペーンが実施されていた店舗を新年明けてから再訪してみたが、ほぼ内容をそのままに延長されており、NTTドコモのコストパフォーマンスの高いスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20 SC-02M」が一括1円となっていた。なお、筆者が確認した店舗では1月1日時点でヨドバシカメラが1月5日(日)まで、ビックカメラが1月6日(月)までとなっていた。

続きを読む

NTTドコモの高コスパスマホ「Galaxy A20 SC-02M」がビックカメラやヨドバシカメラなどで機種変更一括10円で販売中!旧プランやdocomo withの継続でもOK


shimajiro@mobiler

総務省が定めるガイドラインによって大幅な割り引きがなくなり、いわゆる“一括0円”や“一括1円”などを謳う販売施策が減ってきてはいるものの、元々の製品代金が安いエントリーモデルなどでは今でも同じように販売されている。

中でも今冬モデルの中では、NTTドコモやauから販売されている「Galaxy A20」は製品代金がNTTドコモでは21,384円、auでは22,000円となっており、ガイドラインによる最大2万円(税別)の割り引きの範囲内で一括0円などにできることもあり、あちこちの店舗で見かける。

ただし、多くの店舗で実施されているのは他社から乗り換え(MNP)やフィーチャーフォン(以下、ケータイ)からの機種変更だったりするが、筆者が確認した中では東京都内のビックカメラにてNTTドコモ向け「Galaxy A20 SC-02M」が通常の機種変更でも一括10円になるキャンペーンが開催中だった。

続きを読む

au向け「Galaxy A20 SCV46」および「AQUOS sense3 SHV45」、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」の価格を紹介!アップグレードプログラムNXは未定


auのGalaxy A20やAQUOS sense3、AQUOS sense3 plus サウンドの価格をチェック!

KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として発売する予定のAndroidスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20 SCV46」および「AQUOS sense3 SHV45」、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」の価格を案内していますので紹介したいと思います。

価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」および直営店におけるもので、10月に発売予定となっているGalaxy A20 SCV46については「アップグレードプログラムDX」の対象となっており、10月中に48回払いで購入し、25ヶ月目以降に返却して次の製品を購入すれば最大24回分の割賦金が免除されます。

一方、11月1日以降はアップグレードプログラムDXは新規加入ができなくなり、新たに36回いで購入して13ヶ月目以降に返却すると最大12回分の割賦金が免除される「アップグレードプログラムNX」が提供開始されますが、現時点でこれら3製品を含めてアップグレードプログラムNXの対象機種はiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11以外は決まっておらず、対象となるかどうかは未定となっています。

続きを読む

UQモバイルが「2019年秋冬モデル」を発表!Xperia 8およびOPPO A5 2020、AQUOS sense3、Galaxy A20のAndroidスマホ4機種。価格は後日案内予定


UQ mobileの2019年秋冬モデルが発表!Xpeira 8やOPPO A5 2020、AQUOS sense3、Galaxy A20

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は15日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )における「2019年秋冬モデル」として4機種のAndroidスマートフォン(スマホ)を2019年10月下旬以降に取り扱うと発表しています。

UQ mobile向け2019年秋冬モデルはUQでは初の「Xperia」シリーズとなる「Xperia 8」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)およびクアッドカメラや大容量5000mAhバッテリーを搭載した「OPPO A5 2020」(オッポジャパン製)、「AQUOS sense3」(シャープ製)、「Galaxy A20」(サムスン電子製)をラインナップしています。各機種ともにSIMロックはかかっていないとのことで、価格や割引、発売日などは後日案内とのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。