S-MAX

GalaxyA20

NTTドコモ、スタンダードスマホ「Galaxy A20 SC-02M」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


docomoスマホ「Galaxy A20 SC-02M」がAndroid 10に!

NTTドコモは4日、昨年11月に発売した「2019-2020冬春モデル」のうちのスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20 SC-02M」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコン(PC)に接続して行う方法が用意されており、更新時間は本体のみで約46分、PCを用いる方法で約98分ですが、通信回線やバックアップするデータ量などの環境によって異なる場合があるとしています。

ビルド番号は更新後が「QP1A.190711.020.SC02MOMU1BTF4」、確認方法は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」となっています。主な変更点は以下の通り。

○主なアップデート内容
1)ダークテーマが追加
2)ジェスチャーナビゲーションが追加
3)位置情報に関する強化
4)画面をONにする度にロック画面の画像を変更できる機能へ任意の画像設定が可能に

○改善される事象
5)伝言メモが正しく動作しない場合があります。
6)英語入力モードにて、キーボードが正常に動作しない場合があります。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年7月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

UQモバイル向けスタンダードスマホ「Galaxy A20 SCV46」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


UQ mobileスマホ「Galaxy A20 SCV46」がAndroid 10に!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は4日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20(型番:SCV46)」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年8月4日(火)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)回線または携帯電話回線(LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)のほか、パソコン(PC)を用いた方法が用意されており、更新時間は本体のみで約30分、PCを用いた方法で約75分で、アップデートファイルサイズは本体にのみで約1.6GB、PCを用いた方法で約3.5GBとなっています。

なお、アップデートファイルサイズが大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されており、携帯電話回線を用いた場合はパケット通信料は有料となる(月当たりの高速データ通信容量が減る)のでご注意ください。。更新後のビルド番号は「QPIA.190711.020.SCV46KDU1BTG1」、Androidセキュリティパッチレベルは「2020年7月」になるとのこと。主な変更点は以下の通り。

・「Androidの設定」に関する通知
・「電話」の機能変更・追加/名称変更
・「スクリーンショット」の機能変更
・「カメラ」の配置変更
・「壁紙」の機能・画面デザイン変更/機能追加
・「セキュリティ」機能の改善


続きを読む

KDDI、au向けスタンダードスマホ「Galaxy A20 SCV46」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月9日10時より提供


auスマホ「Galaxy A20 SCV46」がAndroid 10に!

KDDIは8日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として昨年10月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20(型番:SCV46)」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年7月8日(水)に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)のほか、パソコン(PC)を用いた方法が用意されており、更新時間は本体のみで約30分、PCを用いた方法で約74分、アップデートファイルサイズは本体にのみで約1.6GB、PCを用いた方法で約3.5GB。

アップデートファイルサイズが大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されています。更新後のビルド番号は「QP1A.190711.020.SCV46KDU1BTF4」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2020年6月1日」となります。なお、今回の更新を実施するには事前にビルド番号「SCV46KDU1ATC3」にしておく必要があります。主な変更点は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)「Androidの設定」に関する通知が表示されるようになります。
2)電話の「通話設定」画面にて「通話のポップアップ表示」が「アプリ使用中の着信の表示」に機能変更されます。
3)スクリーンショット撮影後に編集画面が表示されるようになります。
4)カメラの「カメラ設定」配下にて「カメラモード」項目が表示されなくなります。
5)「ナイトモード」が「ダークモード」に名称変更されます。

○主な削除項目
6)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・「Office Mobile」アプリが削除されます。
 ・クイックパネルの「明るさ」設定画面にて「明るさ調節を常に表示」ボタンや「ナビゲーションバー」アイコン、右上メニュー欄の「ボタングリッド」、「パワーモード」の「標準省電力モード」設定画面にて「バックグラウンドデータを制限」機能が削除されます。
 ・ロック画面にて通知表示スタイルの「簡略」スタイルが削除されます。
 ・設定内の「接続」配下にて「NFC/おサイフケータイ設定」の「Android Beam」、Bluetooth」右上メニュー欄にある「詳細設定」画面の「メディア音量の同期」、「Wi-Fiテザリング」設定画面における右上メニュー欄配下の「許可デバイス」が削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(4MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV46をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」向けスマホ「Galaxy A20」が5月14日に発表!価格は3万1680円で割引施策を用意


J:COM MOBILEからはじめてスマホ「Galaxy A20」が登場!

サムスン電子ジャパンは7日、ジュピターテレコム(以下、J:COM)が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )向けスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20」(サムスン電子製)が2020年5月14日(木)より順次発売されると発表しています。

価格は税抜28,800円(税込31,680円)で、本体代金を割引するお得なプランを用意しており、詳細は公式Webページ( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/device/galaxy_a20/ )にて案内する予定とのこと。なお、オンライン販売は5月18日(月)に開始され、一括払いのほか、24回もしくは48回の金利0%の分割払いも利用できます。

続きを読む

高コスパスマホ「Galaxy A20」を写真と動画で紹介!本体価格が約2万円で、NTTドコモやau、UQモバイルから割引によって一括1円などで販売中【レポート】


docomoやau、UQ mobileから発売された高コスパスマホ「Galaxy A20」をチェック!

すでに紹介しているように最新の今冬モデルの中でも低価格なエントリー向けスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20」(サムスン電子製)が一部の店舗では“一括1円”などで販売されている。現時点では本体価格が2万円程度より安く設定されているため、総務省が定めるガイドラインに沿った最大2万円(税別)という範囲内の割引施策で実施できているわけだ。

Galaxy A20は海外向けに販売されている「Galaxy A10e」をベースに日本向けに防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)、ストラップ穴といったニーズの高い機能に対応し、さらにFMラジオにも対応しているのでインターネットラジオ「radiko」とともに利用できるハイブリッドラジオ「ラジスマ」に対応しているコストパフォーマンスの高いモデルだ。

販売はまずauから「Galaxy A20 SCV46」が昨年10月25日、続いてNTTドコモから「Galaxy A20 SC-02M」が11月1日、そしてKDDI傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるUQ mobileから「Galaxy A20 SCV46-u」が11月15日に発売され、現在の各社の直営店などにおける価格(税込)はauが22,000円、NTTドコモが21,384円、UQ mobileが11,880円となっている。

特にauやUQ mobileでは発売当初はそれぞれ25,920円および23,760円だったが、早々に本体価格が値下げされた。また公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも一括1円とまではいかないが、機種変更(Xi→Xi)なら「Welcome特典」で5,000円分、新規契約や契約変更(FOMA→Xi)、他社から乗り換え(MNP)なら「端末購入割引」で16,500円分のdポイントが還元され、実質5,000円程度からで購入できるようになっている。今回はそんなGalaxy A20について外観などを写真と動画で紹介しておく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。