S-MAX

GalaxyNote10+

NTTドコモ、スター・ウォーズスマホ「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」を発表!限定2千台で価格は17万1864円の実質11万4576円から


docomoからスター・ウォーズスマホ「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」が登場!

NTTドコモは6日、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を記念してSペンに対応したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+ SC-01M」(サムスン電子製)の限定モデル「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」を発表しています。

発売日は2019年12月13日(金)で、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびGalaxyの旗艦店「Galaxy Harajuku」のみにて限定2000台が販売されるとのこと。なお、ドコモオンラインショップが1980台、Galaxy Harajukuで20台販売予定となっており、ドコモオンラインショップでは事前予約は実施せず、12月13日10時より購入手続きを開始し、エクスプレス配送は対象外となるとのこと。

価格(税込)は171,864円(4,774円/月×36回)となっており、36回払いで購入して25ヶ月目以降に返却すると残りの割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額は114,576円(4,774円/月×24回)から。

続きを読む

楽天モバイル、SIMフリースマホ「Galaxy S10」および「Galaxy Note10+」、「AQUOS sense3 plus」、「OPPO A5 2020」の発売日と価格を案内


楽天モバイルからGalaxy Note10+・S10やOPPO A5 2020、AQUOS sense3 plusが発売!

楽天モバイルは26日、携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新たにスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+(型番:SM-N975C)」(Samsung Electronics製)および「OPPO A5 2020(型番:CPH1943)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発売すると発表しています。

またすでに取り扱いが発表されていた「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」(Samsung Electronics製)および「AQUOS sense3 plus(型番:SH-RM11)」(SHARP製)についても発売日と価格が案内されており、発売日はGalaxy Note10+およびGalaxy S10、OPPO A5 2020が2019年12月3日(火)より順次、AQUOS sense3 plusが12月13日(金)より順次となっています。また発売に先立って各機種ともに楽天モバイルの公式Webサイトでは新規契約および機種変更については11月26日(火)10:00より予約申込が開始されています。

価格は単体購入もしくはデータSIMとセットならGalaxy Note10+が税別115,273円(税込126,800円)、Galaxy S10が税別90,728円(税込99,800円)、AQUOS sense3 plusが税別44,364円(税込48,800円)で、OPPO A5 2020は単体購入なら税別26,800円(税込29,480円)、ータSIMおよび音声SIMとセットなら税別26,182円(税込28,800円)となっています。

また音声SIMとのセットならキャンペーン「新機種いきなり大特価」で、Galaxy Note10+が税別115,273円(税込126,800円)、Galaxy S10が税別81,637円(税込89,800円)、AQUOS sense3 plusが税別40,728円(税込44,800円)となるほか、AQUOS sense3 plusはキャンペーン「機種変更も大特価」によってオンラインなら税別38,926円(税込42,819円)、楽天モバイルショップなら税別43,364円(税込47,700円)に。

さらに各製品ともに2回線目以降で本体価格から5,000円または3,000円が割り引かれる「プラス割」が用意されているほか、それぞれ24回分割払いにも対応しています。なお、各製品ともに楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)および仮想移動体通信事業者(MVNO)のどちらにも対応し、SIMロックのかかっていないSIMフリー版となっています。

その他、Galaxy Note10+とGalaxy S10については2020年1月16日(木)23:59までに購入してキャンペーンWebページにて2020年1月23日(木)23:59までに応募するともれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds(型番:SM-R170)」(ホワイトまたはブラック)がプレゼントされる「Galaxy S10|Note10+発売記念キャンペーン」が実施されます。なお、色は選べないとのこと。

続きを読む

楽天モバイル、Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+」を発表!SIMフリーで12月3日発売。単体購入なら価格は12万6800円


楽天モバイルからプレミアムスマホ「Galaxy Note10+ SM-N975C」が登場!

サムスン電子ジャパンは26日、携帯電話サービス「楽天モバイル」向けにペン入力「S Pen」に対応した大画面&高性能なプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+(型番:SM-N975C)」(サムスン電子製)を発表しています。なお、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)および仮想移動体通信事業者(MVNO)のどちらにも対応し、SIMロックのかかっていないSIMフリー版となっています。

発売日は2019年12月3日(火)より順次となっており、発売に先立って楽天モバイルの公式Webサイトでは新規契約および機種変更なら11月26日(火)10時より、他社から乗り換え(MNP)なら11月29日(金)10時より予約注文が実施され、12月2日(月)に発送が開始されます。実店舗「楽天モバイルショップ」では12月3日開店より販売開始され、単体販売を含む楽天モバイル 楽天市場店では12月3日9時より、My 楽天モバイルでは12月9日(月)9時(予定)より販売されます。

価格は単体購入およびデータSIMとのセットの場合で税別115,273円(税込126,800円)、音声SIMとのセットならキャンペーン「新機種いきなり大特価」によって税別107,091円(税込117,800円)となるほか、2回線目以降で本体価格から5,000円が割り引かれる「プラス割」なら税別102,091円(税込112,300円)からとなっています。なお、それぞれ24回分割払いにも対応しています。

また同日に発売される楽天モバイル向け「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」とともに2020年1月16日(木)23:59までに購入してキャンペーンWebページにて2020年1月23日(木)23:59までに応募するともれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds(型番:SM-R170)」(ホワイトまたはブラック)がプレゼントされる「Galaxy S10|Note10+発売記念キャンペーン」が実施されます。なお、色は選べないとのこと。

続きを読む

Sペン対応の超高性能スマホ「Galaxy Note10+」を写真と動画で紹介!いよいよNTTドコモとauから10月18日に発売する4G世代の集大成【レポート】


Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+」がdocomoとauから10月18日に発売!写真と動画でチェック

ようやく日本でもサムスン電子の最新プレミアムスマートフォン「Galaxy Note10+」がNTTドコモおよびauから「2019年冬モデル」として発表されました。そしていよいよ明日10月18日(金)にNTTドコモから「Galaxy Note10+ SC-01M」、auから「Galaxy Note10+ SCV45」として発売されます。

Galaxy Note10+は先立って今年8月にアメリカ・ニューヨークにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」にて発表された同社の最上級クラスのAndroidスマホで、専用スタイラスペン「S Pen」が売りの「Galaxy Note」シリーズの最新モデルです。その特徴はなんと言っても大画面かつ超高性能に尽きるでしょう。

NTTドコモとauから販売される日本向けモデルでは新たにチップセット(SoC)はQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 855」となり、12GB内蔵メモリー(RAM)や256GB内蔵ストレージ、最大1TBのmicroSDXCカードスロット、4300mAhバッテリーなどを搭載し、有機ディスプレイ内に配置されたパンチホールにフロントカメラを搭載する「Infinity-O Display」による“全画面デザイン”が採用されました。

このように日本向けモデルもグローバルで発表された仕様を踏襲しつつ、国内の移動体通信事業者(MNO)が今までに取り扱ってきたスマホとしては最高スペックとなっており、日本向けの仕様としてNTTドコモ向けおよびau向けともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。なお、ワンセグ・フルセグには非対応。

価格(金額はすべて税込)についてもそれぞれすでに公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」にて案内されており、NTTドコモおよびauともに各販路にて10月11日より事前予約受付が実施されています。なお、こちらもNTTドコモとauともにGalaxy Note10+を予約・購入して専用Webページで登録すると完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

NTTドコモでは本体価格が121,176円で、本体を返却することで36回払いのうちの最大12回分の支払いが免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担は80,784円、auでは本体価格が118,800円、48回払いで購入して本体を下取り(返却かつ次の製品の購入が必要)に出すことで最大24回分の支払いが免除される「アップグレードプログラムDX」を利用した場合の実質負担は59,400円になります。

そんなGalaxy Note10+ですが、NTTドコモでは10月11日に都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催しており、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてGalaxy Note10+ SC-01Mを発売に先立ってチェックする機会がありましたので、写真と動画を交えながらご紹介していきます。

続きを読む

au向け「2019年秋冬モデル」が予約&先行展示開始!Galaxy FoldとGalaxy Note10+の価格を紹介。FoldはアップグレードプログラムDXの対象外に


auが2019年冬春モデルを予約&先行展示開始!Galaxy Fold・Note10+・A20やXperia 5・8などがタッチ&トライ可能に

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、今秋冬に発売する携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」としてAndroidスマートフォン(スマホ)を9機種発表し、2019年10月18日(金)より順次発売するとしています。

発表されたのは「Galaxy Fold(型番:SCV44)」および「Xperia 5(型番:SOV41)」、「Galaxy Note10+(型番:SCV45)」、「AQUOS zero2(型番:SHV47)」、「Xperia 8(型番:SOV42)」、「AQUOS sense3 plus サウンド(型番:SHV46)」、「AQUOS sense3(型番:SHV45)」、「Galaxy A20(型番:SCV46)」、「BASIO4(型番:KYV47)」。

まずはGalaxy Note10+が10月18日、Galaxy FoldおよびGalaxy A20が10月25日に発売され、その他の機種も10月下旬より順次販売開始される予定で、発売に先立って各機種ともにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて10月10日(金)10時より事前予約受付が開始され、au Online Shopおよび直営店におけるGalaxy Fold SCV44とGalaxy Note10+ SCV45は詳細な価格(金額はすべて税込)が案内されていますので紹介したいと思います。

なお、Galaxy Fold SCV44およびXperia 5 SOV41、Galaxy Note10+ SCV45、Xperia 8 SOV42、AQUOS sense3 SHV45、Galaxy A20 SCV46については10月11日より「au SENDAI」や「au SHINJUKU」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」の直営旗艦店5店舗にて先行展示しているほか、その他の直営店でも一部製品を先行展示しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。