S-MAX

GalaxyS10

フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」にカメラやPC連携などの新機能を追加するアップデートを提供!まずはNTTドコモ版で配信開始


Galaxy S10・S10+に新機能が追加されるソフトウェア更新が提供開始!まずはdocomo向けから

サムスン電子ジャパンは11日、日本市場向けフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」に対して新機能を追加するアップデート提供開始したとお知らせしています。

同日、まずはNTTドコモより「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」においてソフトウェア更新が配信開始されており、au向け「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」にも近く提供される予定。

主な変更点は以下の通り。更新はスマホ本体のみでモバイルネットワーク(FOMAおよびXi)もしくは無線LAN(Wi-Fi)の回線を用いた方法およびパソコン(PC)にUSB接続して行う方法が用意されており、手持ちのGalaxy S10 SC-03Lでは本体のみで更新する場合のファイルサイズは847.28MBとなっており、Wi-Fiが推奨されます。

更新にかかる時間は本体のみでGalaxy S10 SC-03Lが約6分、Galaxy S10+ SC-04LおよびGalaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが約5分、PCを用いる方法でGalaxy S10 SC-03Lが約38分、Galaxy S10+ SC-04Lが約51分、Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが約63分。

○改善される事象
・カメラ機能を向上いたします。
・各種機能を向上いたします。
・機能の詳細については、サムスンの公式ホームページをご確認ください。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年10月になります。)


続きを読む

楽天モバイルが携帯電話サービスの発表会を開催!Xperia AceやGalaxy S10などのMNO・MVNO向けSIMフリースマホ7機種とルーター2機種を投入


楽天モバイルの携帯電話サービス発表会をまとめ!

楽天モバイルは6日、都内にある楽天本社の楽天クリムゾンハウスにて「携帯キャリア事業についての記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新たに8機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と2機種のモバイルWi-Fiルーターを発表しました。

楽天モバイルから販売されるスマホは「OPPO Reno A 128GB」および「Xperia Ace」、「Galaxy S10」、「Galaxy A7」、「AQUOS sense3 lite SH-RM12」、「AQUOS sense3 plus SH-RM11」、「arrows RX」、「Rakuten Mini」、ルーターは「Aterm MP02LN」および「Aterm MR05LN」となっています。これらの製品はすべてSIMロックがかかっていないSIMフリーとして販売されるとのこと。

また同社では10月より自社ネットワークを構築して移動体通信事業者(MNO)としてサービスを提供しますが、まずは5000人を対象に2020年3月末まで無料で使える「無料サポータープログラム」として提供されることが案内されたほか、既存の他社からネットワークを借りて提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)によるサービスでも料金プラン「スーパーホーダイ」および「組み合わせプラン」を10月より刷新。

これまでは組み合わせプランのデータプランを除くと最低利用期間とその期間内に解約などをすると契約解除料9,800円(金額はすべて税別)が発生していましたが、10月からはこれらが撤廃されて“縛りのない”料金プランとなります。なお、今回発表された製品ではRakuten Miniのみが楽天モバイルのMNOのみに対応しますが、他の9製品はどちらのサービスにも対応しているということです。

さらにMNOによるサービスについては無料サポータープログラムでネットワーク品質の安定性が確認されたら正式サービスを開始する予定だとし、その時期は未定としつつ、正式サービスもはじめはオンラインで受付をし、その後に店舗での受付を順次開始するとしています。本記事では楽天モバイルの発表会の内容をまとめて紹介します。

続きを読む

楽天モバイル向けSIMフリースマホ「Galaxy A7」が発表!6インチFHD+有機ELやオクタコアCPU、4GB RAMなどで10月中に発売。Galaxy S10も12月より販売


Rakuten MobileからSIMフリースマホ「Galaxy A7」が登場!

サムスン電子ジャパンは6日、スマートフォン(スマホ)「Galaxy A7(型番:SM-A750C)」(サムスン電子製)を発表しています。携帯電話サービス「楽天モバイル」から2019年10月中に発売予定となっており、楽天モバイルからはさらにフラッグシップスマホ「Galaxy S10」も12月中に発売されるということです。

価格は現時点では未定で後日案内されるとのこと。なお、楽天モバイルから販売される両製品はSIMロックのかかっていないSIMフリーモデルとなっており、同社の移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)だけでなく、他社のMNOやMVNOの携帯電話サービスでも利用可能だということです。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10 SC-03L」を購入したので開封して外観や同梱品を紹介!さっそく予約キャンペーン応募やSIMロック解除などを実施【レビュー】


docomoで新高性能スマホ「Galaxy S10」を買ったのでファーストインプレッション!

サムスン電子の最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」が日本では「2019年夏モデル」としてauから5月23日にNTTドコモから6月1日にそれぞれ発売されました。

ドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「au Online Shop」や「ドコモオンラインショップ」にて販売されており、価格(すべて税込)はauの「Galaxy S10 SCV41」が102,000円、「Galaxy S10+ SCV42」が114,960円、NTTドコモの「Galaxy S10 SC-02L」が89,424円、「Galaxy S10+ SC-03L」が101,088円です。

またauでは「アップグレードプログラムEX」に加入すれば48回払いのうちの最大24回分の割賦金、NTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」に加入すれば36回払いのうちの最大12回分の割賦金が購入した端末を返却すると免除され、それぞれ実質負担額としてGalaxy S10 SCV41が51,000円から、Galaxy S10+ SCV42が57,480円から、Galaxy S10 SC-03Lが59,616円から、Galaxy S10+ SC-04Lが67,392円からとなります。

なお、スマホおかえしプログラムは無料ですが、アップグレードプログラムEXは月額390円(非課税)がかかります。今回はすでに紹介したようにドコモオンラインショップでGalaxy S10 SC-03Lを購入し、実際に商品が届いたので開封して同梱品や外観を紹介しつつ、初期設定や「事前予約キャンペーン」へ応募したり、SIMロック解除などをした模様をファーストインプレッションとともに紹介します。

続きを読む

NTTドコモとauの最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」を写真と動画で紹介!シリーズ10代目の集大成。各社の違いもチェック【レポート】


docomoとauの最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」を写真と動画でまとめてチェック!

サムスン電子の最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」がNTTドコモおよびauから「2019年夏モデル」として発表されました。まずはau向け「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」が本日5月23日(木)に発売されます。

発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(すべて税込)はGalaxy S10 SCV41が本体価格102,000円の実質負担額58,776円から、Galaxy S10+ SCV42が本体価格114,960円の実質負担額65,256円からとなっています。

一方、NTTドコモ向け「Galaxy S10 SC-02L」および「Galaxy S10+ SC-03L」は新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」の提供開始に合わせて6月1日(土)に発売され、同じくすでにドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されています。

価格はGalaxy S10 SC-03Lが本体価格89,424円、Galaxy S10+ SC-04Lが101,088円で、NTTドコモでは合わせて6月1日より分割払いに36回を導入するとともに25ヶ月以降に購入した製品を返却すると最大12回の割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」も提供され、両機種とも対象となるため、Galaxy S10 SC-03Lが実質負担額59,616円から、Galaxy S10+ SC-04Lが実質負担額67,392円からです。

また4機種ともにサムスン電子ジャパンによる「事前予約キャンペーン」が実施され、予約・購入して専用Webページから応募するともれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がもらえます。詳細はNTTドコモ向け( https://www.galaxymobile.jp/docomo2019s10/ )、au向け( https://www.galaxymobile.jp/au2019s10/ )にてご確認ください。

Galaxy S10シリーズは今年2月にアメリカ・サンフランシスコで実施された発表会「Galaxy UNPACKED 2019」で発表され、国内では今年3月に東京・原宿にオープンした「Galaxy Harajuku」で先行展示されるなど、国内での正式発表・発売を心待ちにしていた人も多いでしょう。今回は各社の発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、NTTドコモ向けおよびau向けのGalaxy S10・S10+の外観や特徴を各社の違いを含めて写真と動画を交えて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。