S-MAX

GalaxyS5

NTTドコモ、今冬スマホ「Xperia Z3 SO-01G」と「Xperia Z3 Compact SO-02G」の月々サポートを早くも増額で実質値下げに!GALAXY S5 SC-04Fも


「Xperia Z3 SO-01G」と「Xperia Z3 Compact SO-02G」などが実質値下げ!

NTTドコモは5日、直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて今冬モデルのソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」と「Xperia Z3 Compact SO-02G」、さらに今夏モデルのサムスン電子製スマートフォン「GALAXY S5 SC-04F」の月々サポートを2014年12月5日(金)10時より増額するとお知らせしています。

これにより、各機種ともに実質値下げされ、他社からのりかえ(MNP)ならXperia Z3 SO-01GやXperia Z3 Compact SO-02Gは実質負担額0円になっています。

続きを読む

NTTドコモ、MIL規格準拠の防水・防塵・耐衝撃性能を有したタフネススマホ「GALAXY S5 Active SC-02G」を発表!各種ハードキーが手袋などをしたままでも押せる物理ボタンになり、使いやすく


NTTドコモがタフネススマホ「GALAXY S5 Active SC-02G」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.1インチフルHD(1080×1920ドット)Supre AMOLEDディスプレイや2.5GHzクアッドコアCPU、2GBメモリーなどを搭載したハイスペックなAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)採用のスマートフォン「GALAXY S5 Active SC-02G」(サムスン電子製)を発表しています。2014年10月4日(土)に発売開始で、本日9月30日(火)正午12時から事前予約が開始されます。

GALAXY S5 Active SC-02Gはこれまで海外向けに販売されていたグローバルモデル「GALAXY S5 Active」のNTTドコモ版で、今夏モデル「Galaxy S5」をベースに米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)に準拠した高耐久性を持たせた機種となっています。

また、NTTドコモ向けとして国内向けサービスのワンセグやおサイフケータイ(Felica)などの日本市場に合った機能に対応しています。なお、ワンセグの視聴には同梱の外付けアンテナが必要で、フルセグやNOTTVには非対応です。

続きを読む

国内初高音質音声通話サービス「VoLTE」がNTTドコモで開始!まずはサムスン電子製スマホ「GALAXY S5 SC-04F」にソフトウェア更新で利用可能に


ドコモスマホ「GALAXY S5 SC-04F」がソフトウェア更新でVoLTEに対応!

NTTドコモは24日、今夏に発売した「2013年夏モデル」のサムスン電子製スマートフォン「GALAXY S5 SC-04F」にソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。今回の更新によって、高速通信規格「LTE(FDD-LTE)」を用いた国内で初めて導入される音声通話サービス「VoLTE」に対応します。なお、NTTドコモのVoLTEは同日4時よりサービスが開始されています。

更新にかかる時間は、GALAXY S5 SC-04Fの端末本体(FOMA/Xi/Wi-Fi)による方法で約6分、パソコンに接続して行う方法で約7分となっています。更新期間は、2017年6月30日まで。

なお、更新にかかる時間は、ユーザーのインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとしてます。今回のソフトウェア更新で変更される点は、以下の通り。
・「VoLTE(ボルテ)」に対応
本端末を利用して、VoLTEをご利用いただけるようになります。
・注意上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

Samsung、2KオーバーのWQHD有機ELディスプレイやSnapdragon 805、3GB内蔵メモリーなどを搭載したハイスペックスマホ「GALAXY S5 Broadband LTE-A」を発表!韓国で6月19日より発売


SamsungがGALAXY S5 Broadband LTE-Aを発表!

Samsung Electronics(サムスン電子)は18日(現地時間)、同社のフラッグシップスマートフォン「GALAXY S5」の上位モデルとして下り最大225Mbpsの高速通信規格「LTE-Advanced」に対応するほか、解像度が高精細な577ppiの5.1インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLEDディスプレイを搭載した「GALAXY S5 Broadband LTE-A」(型番:SM-G906)を発表しています。

まずは韓国の携帯電話事業者SKTから2014年6月19日(木)より発売され、その後、他のKTやUG+からも順次発売される予定とのことです。

続きを読む

特許戦争なんのその!?指紋センサー以外にも地味にiPhoneに歩み寄るーーSamsungの最新スマホ「GALAXY S5」で導入されたダイレクトアクセスを紹介【レビュー】


GALAXY S5のダイレクトアクセスを紹介!

国内でもNTTドコモとauから販売中のSamsungのフラッグシップスマートフォン「GALAXY S5」。同社のAndroidを搭載した主力モデル「GALAXY Sシリーズ」もすでに5世代目となったわけですが、当初は、先行するApple製「iPhoneシリーズ」のデザインやユーザーインターフェース(UI)を模倣し、現在に至るSamsungとAppleの特許戦争につながっていますが、当時はある意味で世界的メーカーの恥も外聞もない本気度を感じたものです。

しかしながら、その後、Samsungがスマートフォンの世界シェアでNo.1になったこともあってか、現在では、一見すればサイズの違いだけではなく、デザイン的にも操作的にもiPhoneとはまったく異なる製品になっています。

一方で、逆にここ最近では昨年リリースされた「iOS 7」や、つい先日発表された「iOS 8」のようにAppleがAndroidの通知エリアやSamsungのS Healthなどを取り入れているのではないかといった議論もあります。

ただし、どちらの製品もスレートタイプのタッチ操作となっていることからより多くの人が利用しやすい操作性は大きく異なることはないでしょうし、健康管理や機器連携などといった現在のIT業界のトレンドもまた大きくズレることはないことを考えれば、どちらが先かというのはあまり意味がないところとなっています。

むしろ大きな技術革新でもない限りは、ユーザーからしてみれば同じような操作性にしておいてくれたほうがありがたいといったシーンもあります。そこで、今回は、最新のGALAXY S5でiPhone(というか、iOS)に歩み寄った(というより、同じにした)操作のひとつ「ダイレクトアクセス」を紹介したいと思います。えぇ、ホームキーに搭載された「指紋センサー」の話ではないのです!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。