S-MAX

GearVR

Galaxy S7 edgeなどの豪華プレゼントも実施!Gear VRで仮想ジェットコースターも楽しめるエンターテイメントイベント「Galaxy Studio」がグランフロント大阪で7月6日まで実施中


Galaxy S7 edgeやGear VRが楽しめるイベント「Galaxy Studio」がグランフロント大阪で開催中!

サムスン電子ジャパンは17日、最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」やバーチャルリアリティー(VR)が楽しめるヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR」などの製品を実際に手にとって楽しめるエンターテインメントパーク「Galaxy Studio」を2016年6月23日(木)から7月6日(水)まで商業施設グランフロント大阪にてオープンするとお知らせしています。

Galaxy Studioは今年5月19日から6月8日までに東京・丸の内にある商業施設「KITTE」にて実施されていましたが、好評だったことから関西でも開催することになったということです。

Gear VRを用いた「VR 4Dシアター」のほか、Galaxy S7 edgeがプレゼントされるイベントなど、多数の体験型イベントが用意されているので、お近くの人は是非行ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

人気の「進撃の巨人」や「攻殻機動隊」のVR映像を体験できる「VR THEATER」を4月7日より複合カフェでスタート【レポート】

TVや映画でもない新しい映像体験!VR THEATERの発表会をレポート

インターピアおよびeje、日本複合カフェ協会は5日、都内にて「『VR THEATER』プレス体験会」を開催し、全国の複合カフェ(ネットカフェ)を中心に店舗常設型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)VR(ヴァーチャル・リアリティー)シアターサービス「VR THEATER」を2016年4月7日(木)より東京近郊31店舗でスタートすることを発表した。

VR THEATERは「Gear VR」(サムスン電子製)を用いて360°VRコンテンツを楽しむというもので、有料の第1弾コンテンツとして「進撃の巨人 360°体感シアター”哮”」、5月リリース予定の第2弾コンテンツ「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」(完成版)が視聴可能となる。

コンテンツの視聴には、インターピアが開発したコンテンツ課金・店頭決済システムによって行われる。有料コンテンツ以外に無料コンテンツも用意されており、店舗でVR体験をすることでGear VRをはじめとする今後発売されるVR機器購入の参考にして欲しいとのこと。VR機器の普及やコンテンツ購入が浸透することで、国内のVRコンテンツ産業を盛り上げていくという狙いもこめられている。

今回は、このVR THEATERの視聴方法とVR視聴体験をレポートしていきたいと思う。

続きを読む

50名しか参加できなかった「Underworld」のVRライブが「Gear VR」体験スペースで無料で観られる!渋谷PARCOで体験してきたので写真と動画で紹介【レポート】

UnderworldのVRライブが無料で体験できるイベントを開催

サムスン電子ジャパンが2016年3月19日(土)から4月1日(金)の期間に東京・渋谷PARCOの「Gear VR」体験スペースにおいて先日3月12日に開催された「Underworld」のライブイベントの360°VR映像コンテンツの体験が実施されている。

Gear VRの体験スペースは、世界的デザイン集団「TOMATO」結成25周年記念大型企画展「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION "O"」を開催中の渋谷PARCO PART1の8Fのエスカレータ横のイベントスペースで、13時から~19時までの間誰でも無料で体験できる。

ライブ当日のGear VRによる360°VR映像はライブストリーミングの画質だったが、現在体験できる映像は当日の4K映像素材をTOMATOが編集したもの。今回はこのイベントスペースとライブ映像をレポートしていきたいと思う。


続きを読む

Galaxyプロデュースの「Underworld」ライブをヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」で360度体感できるイベントを渋谷PARCOで開催【レポート】

GalaxyプロデュースのGear VRを使った「Underworld」の360°ライブ体験が可能に!

PARCOが2016年3月12日(土)から4月3日(日)まで世界的に活躍するデザイン集団「TOMATO」の結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION "0"」を東京・渋谷PARCOで開催している。

このエキシビションに合わせ、緊急来日したアーティスト「Underworld」が渋谷でスペシャルライブを行い、渋谷PARCOがその模様を「Galaxy」プロデュースによってVR HMD(バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレイ)「Gear VR」を使って360°の迫力映像を楽しむ最先端イベントを開催した。今回はこのイベントについてレポートしていく。

続きを読む

au向け5.7インチ大画面スマホ「Galaxy A8」や円形ディスプレイのスマートウォッチ「Gear S2」などを日本で発売!サムスン電子の「Galaxy新製品発表会」を写真と動画で紹介【レポート】

Galaxy A8とGear S2などを発売!

既報通り、サムスン電子ジャパンは8日、都内にて「Galaxy新製品発表会」を開催し、KDDIおよび沖縄セルラー(以下、au)向けの薄型大画面スマートフォン(スマホ)「Galaxy A8 SCV32」(以下、Galaxy A8)、円形ディスプレイのスマートウォッチ「Gear S2」および「Gear S2 classic」、ゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」、18.4インチフルHDタッチスクリーン搭載タブレット「Galaxy View」を発表した。

発表会では同社代表取締役 最高執行責任者の堤浩幸氏が国内携帯電話端末出荷台数は飽和状態にあるとしたうえで、フィーチャーフォン利用者にもスマホを中心とした価値を提供するための変革「GAME CHANGE」が必要と述べた。とくにIoT(もののインターネット)分野の成長が見込めることから、サムスン電子(以下、Samsung)はその価値をスマホとともに提供していくという構えだ。

今回は発表会後の展示会場にて最新のGalaxy A8などのデバイスをタッチ&トライしてきたので、その模様を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、Galaxy S6・S6 edgeなどで使えるVR HMD「Gear VR」を12月18日に発売!価格は約1万5千円


第3世代「Gear VR」が12月18日に発売!

サムスン電子ジャパン(以下、SEJ)は8日、都内にて「Galaxy新製品発表会」を開催し、一般向けにバーチャルリアリティー(VR)を体験できるゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR」を2015年12月18日(金)に発売すると発表しています。

販売拠点は各量販店やAmazon.co.jpなどで、価格(税抜)は13,800円。すでにヨドバシカメラなどで予約受付が実施されており、ヨドバシ.comでは税込14,900円の10%の1,490ポイント還元となっています。

装着して利用できる互換性のあるスマートフォン(スマホ)としては今夏モデルとして販売されている「Galaxy S6」および「Galaxy S6 edge」、そして、日本では販売されていない「Galaxy Note5」および「Galaxy S6 edge+」となっています。

続きを読む

SoftBank向けでは初のギャラクシースマホ「Galaxy S6 edge」の気になる価格をチェック!ソフトバンクオンラインショップでは「Gear VR」が抽選で100人に当たるキャンペーンも実施中


SoftBank向け最新フラッグシップスマホ「Galaxy S6 edge」の価格を紹介!

既報通り、ソフトバンクモバイルは19日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015夏モデル新商品発表会」を開催し、SoftBank向けにディスプレイの左右側面に曲面有機ELを採用した"デュアルエッジスクリーン"を搭載したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge(型番:404SC)」(サムスン電子製)を発表しています。

発売日は2015年5月29日(金)を予定しており、5月20日よりSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて事前予約受付が開始されています。今回は予約開始に伴い、同WebストアにてGalaxy S6 edgeの価格が公開されていますので紹介したいと思います。

また、同WebストアではGalaxy S6 edgeの64GBモデル限定を対象として購入者の中から抽選で100人にサムスン電子製バーチャルリアリティー(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR Innovator Edition for S6」をプレゼントする「Galaxy S6 edge デビューキャンペーン」を実施しています。期間は2015年5月20日(水)10:00:00~2015年6月21日(日)23:59:59まで。

続きを読む

サムスン電子ジャパンが最新フラッグシップスマホ「Galaxy S6シリーズ」の日本国内モデルを発表する「Galaxy World Tour 2015 TOKYO」を開催【レポート】


デザインを追求したフラグシップスマホ「Galaxy S6 edge」と「Galaxy S6」の日本発売が決定!

既報通り、サムスン電子ジャパンは8日、今年3月に発表されたSamsung Electronics(サムスン電子)の今年のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S6」および「Galaxy S6 edge」を日本国内で披露するイベント「Galaxy World Tour 2015 TOKYO」を開催し、これらの2機種を日本国内で発売することを発表した。

Galaxy S6 edgeは本体両側面に湾曲有機ELディスプレイを搭載した「エッジスクリーン」を採用し、一方、Galaxy S6は通常のフラットタイプのベースモデルとなっている。日本ではGalaxy S6 edgeがNTTドコモとau by KDDiから、Galaxy S6がNTTドコモから販売され、それぞれ2015年4月23日(水)に発売されます。

イベントではGalaxy S6 edgeおよびGalaxy S6の製品などを紹介するプレゼンテーション(プレゼン)およびタッチ&トライが行われたが、今回はプレゼン部分を写真で紹介していく。

続きを読む

サムスン電子、Galaxy S6およびGalaxy S6 edge用のVR体験ができるゴーグル型HMD「Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6 SM-R321」を日本で5月上旬に発売


VR HMD「Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6」が発売!

サムスン電子(Samsung Electronics)の日本法人であるサムスン電子ジャパンは8日、同社のフラッグシップスマートフォン(スマホ)の最新モデル「Galaxy S6」および「Galaxy S6 edge」で利用するバーチャルリアリティー(VR)が体験できるゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6(型番:SM-R321)」を2015年5月上旬に発売すると発表しています。

日本で2015年4月23日(水)にNTTドコモから「Galaxy S6 edge SC-04G」および「Galaxy S6 SC-05G」、au by KDDIから「Galaxy S6 edge SCV31」が発売されるのに合わせて販売されます。

ヨドバシカメラやビックカメラ、エディオン、ヤマダ電機といった家電量販店のWebショップにて4月23日に申込受付を開始します。価格はオープンながら市場想定価格は24,800円(税抜)前後。

これに先立ち、4月8日(水)からブランドショップ「Galaxy SHOP」にて体験することができるようになっています。

続きを読む

サムスン電子が「GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO」を開催!GALAXY Note Edgeは日本が最も早く発売される地域にーー国内向けとしては発売未定の「GALAXY Note 4」と連動した「Gear VR」の体験も【レポート】

サムスン電子ジャパンがGALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYOを開催!

サムスン電子は8日、国内向けに発売予定の「GALAXY Note Edge」「GALAXY Tab S」「Gear S」などを紹介するイベント「GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO」を開催した。

10月下旬以降に発売を予定しているNTTドコモ向けの「GALAXY Note Edge SC-01G」とau向けの「GALAXY Note Edge SCL24」をはじめとした製品プレゼンテーションおよびタッチ&トライの様子をレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。