S-MAX

GoogleIO

Google I/O 2019にてスマホなど向け次期OS「Android Q」を説明!Beta 3を公開し、Pixel以外のEssential PhoneやZenFone 5Zなどの21製品でも利用可能に。バージョンは「10」に


Google I/O 2019にて次期OS「Android 10 Q」を解説!Beta 3もリリース

Googleは7日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2019」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android Q」についての詳細を説明しました。

Android Qは今夏に正式版が提供開始される予定で、今年3月に先行プレビュー版「Android Q Beta」の初期バージョン(Android Q Beta 1)がリリースされ、さらに4月に第2弾「Android Q Beta 2」が提供開始されていましたが、Google I/O 2019に合わせて新たに第3弾「Android Q Beta 3」が配信開始されています。

また今回のAndroid Q Beta 3からGoogleブランドの「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」などの「Pixel」シリーズのスマホだけではなく、他社のEssential PhoneやXperia(SONY)、ZenFone(ASUS)、Huawei、OPPO、Nokia、LG、vivo、realme、OnePlus、Xiaomi、TECNO Mobileといったメーカーの21製品でも「Android Beta Program」で試せるようになっています。

本記事ではGoogle I/O 2019の1日目の基調講演(Keynote)において紹介されたAndroid Qの特徴について紹介します。なお、Android Qのバージョン番号が「10」であることが案内されましたが、お菓子の名称が付けられる開発コード名は明らかにされておらず、今後、正式版のリリースとともに発表されるのではないかと見られます。

続きを読む

Googleが廉価スマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表!AIカメラやFeliCa、急速充電にも対応。日本でも5月8日販売開始で、価格は4万8600円と6万円


グーグルスマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が正式発表!日本でも販売

Googleは7日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2019」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、より価格を抑えた新しいスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」を発表しています。

イベントが開催されているアメリカを含むオーストラリアおよびカナダ、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、シンガポール、スペイン、台湾、イギリスの1次販売国・地域では同日5月7日より発売され、アメリカでの価格はPixel 3aが399ドル(約44,000円)、Pixel 3a XLが479ドル(約53,000円)となっています。

また日本でも昨年発売された上位モデル「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」と日本市場向け製品が5月8日より公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にて予約販売が開始されており、価格(税込)はPixel 3aが48,600円、Pixel 3a XLが60,000円で、お届けは5月16日(木)までとなっています。

なお、Google ストアでは5月17日(金)までにPixel 3aおよびPixel 3a XLを予約購入した人に期間限定でGoogle ストアで次回以降の買い物に使える5,000円分のプロモーション コードをプレゼントするキャンペーンを実施しています。その他、グーグル(以下、Google Japan)では日本においては各携帯電話会社からも販売されると案内しています。

続きを読む

Googleが日本時間5月8日に「Pixel」の新製品発表へ向けてティザー公開!廉価スマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」がいよいよ正式発表か


GoogleがPixelシリーズのティザーを公開!5月8日に新スマホ発表へ

Googleは16日(現地時間)、同社の公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com/ )にてティザーを公開し、同社の開発者向けイベント「Google I/O 2019」の初日に当たる現地時間(PDT)の5月7日(火)に「Pixel」シリーズにて何らかの発表があることを予告しています。

これまでにPixelシリーズではフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」の廉価版となる「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」(ともに仮称)の投入が噂されており、恐らくこれらの新製品の発表があるものと見られます。

日本向けのGoogle ストアにもティザーが公開されているほか、認証情報から日本向けだと思われる型番も見つかっているため、日本でも発売されると予想されています。なお、発表は日本時間(JST)では5月8日(水)を予定しています。

続きを読む

開発者向けイベント「Google I/O 2019」がアメリカ・カルフォルニアにて5月7〜9日に開催!チケットの申込は日本時間2月28日10時までで、今年も抽選で参加可能に


Google I/O 2019が2019年5月7〜9日に開催!

Googleが毎年開催している開発者向けイベント「Google I/O」( https://events.google.com/io/ )ですが、今年は「Google I/O 2019」が2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催されます。

場所は2016〜2018年と同様にアメリカ・カルフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社近くにある「Shoreline Amphitheatre」という会場で行われ、今年も参加するにはチケットが抽選となっており、当選して参加する場合にはチケットの価格が一般で1150ドル(約127,000円)、アカデミックで375ドル(約42,000円)となっています。

チケットの申込は公式Webページ( https://events.google.com/io/registration/ )から行え、申込期間が現地時間(PST)の2019年2月22日(金)10時から2月27日(水)17時までとなっています。日本時間(JST)では2月23日(土)3時から2月28日(木)10時まで。抽選は無作為に行われ、当選者にはPSTの2月28日にメールが届くとのこと。

続きを読む

Google I/O 2018にてスマホなど向け次期OS「Android P」を説明!開発者向けプレビュー版第2弾を公開し、Essential Phoneなどでも利用可能に。バージョンは「9.0」に


Google I/O 2018にてAndroid Pのベータ版がEssential Phoneなどで利用可能に!

Googleは8日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2018年5月8日(水)から5月10日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2018」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、AI(人工知能)を活用して既存の「Google アシスタント」や「Google フォト」、「Google レンズ」、「Google マップ」、「Gmail」などのサービスに新機能を導入することを発表したほか、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android P」についての詳細を説明しました。

Android Pは今夏に正式版が提供開始される予定で、今年3月に開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」の初期バージョン(DP1)がリリースされていましたが、Google I/O 2018に合わせて新たにベータ版となる「Developer Preview 2(incremental update)」(以下、DP2)が配信開始されています。

また今回のDP2からGoogleブランドのスマホ「Pixel 2」や「Pixel 2 XL」、「Pixel」、「Pixel XL」だけではなく、他社のスマホでAndroid Pが試せる「Android P Beta Devices」が発表され、同じく同日より「Sony Xperia XZ2(型番:H8216・H8266・H8296)」および「Xiaomi Mi Mix 2S」、「Nokia 7 Plus」、「OPPO R15 Pro」、「vivo X21」、「vivo X21UD」、「OnePlus 6」、「Essential Phone PH-1」の8機種でAndroid P Developer Previewが試せるようになっています。

なお、このうちで日本で使えるのはEssential Phone PH-1のみで、実際に手持ちのEssential Phone PH-1でAndroid P Developer Previewを導入できることを確認し、導入後も日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が確認できました。

本記事ではGoogle I/O 2018の1日目の基調講演において紹介されたAndroid Pの特徴について紹介します。なお、Android Pのバージョン番号や開発コード名は明らかにされていませんが、これまで通りならAndroid Pに紹介に使われている画面の時計が「9:00」になっていることからAndroid 9.0になると予想されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。