S-MAX

GooglePay

Garminのスマートウォッチなどにて「Suica」が5月21日から利用可能に!初のソーラー充電対応モデル「fēnix 6X Pro」のプレゼントキャンペーンも


Garminのウェアラブル製品がSuicaに対応!タッチ決済などが利用可能に

ガーミンジャパンおよび東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は21日、ガーミンジャパンが販売する「Garmin」のスマートウォッチなどのウェアラブル製品でJR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」が2020年5月21日(木)より利用開始したと発表しています。

これにより、Garminの決済サービス「Garmin Pay」を利用してSuicaの発行やチャージ、電子マネーによる鉄道利用・決済などが行えるようになっています。年会費は無料で、Googleが提供する決済アプリ「Google Pay」を利用します。

またガーミンジャパンではSuica対応を記念してInstagramにてハッシュタグ「 #garminpaysuica 」のハッシュタグとともにGarmin製品にてSuicaが表示された時計画面やアプリ画像を投稿した人の中から抽選で3人にGarmin初のソーラー充電対応モデル「fēnix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

期間は2020年5月21日(木)から6月21日(日)まで。もちろん、fēnix 6X Pro Dual Power Ti Black DLCはSuicaに対応したモデルです。なお、キャンペーンの詳細は同社の公式Instagramアカウント( @garminjp )にて配信するとのこと。

続きを読む

Garminのスマートウォッチなどにて「Suica」が5月下旬以降に利用可能に!Approach S62やfenix 6X・6S・6、Legacyなどの各シリーズが対応


GarminのウェアラブルデバイスがSuicaに対応!5月下旬以降に利用できるように

ガーミンジャパンおよび東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は15日、Garminの新しいウェアラブルデバイスでJR東日本が提供する非接触IC機能「FeliCa」によるタッチ決済「Suica」に2020年5月下旬以降に対応すると発表しています。

Androidスマートフォン(スマホ)もしくはiPhoneとGarminのウェアラブルデバイスをペアリングし、Garmin Connect MobileアプリによってウェアラブルデバイスにSuicaの発行やGoogle Payによるチャージなどが利用できるようになるとのこと。

また発行したSuicaは日本全国の約5000駅、約5万台のバスのほか、交通系電子マネーとして約94万店舗(2020年3月末時点)で交通チケット(切符)や支払いに利用可能。なお、Suicaを利用するには各対応製品のソフトウェア更新が必要となっています。

続きを読む

決済サービス「Kyash」がApple Payに対応!iPhoneなどにてタッチ決済「QUICPay」で利用可能。Google Payもポイント還元対象に


KyashがApple Payに対応!Google Payも含めて最大1%還元

Kyashは7日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向け送金・決済サービス「Kyash」が「Apple Pay」に2020年4月7日(火)から対応したと発表しています。FeliCaに対応するiPhone 7シリーズ以降およびApple Watch Series 2以降で利用可能。

Kyashから「Kyash Card Virtual」を発行するとすぐにApple Payへ設定でき、非接触ICによるタッチ決済「QUICPay+」(2019年12月時点で国内決済端末数約113万)としてモバイル機器のみで支払いが完結するスムーズな決済が可能となります。

続きを読む

三井住友カード、プリペイドカード「Visaプリペ」も次世代デザインにリニューアル!Apple Payに続いてGoogle Payにも対応


三井住友カードのプリペイドカード「Visaプリペ」がApple Payに続いてGoogle Payにも対応!

三井住友カードは2日、今年2月にリニューアルした同社のクレジットカードに続いてプリペイドカード「Visaプリペ」も次世代カードとして2020年3月2日(月)からリニューアルすると発表しています。

Visaプリペは昨年9月から提供されているVisaの非接触IC機能「NFC Type A/B」によるタッチ決済「Visaのタッチ決済」に対応したプリペイドカードで、審査不要で6歳(小学生)以上から発行手数料無料で持てます。

これまでも「Apple Pay」に対応していましたが、次世代カードのVisaプリペではクレジットカードと同様に表にカード番号がない新デザインでの発行が開始されるほか、新たに既存カードも含めてアプリ連携や「Google Pay」にも対応しています。

続きを読む

決済サービス「LINE Pay」の「LINE Payカード」や「QUICPay+/Google Pay」による支払いでもLINEポイントが利用可能に


LINE PayカードやQUICPay+の支払いにLINEポイントが利用できるように!

LINE Payは12日、同社が提供する決済サービス「LINE Pay」において提供しているプリペイドカード「LINE Pay カード」および「QUICPay+」(Google Pay)による支払いに「LINEポイント」を2020年2月12日(水)から使えるようになったとお知らせしています。

LINE PayカードおよびQUICPay+でLINEポイントを利用するには事前にコミュニケーションサービス「LINE」のスマートフォン(スマホ)向けアプリにおける「ウォレット」タブから「残高」→「LINE Payカード」→「LINEポイントを使用」を選択して「確認」を押して設定しておく必要があります。

確認を押した後に「LINEポイント使用」の右横にあるボタンが緑色に変わったら設定完了となります。LINE Payカードは別途、申請することでプラスチックカードも発行でき、JCBブランドのプリペイドカードが使える店舗で支払いが可能。またQUICPay+はAndroidのみですが、非接触IC機能によるタッチ決済ができます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。