Android向けセキュリティー機能「Google Play Protect」が提供開始!

Googleが今年5月に開催した開発者イベント「Google I/O 2017」にて発表したAndroid用の包括的なセキュリティーサービス「Google Play Protect」の提供を開始しています。

各Android搭載製品へ段階的に提供されており、Google Play Services 11以降が必要とのこと。提供されると、設定の「Google」→「セキュリティ」内に「Google Play Protect」(日本語環境なら「Google Play プロテクト」)という項目ができます(機種によっては「アプリの確認」などと名称が違うとのこと)。

これにより、アプリやゲーム、映像、電子書籍などのさまざまなコンテンツを配信するマーケット「Google Playストア」におけるアプリだけでなく、それ以外のアプリについてもウイルスなどを検出するようになります。

続きを読む