S-MAX

HMD

秋吉 健のArcaic Singularity:現実世界と仮想空間の最前線!2020年最新のxR事情について各社の取り組みやデバイス・技術の進化から考察する【コラム】


2020年の最新xR事情を追いかけてみた!

筆者は1月22日、NTTドコモの通信関連技術の展示会「DOCOMO Open House 2020」を取材するため、東京ビッグサイトにいました。会場では今年春から日本でも各移動体通信事業者(MNO)によって本サービスが開始される、第5世代通信システム「5G」に関連した展示が数多く行われ、5Gを使ったB2Bソリューションや技術展示が行われる中、筆者はひたすら1つのテーマを追いかけてブースを走り回っていました。それは「xR」技術です。

本連載でも過去に取り上げたことのあるxRですが、まだまだ一般には浸透しきっていない技術分野です。xRとは、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、SR(代替現実)、そしてMR(複合現実)などを総称する際に用いられる名称です。

みなさんもARやVRあたりは聞き馴染みがあるかもしれません。例えば2016年のサービス開始以来、今でも根強い人気を誇るスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」は、AR技術を使ったゲームとして空前のARアプリブームを巻き起こしました。

DOCOMO Open House 2020では、5Gの優位性をアピールするための手段としてxR技術を用いていましたが、具体的にはどういった点で5Gとの親和性があるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はxR技術の最新情報を中心に、xRサービス実用化の可能性などについて考察します。

続きを読む

これが良いよりこれでイイ!Facebook傘下のオキュラスが発売した約2.4万円からの低価格な単体で使えるVRヘッドセット「Oculus Go」を購入【レビュー】


スタンドアローン型VR HMD「Oculus Go」を買ったので紹介!

既報通り、Facebook傘下のOculus(以下、オキュラス)が税込23,800円からという驚異的に安価なスタンドアローン型のVRヘッドセット「Oculus Go」を販売開始しました。

Oculus Goは昨年に発表されていましたが、Facebookの開発者向けイベント「F8 2018」の基調講演にて販売開始が案内され、現地時間5月1日(日本時間5月2日深夜)より日本を含む各国で購入できるようになりました。

筆者も基調講演の間に直販Webサイトにて64GBモデルを注文し、2日後の5月4日には香港から手元に届きました。もちろん日本で利用するための認証(いわゆる「技適マーク」)などはクリアされています。

筆者は他のVRデバイスも所有しますし、アプリ開発もしていますが、ここでは少し一般向けに「Oculus Goは何か」や「何ができるのか」などをVR初心者の方でも理解しやすいような解説を交えてレビューしたいと思います(※なので、VRに詳しいよ!という方は既知の部分は読み飛ばしてください)。


続きを読む

Microsoft、パソコンなど向けOS「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」を10月17日に提供開始すると発表!新たな低価格MR HMDも同日発売に


マイクロソフトがWindows 10の次期大型バージョン「Fall Creators Update」を10月17日をリリース!

Microsoftは1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」における基調講演にてパソコン(PC)など向けOS「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」を2017年10月17日(火)に提供開始すると発表しています。

Fall Creators UpdateはWindows 10の4回目の大型アップデートで、今年5月に開催された開発者向けイベント「Build 2017」にて発表され、今秋にリリースされることが案内されていました。なお、開発コード名は「Redstone 3(RS3)」で、すでに先行して試せるFast Ringにて少しずつFall Creators Updateの内容が提供されていますが、正式版の配信開始日が明らかになりました。

今春に提供開始された前回の大型アップデート「Creators Update」に続いてクリエイター向け機能が強化され、新たにStory Remixアプリが提供され、AIを用いて写真や動画の編集がより手軽に行えるようになるほか、クラウドベースでWindows 10だけでなく、iOSやAndroidともクリップボード(コピー&ペースト情報)が共有される「Cloud-powered Clipboard」などの新機能も導入されます。

また同社では同じく10月17日に「HoloLens」の技術を応用した「Microsoft MR(Mixed Reality)」対応の新しいヘッドマウントディスプレイ(HMD)がAcerやASUSTeK Computer、Dell、HP、Lenovoといったパートナーのメーカーから販売開始されるとお知らせしています。

続きを読む

HTC NIPPON、VR空間内に身体ごと没入できる「6DoF」対応の世界初モバイルVR HMD「LINK」を発表!ソフトバンクなどから販売され、「攻殻機動隊ARISE」ともタイアップ


HTCがスマホと接続して使えるVR HMD「LINK」を発表!

HTC NIPPONは25日、VR空間内を動き回れる性能「6DoF」に対応したHTC製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」に接続するモバイルVR(拡張現実)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「LINK」を発表しています。

日本ではHTC U11と同様に携帯電話会社から販売予定であると案内され、同日にソフトバンクより「HTC U11(型番:601HT)」とともに販売されることが発表されています。ソフトバンクではLINKは2017年7月下旬以降に発売予定で、価格は未定。

また最先端技術で未来を切り開いていくHTCと、同じく未来を精緻に描きだしてきたマンガ・アニメ「攻殻機動隊」とがタイアップ( http://www.htc.com/jp/htc-u11-special/ )し、HTC U11およびLINKを合わせてプロモーションで広めていくということです。

続きを読む

日本マイクロソフト、Windows 10搭載の複合現実を実現するHMD「HoloLens」の国内予約受付を12月2日に開始!価格は税込36万円で、2017年初頭に出荷予定


マイクロソフトが「HoloLens」を日本でも発売!

日本マイクロソフトは29日、Windows 10を搭載した世界初のヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens」の国内予約受付を2016年12月2日(金)に開始すると発表しています。

予約・販売は公式Webショップ「Microsoft Store」のみで行われ、価格(税抜)は開発者向けの「Microsoft HoloLens Development Edition」が333,800円、法人向けの「Microsoft HoloLens Commercial Suite」が555,800円。税込なら360,504円および600,264円。

合わせて専用リモコン「Clicker」を税抜8,800円(税込9,504円)で販売されます。それぞれ出荷は2017年初頭を予定しているとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。