S-MAX

HMD

Microsoft、パソコンなど向けOS「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」を10月17日に提供開始すると発表!新たな低価格MR HMDも同日発売に


マイクロソフトがWindows 10の次期大型バージョン「Fall Creators Update」を10月17日をリリース!

Microsoftは1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」における基調講演にてパソコン(PC)など向けOS「Windows 10」の次期大型アップデート「Fall Creators Update」を2017年10月17日(火)に提供開始すると発表しています。

Fall Creators UpdateはWindows 10の4回目の大型アップデートで、今年5月に開催された開発者向けイベント「Build 2017」にて発表され、今秋にリリースされることが案内されていました。なお、開発コード名は「Redstone 3(RS3)」で、すでに先行して試せるFast Ringにて少しずつFall Creators Updateの内容が提供されていますが、正式版の配信開始日が明らかになりました。

今春に提供開始された前回の大型アップデート「Creators Update」に続いてクリエイター向け機能が強化され、新たにStory Remixアプリが提供され、AIを用いて写真や動画の編集がより手軽に行えるようになるほか、クラウドベースでWindows 10だけでなく、iOSやAndroidともクリップボード(コピー&ペースト情報)が共有される「Cloud-powered Clipboard」などの新機能も導入されます。

また同社では同じく10月17日に「HoloLens」の技術を応用した「Microsoft MR(Mixed Reality)」対応の新しいヘッドマウントディスプレイ(HMD)がAcerやASUSTeK Computer、Dell、HP、Lenovoといったパートナーのメーカーから販売開始されるとお知らせしています。

続きを読む

HTC NIPPON、VR空間内に身体ごと没入できる「6DoF」対応の世界初モバイルVR HMD「LINK」を発表!ソフトバンクなどから販売され、「攻殻機動隊ARISE」ともタイアップ


HTCがスマホと接続して使えるVR HMD「LINK」を発表!

HTC NIPPONは25日、VR空間内を動き回れる性能「6DoF」に対応したHTC製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」に接続するモバイルVR(拡張現実)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「LINK」を発表しています。

日本ではHTC U11と同様に携帯電話会社から販売予定であると案内され、同日にソフトバンクより「HTC U11(型番:601HT)」とともに販売されることが発表されています。ソフトバンクではLINKは2017年7月下旬以降に発売予定で、価格は未定。

また最先端技術で未来を切り開いていくHTCと、同じく未来を精緻に描きだしてきたマンガ・アニメ「攻殻機動隊」とがタイアップ( http://www.htc.com/jp/htc-u11-special/ )し、HTC U11およびLINKを合わせてプロモーションで広めていくということです。

続きを読む

日本マイクロソフト、Windows 10搭載の複合現実を実現するHMD「HoloLens」の国内予約受付を12月2日に開始!価格は税込36万円で、2017年初頭に出荷予定


マイクロソフトが「HoloLens」を日本でも発売!

日本マイクロソフトは29日、Windows 10を搭載した世界初のヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens」の国内予約受付を2016年12月2日(金)に開始すると発表しています。

予約・販売は公式Webショップ「Microsoft Store」のみで行われ、価格(税抜)は開発者向けの「Microsoft HoloLens Development Edition」が333,800円、法人向けの「Microsoft HoloLens Commercial Suite」が555,800円。税込なら360,504円および600,264円。

合わせて専用リモコン「Clicker」を税抜8,800円(税込9,504円)で販売されます。それぞれ出荷は2017年初頭を予定しているとのこと。

続きを読む

Google、汎用のスマホを装着して利用するVRなど用ヘッドセット「Daydream View」を発表!Pixelなどに対応し、79ドルで11月に発売予定


Googleがスマホを装着するVR用ヘッドセット「Daydream View」を発表!

Googleは4日(現地時間)、新製品発表会「Oct. 4 – Google」( https://madeby.google.com )を開催し、汎用性のあるスマートフォン(スマホ)を装着してヘッドマウントディスプレイ(HMD)として利用できるバーチャルリアリティー(VR)用ヘッドセット「Daydream View」を発表しています。

特長はモーションセンサーを内蔵したリモコンが付属し、リモコンから操作が可能な点。リモコンはヘッドセット本体に収納可能。価格は79ドル(約8,000円)で、アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリア、ドイツで販売され、アメリカでは2016年10月20日(木)に予約開始され、発売時期は11月以降を予定しています。

続きを読む

3千円弱と割安ながら基本機能を装備!お手軽にはじめられるスマホを使ったVRゴーグル「SoundSOUL G3」を使ってみた【レビュー】

スマホを装着してお手軽に360°映像が楽しめるVRゴーグル「SoundSOUL G3」を紹介!

スマートフォン(スマホ)の画面を使ったVR(バーチャルリアリティー)用ゴーグルは、簡易的な紙製のものやタッチインターフェイスを搭載しGalaxy専用の「Gear VR」(サムスン電子製)などさまざまな製品が登場している。

というのも、スマホとVRゴーグルの相性は良く、ケーブルレスで好きな場所で体験できるという特徴があるからだ。映像だけではなく音についてもヘッドホンやイヤホンを使用することでより楽しめるようになっている。

そのため、簡易的なものでも没入感のある360°の静止画や動画が楽しめるほか、通常の2D映像も目の前に広がる大画面シアターのような感覚で楽しむことができる。

これまでにもGear VRだけでなく、最も簡易的な「Google Cardboard」や周辺機器メーカーの割安な製品を紹介してきたが、今回も実売2,750円と割安ながらVRゴーグルとしての基本を抑えた「SoundSOUL G3」(サウンドソウル製)を紹介してみたいと思う。


続きを読む

ポケモンGOにも最適!?メガネに装着して透過型HMDとして使えるウェアラブルディスプレイ「VUFINE」が国内販売開始


ゼロから始めるスマートフォン

VUFINEは12日、スマートフォン(スマホ)などと連携してメガネに装着して使うウェアラブルディスプレイ「VUFINE(ビューファイン)」を2016年7月12日(火)に日本で販売開始したと発表しています。

販売拠点は「Amazon.co.jp」で、価格は25,800円(税込)。現在は国内販売直後につき断続的に在庫切れとなっていますが、数日ごとに入荷・受注を再開しているとのことです。

続きを読む

臨場感ある2D・3D映像が楽しめる!iPhoneなどの3.5〜6インチスマホを装着して使えるVRゴーグル「Arealer VRroom」を試してみた【レビュー】


いつでもどこでも2D・3D映像体験ができる!低価格なスマホ用VRゴーグル「Arealer VRroam」を試す

最近では安価で簡単に組み立てて利用できる段ボール製のバーチャルリアリティー(VR)用ゴーグル(グラス・メガネ)が登場するなど、VRに注目が集まっています。

これらの段ボール製などのVRゴーグルは手持ちのスマートフォン(スマホ)を装着して、画面に現実世界のように見える映像が映しだされ、ひとたびVRゴーグルを装着しグルっと360度見渡せば、楽しい世界が広がります!

そこで今回は段ボール製よりもしっかりとしていて本体にイヤホンなどのケーブルを装着できるArealer製「VRroom(3D・VRメガネ 3Dゴーグル 3Dムービー ゲームヘッドセット 3.5-6.0インチのAndroid iOSのスマートフォン用)」を実際に試してみたのでレビューしたいと思います。

続きを読む

TCL、Googleが推進するVRプラットフォーム「Daydream」に対応したAlcatelブランドのスマホを2017年前半に発売すると発表!日本での発売にも期待


AlcatelがDaydream-ready スマートフォンを2017年前半に投入!写真は同社のIDOL 4S用VR HMDになる個装箱

TCL Communicationsは26日(現地時間)、同社が展開するブランド「Alcatel(アルカテル)」においてGoogleが発表したバーチャルリアリティー(VR)プラットフォーム「Daydream」に対応したDaydream-ready スマートフォン(スマホ)を2017年前半に投入すると発表しています。

すでにGoogleがDaydreamを発表した「Google I/O 2016」の基調講演でもDaydream-ready製品を開発しているメーカーとしてAlcatelが挙げられていましたが、改めて投入時期が発表されました。

なお、他にSamsung ElectronicsやHTC、LG Electronics、Xiaomi Communications、Huawei Technologies、ZTE、ASUSTeK Computerの8つのメーカーがDaydream-ready製品の開発をしていると案内されています。

続きを読む

人気の「進撃の巨人」や「攻殻機動隊」のVR映像を体験できる「VR THEATER」を4月7日より複合カフェでスタート【レポート】

TVや映画でもない新しい映像体験!VR THEATERの発表会をレポート

インターピアおよびeje、日本複合カフェ協会は5日、都内にて「『VR THEATER』プレス体験会」を開催し、全国の複合カフェ(ネットカフェ)を中心に店舗常設型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)VR(ヴァーチャル・リアリティー)シアターサービス「VR THEATER」を2016年4月7日(木)より東京近郊31店舗でスタートすることを発表した。

VR THEATERは「Gear VR」(サムスン電子製)を用いて360°VRコンテンツを楽しむというもので、有料の第1弾コンテンツとして「進撃の巨人 360°体感シアター”哮”」、5月リリース予定の第2弾コンテンツ「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」(完成版)が視聴可能となる。

コンテンツの視聴には、インターピアが開発したコンテンツ課金・店頭決済システムによって行われる。有料コンテンツ以外に無料コンテンツも用意されており、店舗でVR体験をすることでGear VRをはじめとする今後発売されるVR機器購入の参考にして欲しいとのこと。VR機器の普及やコンテンツ購入が浸透することで、国内のVRコンテンツ産業を盛り上げていくという狙いもこめられている。

今回は、このVR THEATERの視聴方法とVR視聴体験をレポートしていきたいと思う。

続きを読む

50名しか参加できなかった「Underworld」のVRライブが「Gear VR」体験スペースで無料で観られる!渋谷PARCOで体験してきたので写真と動画で紹介【レポート】

UnderworldのVRライブが無料で体験できるイベントを開催

サムスン電子ジャパンが2016年3月19日(土)から4月1日(金)の期間に東京・渋谷PARCOの「Gear VR」体験スペースにおいて先日3月12日に開催された「Underworld」のライブイベントの360°VR映像コンテンツの体験が実施されている。

Gear VRの体験スペースは、世界的デザイン集団「TOMATO」結成25周年記念大型企画展「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION "O"」を開催中の渋谷PARCO PART1の8Fのエスカレータ横のイベントスペースで、13時から~19時までの間誰でも無料で体験できる。

ライブ当日のGear VRによる360°VR映像はライブストリーミングの画質だったが、現在体験できる映像は当日の4K映像素材をTOMATOが編集したもの。今回はこのイベントスペースとライブ映像をレポートしていきたいと思う。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。