S-MAX

HTC_Vive

東京ゲームショウ2016:ソーシャルゲームの展示がない?地味になった?大きく変わった「グリー」ブースを写真で紹介【レポート】

今年のグリーは雰囲気が違うぞ?東京ゲームショウ2016のGREEブースを紹介

千葉・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)の4日間に渡って国内最大のゲーム関連の展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催された。

今年の東京ゲームショウの特色としてここ数年で盛況だったスマートフォン(スマホ)など向けの「ソーシャルゲーム」の出展が激減している。会場で目にしたスマホなどのゲームアプリは、課金型のアプリが多く、どうやら出展するプロモーションの仕方が変わってきているようだ。

もっともその傾向が見られたのがグリー(GREE)のブースだ。これまでの同ブースは、明るく大きなブースに派手なイベントが行われていたが、今年のグリーブースは黒一色、そして、派手なステージやソーシャルゲームの試遊台が皆無だった。

筆者が毎年取材してきているグリーブースが今回どのような展示を行っていたのかを紹介していく。

続きを読む

東京ゲームショウ2016:うららが帰ってきた!HTC、auの次世代VR「Linked-door」で「スペースチャンネル5」のデモを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
「スペースチャンネル5」がauのVR「Linked-door」で登場!モロ星人もいるモロ

千葉県・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)に国内最大のゲームやその関連製品が出展される展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されています。

今回は、HTCブース内にて行われていたVRシステム「HTC Vive」を利用したデモンストレーションとして、auが開発中のVR空間コミュニケーション「Linked-door」によってセガの人気リズムゲームシリーズ「スペースチャンネル5」をVRで体験できるコーナーを出展していたので紹介します。

続きを読む

東京ゲームショウ2016にHTCが初出展!VR HMD「Vive」でゲーム「乖離性ミリオンアーサー」などが試せるブースを事前説明【レポート】


HTCが東京ゲームショウに初出展!VR HMD「HTC Vive」で新機軸へ

HTC NIPPONは12日、都内にて「東京ゲームショウ出展に関する事前記者説明会」を開催し、HTCがスマートフォン(スマホ)に加えた新しい軸として展開するVR HMD(バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」の試遊できるブースを「東京ゲームショウ2016」に出展すると発表しました。

これは千葉・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)まで開催される東京ゲームショウ2016(一般公開は17・18日のみ)に初出展することを記念して行われたもの。

HTC本社から北アジア統括代表取締役のJack Tong(ジャック・トン)氏のスピーチをはじめ、日本AMDや講談社、KDDI、ドスパラ、スクエア・エニックス、グリーなどパートナー企業の祝辞が披露されました。今回はHTC NIPPONが東京ゲームショウ2016でどうった展示を行うのか紹介します。

続きを読む

HTC、VR HMD「Vive」のコンシューマー版を日本時間3月1日0時から予約開始!価格は日本では11万1999円に――4月5日より順次出荷に


VR HMD「HTC Vive」の日本での価格は11万1999円に!

HTCは28日(現地時間)、アメリカのゲーム制作会社であるValveとともに開発している同社初のVR HMD(バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」のコンシューマー版について日本での価格を発表しています。

価格は111,999円で、税金および送料は予約・販売サイト( http://www.htcvive.com/jp/ )における購入時のチェックアウトにて表示されます。コンシューマー版は2つのワイヤレスコントローラやルームスケールを測定するセンサー、前面にカメラおよびフォンサービスが搭載されているHMD、さらに3つのタイトルが同梱されます。

続きを読む

HTC、VR HMD「Vive」のコンシューマー版を日本を含む24カ国で4月上旬に発売!予約は日本時間3月1日0時から――価格はアメリカでは799ドル(約9万円)


VR HMD「HTC Vive」が日本を含めて24カ国で発売!

HTCは21日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせてアメリカのゲーム制作会社であるValveとともに開発している同社初のVR HMD(バーチャルリアリティー・ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」のコンシューマー版を発表しています。

発売は2016年4月上旬を予定しており、発売に先立って東部標準時間の2016年2月29日(月)10時(日本時間3月1日0時)より事前予約受付が開始され、価格はアメリカでは799ドル(約9万円)。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではすでに紹介していましたが、日本も販売地域に含まれており、同時に予約・販売が開始され、すでに予約販売サイト( http://www.htcvive.com/jp/ )がプレオープンしています。なお、販売は24カ国・地域を予定。

パッケージは、VRソリューションがセットになっており、2つのワイヤレスVRコントローラーやルームスケールの測定を行うセンサー、フロントカメラおよび電話機能搭載HMDが同梱されます。

さらに期間限定で2つの体験用VRタイトルもセットされ、すぐにVR体験できるようになっています。なお、Steam VRとのインテグレーションにより、HTC Viveは常に最新の機能にアップデートされるようになっているとのことです。

続きを読む

HTCのVR HMD「HTC Vive」が日本でも4月に発売へ!2月末より予約受付スタート――その魅力をいち早く体験してきた【レポート】


VR HMD「HTC Vive」を試してきた!

スマートフォン(スマホ)がかなり浸透し、次の技術革新はなにかとばかりにウェアラブルやIoTなどのさまざまな製品が出てきていますが、その中でも今年にブレイクしそうなのがバーチャルリアリティー(VR)が楽しめるヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。

そんなVR HMDをスマホメーカーでもあるHTCがValve(バルブ)との共同で開発している製品が「HTC Vive(エイチ・ティー・シー・バイブ)」です。海外では2月29日に予約が開始され、4月に発売予定となっています。

今回、日本でこのHTC Viveを実際に装着し、魅力をいち早く体験することができると聞き、先日筆者はHTC NIPPONへと足を運びました。そこで本記事では、HTC Viveを体験してみて受けた印象、加えて、当日聞くことができた日本向けの販売予定などの気になる今後の展開についてレポートしていきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。