Webブラウザに表示される鍵マークと「https」が安全な通信のポイント

スマートフォンの普及により、いつでもどこでもWebページを活用できるようになりました。Webページ自体の用途も広がり、モバイルバンキングなど他人に知られては困る情報をWebページに入力することも珍しくなくなりました。Webブラウザにはこのような通信を安全に行う暗号化のしくみが備わっていますが、Webページ側が暗号化のしくみを利用していない場合には意味がありません。

そこで今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、Webページを取得する際に暗号化されているかどうかによる通信内容の変化をネットワークツールを用いて調べることにより、暗号化されていない通信は内容が簡単に盗み見されうることを示します。暗号化のしくみを知ってWebページを安全に楽しみましょう。

続きを読む