S-MAX

HW-01K

NTTドコモのトリプルカメラ搭載フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が機種変更でも3.4万円割引で実質約2.6万円に!都内の家電量販店でキャンペーン


shimajiro@mobiler

背面には3つのカメラ「トリプルカメラ」が搭載され、今夏の注目機種のひとつとなっているHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro」だが、日本ではNTTドコモ専売で6月15日から販売されている。

価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では本体価格は約10.3万円、実質価格は他社から乗り換え(MNP)契約時に約2.2万円、新規・機種変更時に約5.7万円となっているが、東京都内のヨドバシカメラにて機種変更でも通常価格より約3.4万円割引されるキャンペーンが実施されていた(金額はすべて税込)。

機種変更で購入する場合にはヨドバシカメラでのNTTドコモ版「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の本体価格は約10.7万円だが、ここから店舗限定割引が約3.4万円、月々サポートが約4.6万円適用され、実質価格は約2.6万円(24カ月払いで1,080円/月)となっており、早くもMNPに近い実質価格まで値下げされている。

続きを読む

NTTドコモ向け最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」でスクリーンショットの音を無音化してみた!ルート化は必要なく、adbコマンドだけで可能【ハウツー】


docomoスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」でスクリーンショット音を無音化!

背面に3つのカメラ「トリプルカメラ」が搭載され、今夏モデルでは注目機種のひとつとなっているHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro」ですが、日本ではNTTドコモ専売として「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が6月15日から販売されています。

そんなHUAWEI P20 Pro HW-01Kですが、NTTドコモ版ということでこれまでのファーウェイのSIMフリースマホとは異なり、かなりグローバル版と違って仕様が変更されており、例えば、ファーウェイのホームアプリ「Huaweiホーム」ではアプリ一覧(ドロワー)が利用できなくなっていたりします。

これくらいならまだドロワーがあるアプリをGoogle Playストアからインストールすれば良いですし、Huaweiホームのドロワーも隠されているだけで実際には利用する方法があったりしますが、その他にもMiracastに対応していなかったり、赤外線アプリがプリインストールされていなかったりとさまざまな違いがあります。

そんなグローバル版との違いのひとつに画面を画像として保存する「スクリーンショット撮影(画面キャプチャー)」の際に音が出る仕様もあるのですが、今回はHUAWEI P20 Pro HW-01Kでスクリーンショット撮影時の音を無音化する方法を紹介したいと思います。

続きを読む

スマホ最強の夜景カメラ「HUAWEI P20 Pro」で上海の100万ドルの夜景を撮影してきた!本当に三脚なしで手軽にキレイな夜景が撮れる【レビュー】


shimajiro@mobiler

NTTドコモから6月15日に発売されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro」。背面には初の3つのカメラ「トリプルカメラ」が搭載され、今夏モデルでは注目機種のひとつとなっている。

中でも同社が「三脚はいらない」とまで言うAIを活用した手ぶれ補正「HUAWEI AIS」による撮影は圧巻で、夜景や暗所での撮影はスマホカメラとしては“異次元”と言えるほどだ。

そこで今回は実際にHUAWEI P20 Proにて“100万ドルの夜景”とも形容される中国・上海の夜景を撮影してみたので紹介する。なお、すでに紹介している今夏注目スマホ7機種でのカメラ比較(夜景編)も参考にしてみて欲しい。

続きを読む

今夏、“注目せずにはいられない”。ライカのトリプルカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を購入!開封して外観や同梱品を紹介【レビュー】


日本ではdocomo専売のファーウェイ製スマホ「HUAWEI P20 Pro」を購入!

NTTドコモの「2018年夏モデル」として6月15日に発売になったHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」。ファーウェイが今年3月に発表し、海外では4月から販売されている「HUAWEI P20 Pro」のNTTドコモ版で、日本国内ではNTTドコモ専売となりました。

特徴はなんと言っても約4000万画素カメラを含む「トリプルカメラ」はライカによるチューニングが行われており、発表後から非常に評価が高く、カメラの評価団体「DxOMark」で最高得点の109点となっているほか、国内向けの機能として「おサイフケータイ(FeliCa)」に対応するなど、話題性も高く注目を集めています。

また基本スペックについてもAIに最適化されたNPUを搭載したオクタコアCPU「Kirin 970」を搭載し、内蔵メインー(RAM)は6GB、内蔵ストレージ(ROM)も128GB、約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機ELディスプレイ、さらに防水・防塵にも対応するなど、フラッグシップモデルらしい豪華な仕様になっています。

さっそくですが、筆者も発売されたばかりのHUAWEI P20 Pro HW-01Kを購入しましたので、今回は写真で開封レポートをお送りいたします。

続きを読む

NTTドコモ、トリプルカメラを搭載した最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を6月15日に発売!先着1万人に5千dポイントをプレゼントするキャンペーンも実施


docomo向けスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が6月15日発売!

NTTドコモは11日、今夏に発売する「2018年夏モデル」のうちのアスペクト比9:19の縦長な約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機ELディスプレイ(約408ppi)を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(Huawei Technologies製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。

ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは6月13日(水)10時より購入手続きが開始されます。

価格(税込)は本体代金が103,680円(分割4,320円/月×24回)で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更(契約変更含む)なら57,024円(分割2,376円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら22,680円(分割945円/月×24回)。

なお、ケータイWatchなどにてHUAWEI P20 Pro HW-01Kがドコモオンラインショップで新規契約・MNPなら5,400円OFFになるクーポンを配布しています。リンクからクーポン発行ID「2KWA1806」をメモし、クーポン発行サイトにて入力すれば入手可能。現時点でもゲットできるようになっていますが、数量限定ということなので欲しい人はお早めに。クーポン利用期限は6月30日(土)まで。

またHUAWEI P20 Pro HW-01Kを購入して専用キャンペーンWebサイト( http://huawei-cpn.jp/ )から応募したdポイントクラブ会員の中から先着1万人にdポイント5,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施します。期間は購入が発売日から2018年8月31日(金)まで、応募が発売日から2018年9月10日(月)まで。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。