UQがモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」を発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は15日、高速通信サービス「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)に対応した新サービスおよび新商品を披露する「WiMAX 2+ 新サービス・新デバイス発表会」を開催し、下り最大220Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター2機種と、据置型でははじめてWiMAX 2+に対応した下り最大110Mbpsのルーター1機種を発表しています。

下り最大220Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーターのうちの1機種はWiMAX 2+においてLTE-Advancedの技術要素である「キャリアアグリゲーション(CA)」に対応した「Speed Wi-Fi NEXT W01(メーカー型番:HWD31)」(Huawei Technologies製)で、2015年1月16日(金)に事前予約開始、2015年1月30日(金)に発売予定となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W01は下り最大75Mbpsおよび上り最大25Mbpsまでの「au 4G LTE」(FDD-LTE方式)にも対応していますが、WiMAXには非対応で、ハイスピードモード(WiMAX 2+のみ)とハイスピードプラスモード(WiMAX 2+とau 4G LTE)を選択して利用します。ハイスピードプラスモードを利用するにはLTEオプション月額1,005円(税抜)が必要。

価格は公式Webストア「UQ WiMAXオンランショップ」では2年契約の「UQ Flat ツープラス」もしくは「UQ Flat ツープラス ギガ放題」に加入しておトク割提供時で単体で2,800円(税抜)、クレードルセットで4,800円(税抜)。なお、CAに対応した下り最大220Mbpsは2015年3月末を予定しているファームウェアのバージョンアップを適用することで利用できるようになります。

続きを読む