S-MAX

HuaweiWatch2

パーソナルトレーニング機能を重視!丸型ディスプレイのAndroid Wearスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」を写真と動画で紹介【レポート】


スポーツタイプのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」が発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月9日よりOSに「Android Wear」を採用した腕時計型ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)「HUAWEI WATCH 2」の販売開始した。価格はオープンながら市場予想価格が34,800円(税別)。

HUAWEI WATCH 2は、初代「HUAWEI WATCH」と同様に丸型の約1.2インチAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、昨年発売したウェアラブル端末「HUAWEI FIT」のパーソナルトレーニング機能を併せ持つスポーツタイプのスマートウォッチだ。

主なスペックとして画面解像度390×390ドットのほか、420mAhバッテリーやBluetooth 4.1、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、768MB内蔵メモリー(RAM)、4GB内蔵ストレージ、防水・防塵 IP658など。バッテリーは通常使用で約2日間、GPSと連続心拍データ稼働で約7時間、ウオッチモード(歩数計測時)で約3週間としている。

今回は6月6日に開催されたファーウェイ・ジャパン新製品発表会のタッチ&トライコーナーにてHUAWEI WATCH 2の実機を触ることができたので、外観や気になる特長を写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

ファーウェイ、発売直後のSIMフリースマホ「HUAWEI P10・P10 Plus・P10 lite」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」のタッチ&トライイベントを開催中!プレゼント企画も【レポート】


ファーウェイの新フラグシップスマホなどを体験できるイベントを開催!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月9日にフラグシップモデルである「HUAWEI P」シリーズの新製品となる「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」および「HUAWEI P10(型番:VTR-K29B)」、「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」、そしてアクティブユーザーにも対応できるスマートウォッチ「HUAWEI Watch 2(型番:LEO-BX9)」(ともにHuawei Technologies製)を発売しました。

それに伴ってビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機の一部店舗で新製品のタッチ&トライイベントを開催しています。筆者もさっそく東京・秋葉原にあるヨドバシカメラマルチメディアAkibaにある会場を訪れたのでその模様をレポートしたいと思います。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが6月6日に新製品を発表へ!ティザー画像を公開し、最新スマホのHUAWEI P10・P10 Plus・P10 LiteやスマートウォッチのHUAWEI Watch 2を日本発売か


ファーウェイがスマホ「

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は1日、同社の公式Twitterアカウントにて『【SAVE THE DATE: 2017.06.06】「隠れている製品名を探せ!」』としてティザー画像を投稿し、2017年6月6日(火)に新製品を発表することを示唆しています。

投稿された画像には「P10」や「P10 Plus」、「P10 Lite」、「Watch 2」といった製品名が隠れているため、これらの「HUAWEI P10」や「HUAWEI P10 Plus」、「HUAWEI P10 Lite」、「HUAWEI Watch 2」の日本発売が発表されるのではないかと見られます。

またヨドバシカメラ マルチメディア梅田では6月9日(金)から18日(日)までの期間に「ファーウェイ新モデルタッチ&トライ」イベントを実施し、先日発表された「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」および「HUAWEI MediaPad T3 10」と合わせてP10・P10 Plus・P10 Liteが展示されるそうなのでこれらの3機種は間違いなさそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。