S-MAX

IBM

オートバックスが車のタイヤの減り具合をチェックするサービス「かんたん タイヤ画像診断」を提供開始!スマホなどで撮ってAIで解析、IBM Watsonを利用


ゼロから始めるスマートフォン

車用品店最大手のオートバックスは26日、スマートフォン(スマホ)などのカメラで撮影して人工知能(AI)を使ってタイヤの摩耗状態をチェックするサービス「かんたん タイヤ画像診断」を2017年9月26日(火)より提供開始したと発表しています。

日本IBMが開発するAI「IBM Watson」の画像認識機能を活用し、あらかじめ登録されている数百枚におよぶさまざまな状態のタイヤ画像の中から送信されたタイヤ画像に近い画像をピックアップして、摩耗状態を判別するサービスです。

続きを読む

ソフトバンクとIBM、クイズ王に勝った言語解析・認識技術「Watson」を日本語対応へ提携!ヒト型ロボット「Pepper」に活用ーーPepperの一般発売は6〜8月に、まずは2月に開発者向けに販売


Pepperの一般発売は6〜8月に!IBM Watsonでさらに進化へ

IBMの日本法人である日本アイ・ビー・エムとソフトバンクテレコムは10日、日本でのコグニティブ・コンピューティング技術「IBM Watson(以下、Watson)」の開発と市場への導入において戦略的に提携することで合意したと発表しています。

これにより、Watsonが日本語を理解できるように開発が進められ、IBMが推進するコグニティブ・コンピューティングの導入を加速し、ソフトバンクテレコムは日本の社会とビジネスの変革を推進するとしています。

また、同日に開催されたソフトバンクの2014年度第3四半期(10〜12月)決算説明会では代表取締役社長の孫正義氏がすでに発表し、現在、ソフトバンクショップなどで稼働しているヒト型ロボット「Pepper」にもWatsonの技術を利用していくことを明かしました。

さらに、同氏は後日正式に発表する予定だったとし、Pepperの発表時に今年2月に発売するとしていましたが、開発者イベントにて予約を受け付けたところ好評だったため、まずはデベロッパー向けに2月に販売開始し、一般販売は早くて6〜8月くらいになる予定であるとし、珍しく未発表の内容を口頭で伝えました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。