S-MAX

IFA

ファーウェイが次期プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20」シリーズを10月16日に発表へ!世界初の7nmプロセス製造でよりAI処理を高速化した新ハイエンドチップセット「Kirin 980」を発表


HuaweiがKirin 980搭載の次期ハイエンドスマホ「Mate 20」シリーズを10月16日に発表!

Huawei Technologiesは31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2018年8月31日(金)から9月5日(水)まで開催されている世界最大級の家電見本市「IFA 2018」の基調講演にて商用向けでは世界初の7nmプロセスで製造され、人工知能(AI)の処理を高速化する専用ハードウェアユニット「NPU(Neural Network Processing Unit)」を2つ内蔵した新しいハイエンド向けチップセット(SoC)「Kirin 980」(HiSillicon製)を発表しています。

基調講演では同社コンシューマー・ビジネス・グループCEOのRichard Yu氏が「The Ultimate Power of Mobile AI(モバイルAIの究極の力)」と題して登壇し、Kirin 980が昨年発表した「Kirin 970」をさらに進化させてよりAIの処理能力を高めていることを説明しました。

また同社では合わせてKirin 980を搭載した最上級のプレミアムスマートフォン(スマホ)「Mate」シリーズの次期モデル「HUAWEI Mate 20」および「HUAWEI Mate 20 Pro」(ともに仮称)を現地時間の2018年10月16日(火)にイギリス・ロンドンで発表することを明らかにしました。

Mate 20シリーズは日本でも昨年12月に発売した「HUAWEI Mate10」シリーズの後継機種で、今回予告されたティザー画像にはこれまでよりもかなり画面左右両端が湾曲しているように見えるより“全画面デザイン”に近づいたデザインを採用しており、今年のフラッグシップスマホ「HUAWEI P20」や「HUAWEI P20 Pro」のようにディスプレイ下中央に指紋センサーを兼ねたホームキーがあるように見えます。

続きを読む

Sony、6インチQHD+有機EL搭載のフラッグシップスマホ「Xperia XZ3」を発表!日本でも今秋以降に発売で、側面で操作するサイドセンスやAI機能の強化など


ソニーが最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」を発表!

Sonyは30日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2018年8月31日(金)から9月5日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2018」に合わせてプレスカンファレンス「Sony Press Conference at IFA 2018」を開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(Sony Mobile Communications製)などを発表しています。

Xperia XZ3は今夏モデル「Xperia XZ2」の後継機種となり、新たにディスプレイパネルが有機EL(OLED)になったほか、本体側面をタッチしたりなぞったりすることで操作できる「サイドセンス」に対応し、これまでも統計・学習によるML機能が導入されていましたが、改めて「AI in Xperia」としてAI(人工知能)を活用した各機能が強化されています。

具体的な販路は明らかにされていませんが、日本を含めた各国・地域で今秋以降に順次発売される予定で、日本では恐らく従来通りにXperiaシリーズはNTTドコモやau、SoftBankから販売される可能性は高いと思われ、その場合は「2018-2019冬春モデル」として10月以降に発売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

Sony、IFA 2018にて8月30日13時よりプレスカンファレンスを開催!次期スマホ「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Compact」などを発表か?


ソニーがIFA 2018に合わせてプレスカンファレンスを開催!写真は過去のIFAにおけるブース

Sony(ソニー)がドイツ・ベルリンにて2018年8月31日(金)から9月5日(水)までに開催される予定の世界最大級の家電見本市「IFA 2018」に合わせて前日の現地時間(CEST)8月30日(木)13時からプレスカンファレンス「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催するが明らかになりました。

IFAの公式Webサイトにて各社のプレスカンファレンスの開催予定が掲載されており、ソニー以外にもLGやTCL、Wiko、シャープ、Acerなども開催する予定とのこと。ソニーは昨年と同じMesse Berlin内の「Hall 20」にてブースの展示およびプレスカンファレンスを実施します。

ソニーのプレスカンファレンスは日本時間(JST)では8月30日20時から。毎年、Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)のスマートフォン(スマホ)およびタブレット「Xperia」シリーズの下期のフラッグシップモデルが発表されているIFAだけに今年も戦略製品が発表されると見られます。

またソニーモバイルでは公式Webサイトにて「H8416」「H9436」「H9493」という3つのスマホのUser Agent Profile(UAProf)を新たに掲載しており、近く少なくとも3機種が投入される計画であることが示されています。恐らく噂などから次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」(仮称)シリーズなどが発表されるのではないかと見られます。

続きを読む

IFA 2017:Sony、最新5.2インチスマホ「Xperia XZ1」を展示!Motion EyeカメラやSnapdragon 835や4GB RAMなどのフラッグシップモデルを写真で紹介【レポート】


IFA 2017に展示されていたソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」をチェック!

既報通り、Sonyがドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」およびその小型モデル「Xperia XZ1 Compact」(ともにSony Mobile Communications製)などを発表した。

すでにXperia XZ1およびXperia XZ1 Compactは海外では販売が開始されており、日本でもこれまで通りに恐らくNTTドコモなどの携帯電話会社から冬モデルとして登場すると予想される。価格はイギリスではXperia XZ1が599ポンド(約89,000円)、Xperia XZ1 Compactが499ポンド(約74,000円)。

そこで今回は、IFA 2017でのSonyブースで前回のXperia XZ1 Compactに続いてXperia XZ1の実機を実際にの試した模様を写真を交えて紹介する。Xperia XZやXperia XZsとどう変わったのか、新機能「3Dクリエイター」はどういったものなんかを中心にお伝えする。

続きを読む

IFA 2017:Huawei、日本発売も近い新スマホ「honor 9」や次世代チップセット「Kirin 970」などを展示!最上級スマホ「Mate 10」シリーズは10月16日発表予定【レポート】


IFA 2017におけるファーウェイブースを紹介!honor 9やKirin 970など

既報通り、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)がドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催されていた世界最大級の家電見本市「IFA 2017」の基調講演にてAI(人工知能)の処理を高速化する専用ハードウェアユニット「NPU(Neural Network Processing Unit)」を内蔵した新しいハイエンド向けチップセット(SoC)「Kirin 970」(HiSillicon製)を発表した。

同社では合わせてKirin 970を搭載した最上級のプレミアムスマートフォン(スマホ)「Mate」シリーズの次期モデル「HUAWEI Mate 10」シリーズ(仮称)を2017年10月16日(月)にドイツ・ミュンヘンで発表する。

そこで今回は少し遅くなったが、そんなKirin 970などが展示されていたIFA 2017におけるファーウェイブースの様子を日本投入も予想されるスマホ「honor 9」と含めて写真で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。