S-MAX

IGZO

CEATEC JAPAN 2016:シャープ、IGZO技術の発展を垣間見る1000ppi超の高精細や角を丸くしてより狭額縁にできるスマホ向けなどのディスプレイ、AIoT技術を展示【レポート】


IGZO技術を全面に推すCEATEC JAPAN 2016のSHARPブースを紹介!

千葉県の幕張メッセにて2016年10月4日(水)から10月7日(金)の4日間に渡ってIoT総合展示会「CEATEC JAPAN 2016」が開催されてます。昨年までのCEATEC JAPANはITやエレクトロニクス、その関連技術などの総合家電展示会として開催されていましたが、今年から新たにIoT(Internet of Things)の総合展示会として開催主旨が変更されました。

そんなCEATEC JAPAN 2016において今年8月に台湾・鴻海精密工業に買収されたシャープがブースを出展してましたので紹介したいと思います。最近ではIoTにAI(人工知能)を組み合わせた「AIoT」を推し進めている同社がどういった展示を行っているのでしょうか。

続きを読む

滑らかな表示が気持ちいい!au向け4.7インチコンパクトハイスペックスマホ「AQUOS SERIE mini SHV33」の「ハイスピードIGZO」と多彩な画面表示設定を紹介【レビュー】


シャープスマホの魅力!倍速120GHz駆動の「ハイスピードIGZO」対応ディスプレイをチェック

auから「2016春モデル」として今年1月23日に発売された4.7インチコンパクトハイスペックスマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV33」(シャープ製)は、サイズ感や高性能といったポイントを要所に押さえて人気となっています。

そんなAQUOS SERIE mini SHV33について購入してこれまで何回かに分けてレビューを行ってきましたが、今回はシャープが昨冬モデルから導入した新機能「ハイスピードIGZO(イグゾー)」とその他のディスプレイ表示に関連する機能をまとめてチェックしていきます。

続きを読む

シャープがスマホ「AQUOS」シリーズの"Re-Branding(リブランディング)"を発表!新製品説明会で語られた新たに狙う方向性とは?!人に一番近い存在めざす【レポート】

AQUOSが狙う新しブランディングとは?

シャープは21日、都内で「スマートフォン・新世代ケータイ 新製品発表会」を開催し、同社のスマートフォン(スマホ)およびタブレットの「AQUOS」シリーズにおけるブランド戦略とこの秋冬以降にかけて発売する新製品について説明を行った。

発表会に登壇したのはシャープ 執行役員 コンシューマーエレクトロニクスカンパニー カンパニーEVP兼 通信システム事業本部長の川口登史氏が「シャープのめざす方向性」を、シャープ コンシューマーエレクトロニクスカンパニー 国内マーケティング統轄部 情報通信プロモーション部 部長の河内巌氏が今秋以降発売の製品特徴をそれぞれプレゼンテーションで説明した。本記事ではまずはこの発表会の模様を写真で紹介していく。

続きを読む

シャープ、スマホ向け液晶タッチディスプレイのインセル型を6月から量産開始!タブレットやノートPCなどの中〜大型製品向けも開発中――より軽量・薄型に


シャープもインセル型タッチパネル液晶を量産開始!

シャープは17日、スマートフォン(スマホ)など向けの小型製品向けのインセル型液晶タッチディスプレイの量産を2015年6月から本格的に開始したと発表しています。

量産を開始したインセル型液晶タッチディスプレイはLTPS(CGシリコン)技術を採用する三重第3工場で生産。タッチセンサー部の回路と液晶ディスプレイを駆動する回路の両方を液晶ディスプレイの中に搭載することで、インセル化を実現したということです。

また、亀山第2工場での生産も検討中であり、実現すると、画面サイズや解像度、狭額縁化などさまざまなユーザーニーズに最適な対応を可能とするとともに安定した供給体制の構築を図れるとしています。

加えて、シャープでは亀山第2工場で採用しているIGZO技術の優位性を活かし、タブレットやノートパソコンなどへの搭載を想定した中型サイズのインセル型液晶タッチディスプレイを開発中。これにより、タブレットなどのタッチディスプレイを搭載した中〜大型商品の軽量化や薄型化を通じ、商品性の向上に貢献していきます。

続きを読む

シャープ、スマホ向け4Kな約5.5インチIGZO液晶を開発!2016年をめどに量産化予定で、中国メーカーの採用に向けてCITE 2015で発表&展示


シャープが5.5インチ4K液晶を開発!

Sharp(シャープ)が中国・深センにあるShenzhen Convention & Exhibition Center(SZCEC)にて2015年4月9日(木)〜11日(土)まで開催されていた展示会「China Information Technology Expo 2015(CITE 2015)」にてスマートフォン(スマホ)向けの4K解像度に迫る約5.5インチUHD(2160×3840ドット)IGZO液晶を開発・展示しています。

同社では2016年をめどに量産を開始し、シャープ製スマホに搭載される予定のほか、展示会が開かれていた中国メーカーなどに採用されるよう商談を進めます。

続きを読む

シャープ、MEMS-IGZOディスプレイ搭載した7インチAndroidタブレットを開発!法人向けを中心に2015年前半に発売へ


シャープがMEMS-IGZOディスプレイ搭載した7インチタブレットを開発!

シャープは6日、業界で初めて「MEMS-IGZOディスプレイ」を搭載した7インチAndroidタブレットを開発したと発表しています。法人向け市場を中心に2015年上半期に発売する予定だとのこと。

Qualcomm子会社のPixtronixとの共同開発により実用化した最先端のMEMS-IGZOディスプレイを搭載し、PixtronixのMEMSディスプレイ技術とシャープのIGZO技術の融合によって一般的な液晶ディスプレイに比べて一層の低消費電力化と高い色再現性を実現しています。

また、外光下でも鮮明に表示できる高輝度モードや省電力で表示するグレースケール・白黒モードなど、利用シーンやコンテンツに応じて最適な表示モードに切替えることも可能。

さらに、外出先での高速ネット接続が可能なLTE通信機能を内蔵したほか、音声通話や防水対応などタブレットとしての基本性能も充実しているということです。なお、携帯電話ネットワークはNTTドコモの3G(FOMA)および4G(Xi)に対応しているとのこと。

続きを読む

BungBungame、Tegra 4や10.1インチWQXGA液晶などを搭載したハイスペックタブレット「KALOS」を12月中旬から発売開始!価格は4万5800円前後


ITpro EXPO 2013で初登場したハイスペックタブレット「KALOS」がもうすぐ発売!

BungBungame Japanは25日、NVIDIA製クアッドコアCPU「Tegra 4」やシャープ製ディスプレイ「IGZOパネル」を搭載した10.1インチディスプレイのハイエンドAndroidタブレット「KALOS(カロス)」を2013年12月中旬より発売すると発表しています。

今回は、無線LAN(Wi-Fi)モデルが先行して発売され、取扱店に順次並ぶとのことです。気になる価格はオープン価格で、メーカー推定市場価格は45,800円前後としています。なお、LTEモデルは来年予定としています。


続きを読む

シャープがディスプレイ額縁3辺が完全にない「フレームレスIGZO」を参考出展!狭額縁化のデザインを「EDGEST(エッジスト)」としてアピール【レポート】


シャープがディスプレイ額縁3辺が完全にない「フレームレスIGZO」を参考出展!

シャープは7日、2013年度下期に投入するスマートフォンやタブレットなどに関する事業説明会を開催し、今後の事業ビジョンや下期に投入予定する各機種、重点的に取り組んだ内容が紹介されました。

また、説明会では下期に投入されるスマートフォンやタブレットなどが一同に展示され、さらに、ディスプレイの周りの額縁(ベゼル)が完全にない「フレームレス IGZOコンセプトモデル」のコンセプトモデルも参考出展していました。

続きを読む

ITpro EXPO 2013:BungBungame、Tegra 4やIGZO液晶を搭載したハイスペックタブレット「KALOS」を出展――年内国内販売に向け準備中【レポート】

6c3fcff1.jpg
「すべての感覚が美しい。」のコピーに偽りナシ!なハイスペックタブレットが日本上陸!

東京ビッグサイトにて10月9日(水)から11日(金)まで情報通信技術やそれに関するビジネスに関する総合展示会「ITpro EXPO 2013」(日経BP主催)が開催されました。

なお、共催イベントとして、Cloud Days Tokyo 2013秋、ビッグデータ EXPO 2013秋、スマートフォン&タブレット2013秋、Security 2013、モバイル&ソーシャルEXPO2013 同時開催イベント:eドキュメントJAPAN 2013が併設。

今回の記事では、BungBungame(バンバンゲームス)ブースにて展示されていたIGZO液晶やバーチャルサラウンドスピーカー、Tegra 4などを搭載したハイスペックなAndroidタブレット「KALOS」を紹介します。

続きを読む

写真を超えた!?超高精細液晶搭載とコンパクトサイズで“凄まじい完成度”のシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE EX SH-02F」を写真と動画でチェック【レポート】

sh02f-001
コンパクトな筐体に高性能とオシャレをぎゅっと凝縮!

既報の通り、NTTドコモは10日、2013年冬から2014年春にかけて発売する予定の新機種および新サービスを発表する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE EX SH-02F」(以下、SH-02F)を発表しました。

同時に発表されたスマートフォン多くが10月中や年内発売を控える中で、唯一来年1月の発売を予定しているSH-02Fですが、既に発表会の展示会場には実機が展示されており、実際に触って試せる状態となっていました。そこで実際の使用感を写真と共に解説していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。