S-MAX

IIJ

携帯電話サービス「IIJmio」にて「初期1円!eSIMお試しキャンペーン」が実施中!iPhone 11シリーズやiPhone XS・XS Max・XR、Pixel 4・4 XLなどで利用可能


IIJmioが初期1円!eSIMお試しキャンペーン」を実施!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は20日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において「初期1円!eSIMお試しキャンペーン」( https://www.iijmio.jp/campaign/esim/esim201911.jsp )を実施するとお知らせしています。

キャンペーンでは期間中に「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を申し込んだ場合に通常3,000円(金額はすべて税抜)かかる初期費用を1円とする特典が提供されます。期間は2019年11月20日(水)10:00から2020年1月29日(水)23:59まで。なお、IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)以外のIIJmioモバイルサービスを申し込んだ場合はキャンペーンの適用対象外となります。

対象機種はeSIMに対応した製品で、日本向けでは「iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「Pixel 4」、「Pixel 4 XL」、「iPad mini(第5世代)」、「iPad Air(第3世代)」、「11インチiPad Pro」、「12.9インチiPad Pro(第3世代)」、「Surface Pro LTE Advanced」など。

続きを読む

フルMVNOを利用したNTTドコモ回線のデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」が7月18日に提供開始!iPhone XSなどのeSIM対応製品で利用可能


IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)がスタート!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は4日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )においてオンラインで加入者情報(プロファイル)を管理できる「eSIM」に対応したデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を2019年7月18日(木)より提供開始すると発表しています。

またサービス開始に合わせて割引やデータ通信量をプレゼントする「eSIMデビュー応援キャンペーン」およびIIJmioの公式Twitterアカウント( @IIJmio )の該当投稿をリツイートすると「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」などが当たる「ギガ足りてる?eSIM発売記念Twitterキャンペーン」を実施しています。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」にて音声通話に特化した料金プラン「ケータイプラン」が2月1日より提供!月額税別920円で、別途データ通信もチャージすれば利用可能


IIJmioにて音声通話に特化した料金プラン「ケータイプラン」が登場!

インターネットイニシアティブ(IIJ)は24日、NTTドコモやauの回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において音声通話やSMSの利用に限定した新しい料金プラン「ケータイプラン」を2019年2月1日(金)より提供開始すると発表しています。

通話料やSMS送受信料は別途かかるものの、月額920円(すべて税別)で契約できるため、待受専用や海外出張・留学で日本に長期間いない場合に電話番号は保持しておきたいなどの利用時に向いています。なお、データ通信も別途、クーポン(高速通信が可能なデータ量)を購入すれば利用可能。

またサービス開始を記念してIIJmioにケータイプランで新規契約した場合に初期費用を1円に割り引く「ガラケーでも格安SIMを使おう!キャンペーン」( https://www.iijmio.jp/campaign/keitai/keitai201902.jsp )を2019年2月20日(水)23:59まで実施します。

なお、新規契約時には初期費用の他にSIMカード発行手数料(タイプD:394円、タイプA:406円)がかかりますが、キャンペーンでもSIMカード発行手数料は別途発生するとのこと。

その他の「スペシャルセール!スマホ大特価キャンペーン」や「ハイグレードスマホ スペシャルキャンペーン」、「SHARP SH-M08 発売記念キャンペーン」と同時適用が可能で、対象端末と同時にケータイプランをお申し込みいただくと「選べるe-GIFT」をプレゼントするということです。

続きを読む

楽天モバイルとIIJmioにてAndroid 9 PieへのOSバージョンアップに対応したSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が販売開始!購入後すぐに更新して利用可能。発売記念キャンペーンも


RakutenとIIJからSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が発売!

楽天およびインターネットイニシアティブジャパン(以下、IIJ)は11日、最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップがすでに提供されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Essential Phone PH-1」(Essential製)を2018年9月11日(火)10時に販売開始すると発表しています。

それぞれ各社が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」および「IIJmio」の契約(SIMカード)とセット、または楽天モバイルでは既存利用者による機種変更となっています。またIIJmioでは専用360°カメラがセットになった「Essential Phone 360°カメラセット」も販売。

価格(税別)は楽天モバイルでは新規契約が一括49,800円(分割2,241円/月×24回)、機種変更がWebからの申し込みなら44,820円、ショップでの購入が49,800円、IIJmioではEssential Phone PH-1のみが一括46,000円(分割1,950円/月×24回)、360°カメラセットが一括54,640円(分割2,310円/月×24回)。

両社ともに本体カラーはブラックムーンのみで、購入時はOSがAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)となっているため、ソフトウェア更新によってAndroid 9 PieへのOSバージョンアップを行う必要があります。なお、楽天モバイルでは一部店舗では9月15日(土)より販売受付を開始するとのこと。

続きを読む

オッポジャパンが最新SIMフリースマホ「OPPO R15 Pro」「OPPO R15 Neo」の体験イベントを東京と大阪で開催!両機種の取り扱いMVNOに新たにIIJが追加


OPPO Japanが東京と大阪で最新モデル「OPPO R15 Pro」「OPPO R15 Neo」の体験イベントを開催!

既報通り、オッポジャパンが日本市場向けにSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」(以下、R15 Pro)および「OPPO R15 Neo」(以下、R15 Neo)を発売する。

現在案内されている発売日は、R15 Neoの4GB RAMモデルが2018年8月31日(金)、3GB RAMモデルが2018年9月7日(金)、R15 Proが9月の中旬~下旬とのこと。メーカー希望小売価格(金額はすべて税抜)はR15 Neoの4GB RAMモデルが29,880円、3GB RAMモデルが25,880円、R16 Proが69,800円だ。

このうちR15 Neo 4GB RAMモデルの発売日に合わせる形で、8月31日(金)~9月2日(日)の3日間、東京と大阪で体験イベントを開催する。会場はヨドバシカメラマルチメディアAkibaとヨドバシカメラマルチメディア梅田の2店舗で、時間は9:30~22:00となっている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。