S-MAX

ISW13HT

KDDI、au向けの4G LTE対応Android 4.1スマートフォン「INFOBAR A02」を2013年春モデルとして発表!予告通りのハイスペックなデザインスマホはHTC製

1f92dd3f.png

INFOBAR A02が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは24日、2013年春に発売予定の新モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を発表した。

都内では14時から「INFOBAR発表会」を開催、専用サイト「INFOBAR発表会|au」にてライブ配信が行われている。

続きを読む

4G LTEや防水にも対応!HTCの“日本仕様スマホ”がさらに進化したau向け「HTC J butterfly HTL21」を写真と動画でチェック【レポート】

0ca91cd7.jpg

HTC Jがさらに進化を遂げた「HTC J butterfly HTL21」は買いだ!

既報の通り、KDDIは17日、au向けの「2012年冬モデル」発表会を都内で開催し、HTC製の「HTC J butterfly HTL21(エイチティーシー・ジェイ・バタフライ・エイチティーエルニイチ)」(以下、HTL21)を2012年12月上旬に発売すると発表した。

同発表会の展示会場にてHTL21を試すことができたので写真と動画で紹介する。

続きを読む

日本専用スマートフォンをアジアでも販売!HTC、日本向けスマートフォン「HTC J ISW13HT」を台湾と香港市場にも投入

1aa8f160.jpg

台湾、香港版の「HTC J」が登場!

HTC NIPPONは11日、au向けに供給しているAndroid搭載のスマートフォン「HTC J ISW13HT」を、台湾および香港で販売することを発表した。

製品ブランドである“HTC J”、デザイン、カラーバリエーションはそのまま、また、乃木坂46を起用したプロモーションも台湾、香港で展開する。

続きを読む

au2012年秋モデルの発表間近か?それとも単なる模様替え?auのFacebookページに異変

744021c7.jpg

auのFacebookページに2012 autumnの文字が

9月1日に日付が変わって間もなく、auのFacebookページのカバー写真が変更された。同社のイメージキャラクター剛力彩芽のカバー写真だが、そこには「2012 autumn」と記載されている。剛力彩芽が手にする端末は「ARROWS Z ISW13F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)のようだが、実はこっそり新機種なんじゃないかと妄想して夜中だというのにワクワク感が止まらない。

ちなみに前回のFacebookページのカバー写真は同じく剛力彩芽が「HTC J ISW13HT」を持つ画像が使用されており、公開されたのは夏モデルを発表した5月15日だった。

続きを読む

KDDI、au向け「HTC J ISW13HT」のおサイフケータイアプリが起動しない不具合でソフトウェア更新を提供開始

2188d82e.jpg

HTC J ISW13HTにソフトウェア更新!

KDDIおよび沖縄セルラーは10日、au向け初のAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を搭載した「HTC J ISW13HT」(HTC製)におけるおサイフケータイアプリの起動に失敗する場合がある不具合を修正するためにネットワーク経由による本体ファームウェア更新サービス「ソフトウェアアップデート」を提供開始したことをお知らせしています。

今回のアップデートで修正される不具合は以下の1点のみです。アップデートにかかる時間は約30分、アップデートファイルサイズは約51MB。

・おサイフケータイアプリの起動に失敗する場合がある事象が改善されます。


続きを読む

【KDDIとHTCが協業!日本仕様のWiMAX対応au初Android 4.0搭載スマートフォン「HTC J ISW13HT」特集】

fe3fb52c.jpg

HTC J ISW13HT 特集!

KDDIおよび沖縄セルラーから2012年5月25日(金)に発売となったau向けとして初の最新Androidプラットフォーム「Android 4.0(開発コード名:IceCreamSandwich;ICS)」を搭載したスマートフォン「HTC J ISW13HT」(HTC製)。

国内向けとしてはHTCとしてもはじめてのAndroid 4.0搭載機で、なおかつ、HTCとしては初のおサイフケータイやワンセグ、赤外線といった国内向け機能に対応した日本オリジナルモデルということで、一部からは注目を集めているモデルかと思います。

すでに当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもHTC J ISW13HTの端末レビューやレポートなどを記事にしていますので、特集としてそれらを一気にまとめて紹介したいと思います。では、早速、見てみていきましょう!
続きを読む

2012年夏モデルCPUを比較!au初Android 4.0搭載スマホ「HTC J ISW13HT」の実力をベンチマークで試す【レポート】

f69c989f.jpg

HTC J ISW13HTをQuadrantでベンチマーク測定!

KDDIから先月25日に発売開始されたau向けAndroidスマートフォン「HTC J ISW13HT」(HTC製)。HTCとしてはじめて日本向けに独自に開発したオリジナルモデルで、初のおサイフケータイ(Felica)やワンセグ、赤外線という“三種の神器”に対応したモデルで、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)搭載スマートフォンとしてなかなか魅力的な機種にまとまっています。

今回は、そのHTC J ISW13HTでベンチマークアプリ「Quadrant Standard Edition」を利用して、その実力を試すととともに、各社の2012年夏モデルにおけるAndroid搭載スマートフォンの搭載チップセットやCPUクロックまとめを紹介していきたいと思います。なお、今回からQuadrant Standard Editionの正式にマルチコア対応となったVer.2以降を利用していきます。


続きを読む

au向けスマートフォン「HTC J ISW13HT」のおサイフケータイ機能が使えない不具合!初期化で改善

52720623.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

KDDIから先週25日(金)に発売となったau向けAndroidスマートフォン「HTC J ISW13HT」(HTC製)において、一部の個体でおサイフケータイ(Felica)機能が使用できないという不具合が発生しているとのです。

auお客様サポートに電話確認したところ、現状で状況は把握しているものの原因が特定できていないため公式なアナウンスができておらず、本体を初期化することで改善することから応急の対策を行なっているということです。

続きを読む

auスマートフォン「HTC J ISW13HT」のICカードロックがない!USIMカードを差し替えて利用可能【レポート】

930b3068.jpg

レベル2ロックがかかってない!

au向けに先週25日(金)に発売開始したAndroidスマートフォン「HTC J ISW13HT」(HTC製)。

HTCとしてはじめて日本向けに独自に開発したオリジナルモデルで、初のおサイフケータイ(Felica)やワンセグ、赤外線という“三種の神器”に対応したモデルで、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)搭載スマートフォンとしてなかなか魅力的な機種にまとまっています。

そんな、HTC J ISW13HTですが、Xperia acro HD IS12Sに続いてICカードロックがかかっていない機種となっていますので、紹介したいと思います。

続きを読む

Android 4.0搭載スマートフォンにおけるモバイルSuica利用時で注意点!HTC J ISW13HTで不具合発生のケースありで回避策が案内

2952a4d0.jpg

開発者向けオプションですがご注意ください!

KDDIおよび沖縄セルラーから本日25日(金)に発売開始されたau向け初のAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を搭載したスマートフォン「HTC J ISW13HT」(HTC製)。

au向け初のAndroid 4.0というだけでなく、Android 4.0搭載として初のおサイフケータイ(Felica)搭載モデルということで、おサイフケータイのうちのJR東日本が行なっている電子マネーサービス「モバイルSuica」を利用する際に注意点があることが案内されています。

HTC J ISW13HTを購入した一部ユーザーから「モバイルSuicaが利用できない」という話題が上がっており、その原因が公式ページに注意点として記載されていたというもの。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。