S-MAX

JR東日本

JR東日本、子どもの見守りサービス「まもレール」を10月1日より提供開始!SuicaやPASMOを使うと自動的に利用駅や通過時刻などを保護者へ通知


ゼロから始めるスマートフォン

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)およびセントラル警備保障は7日、共同で「子ども見守りサービス『まもレール』」のサービスを提供開始すると発表しています。

まずは山手線および中央線(東京~高尾)の57駅で2017年10月1日(日)よりサービスを開始し、2018年春までに首都圏244駅で順次利用できるようになります。利用料は子ども1人で保護者1通知先の場合に月額500円(税抜)。

サービス開始に先立って9月13日(水)より公式Webサイトにて申込受付を開始し、対象者は小学生および中学生、高校生(3月31日時点で満18歳まで)、対象ICカードは「Suica」と「PASMO」で、無記名式はともに非対応。

続きを読む

JRが東海道・山陽新幹線の新しいネット予約&チケットレス乗車サービス「スマートEX」を9月30日に提供開始!年会費無料で専用のクレカ・ICカードは不要、SuicaやPASMOだけで乗れる


ゼロから始めるスマートフォン

東海旅客鉄道(以下、JR東海)および東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は25日、東海道・山陽新幹線の新しいネット予約&チケットレス乗車サービス「スマートEX」を2017年9月30日(土)5時h30分から開始すると発表しています。

またサービス開始を記念し、サービス開始から2017年11月30日(木)23時30分までのキャンペーン期間中にスマートEXを利用して新幹線に乗車し、かつアンケートに協力した人を対象にオリジナルグッズ「N700Aダイキャスト」(A賞・500人)や「ICカードケース」(B賞・500人)を抽選でプレゼントするキャンペーンを実施するということです。

続きを読む

東北新幹線の「二戸駅(手前)~二戸駅」区間のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク(ワイモバイル)の携帯電話が7月28日始発より利用可能に!新たな開通予定区間も案内


東北新幹線の二戸駅(手前)~二戸駅のトンネル内で携帯電話が使えるように!

TTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルは20日、携帯電話のサービスエリア拡大や品質改善を目的に東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と共同で「東北新幹線」トンネル内におけるエリア整備を進めており、新たに「二戸駅(手前)~二戸駅」のトンネル内においても2017年7月28日(金)始発より携帯電話サービスの提供を開始すると発表しています。

これにより、対象区間のトンネル内においてワイモバイルも含めた携帯電話サービスを快適に利用できるようになります。各社では今後もサービスエリア拡大や品質改善、ならびにより利用しやすい環境の整備を進めていくとしています。

続きを読む

上越新幹線の「高崎駅〜上毛高原駅(手前)」区間のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク(ワイモバイル)の携帯電話が3月31日始発より利用可能に


上越新幹線の高崎駅〜上毛高原駅(手前)のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは23日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と共同で「上越新幹線」のトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに上越新幹線「高崎駅〜上毛高原駅(手前)」間での携帯電話サービスの提供を2017年3月31日(金)始発より開始すると発表しています。

これにより、東京駅から上毛高原駅(手前)間で携帯電話サービスを快適に利用できるようになるということです。ワイモバイルの携帯電話も利用可能。なお、各社では電車内における携帯電話の利用についてマナーを守るように案内しています。

続きを読む

JR東日本と東京メトロ、東急のAndroidやiPhoneなど向けスマホアプリが列車走行位置や時刻表の連携に対応


JR東日本と東京メトロ、東急の各スマホアプリが連携!

日本旅客鉄道(以下、JR東日本)および東京地下鉄(以下、東京メトロ)、東京急行電鉄(以下、東急電鉄)の3社は6日、各社がそれぞれ提供しているAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けの「JR東日本アプリ」および「東京メトロアプリ」「東急線アプリ」の最新バージョンにおいて列車走行位置と時刻表の情報連携を2016年10月7日(金)より開始すると発表しています。

列車走行位置は東京メトロと東急線の全線、JR東日本の17路線(東海道線および横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北・根岸線、横浜線、南武線、山手線、中央線快速電車、中央・総武各駅停車、総武快速線、宇都宮線、高崎線、埼京・川越線、常磐線・常磐線快速電車、常磐線各駅停車、武蔵野線、上野東京ライン)。

また、時刻表は3社の路線が乗り入れている2駅(渋谷、目黒)、東京メトロと東急線が乗り換れている1駅(中目黒)、JR東日本と東急線が乗り入れている9駅(五反田、大井町、蒲田、横浜、武蔵溝ノ口・溝の口、武蔵小杉、長津田、菊名)、JR東日本と東京メトロが乗り入れている32駅(新橋、新日本橋・三越前、神田、上野、荻窪、新宿、四ツ谷、東京・大手町、御茶ノ水・新御茶ノ水、池袋、恵比寿、八丁堀、秋葉原、南千住、北千住、中野、高田馬場、飯田橋、西船橋、原宿・明治神宮前〈原宿〉、西日暮里、綾瀬、市ケ谷、有楽町、新木場、錦糸町、駒込、王子)で対応。

続きを読む

JR東日本、iPhone 7とiPhone 7 PlusのApple Payで使えるSuicaでは「EX-IC」や銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどの一部サービスが利用できないことを案内


iPhone 7のApple PayによるSuicaではEX-ICなどが利用できず!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が10月下旬にもサービスが開始されるAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」におけるFeliCaによるモバイル決済サービス「Apple Play」対応によって電子切符・電子マネーサービス「Suica」が使えるようになる新サービスについて公式Webサイトで注意事項を公開しています。

従来までのフィーチャーフォンやAndroidで対応している「モバイルSuica」とは異なる仕組みを採用しており、iPhone 7やiPhone 7 PlusによるApple Payを使ったSuiCaについては東海旅客鉄道(以下、JR東海)が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX-IC」や銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどで利用できないサービスが一部あるなどとしています。

続きを読む

東京モノレールにて誰でも使える無料Wi-Fiサービス「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」が10月1日より開始!モバイルSuicaでJR東日本経由で羽田空港に行くと最大1万円分がもらえるキャンペーンも


東京モノレールが無料Wi-Fiサービス「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」をスタート!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)および東京モノレールはが羽田空港アクセスとしての「東京モノレール」および「モバイルSuica」の利用促進を目的として「モバイルSuicaで東京モノレールに乗ろう!」キャンペーンを2016年9月1日(木)〜10月31日(月)まで実施すると発表しています。

キャンペーンではモバイルSuicaを利用して、JR東日本の駅と東京モノレールの羽田空港各駅を浜松町駅経由で利用すると、抽選で合計150人にモバイルSuicaチャージ(100人に5,000円分、50人に10,000円分)をプレゼントします。さらに同日にモバイルSuicaで400円(税込)以上の買い物をすると、当選確率が2倍になります。

また、東京モノレールでは2016年10月1日(土)より全駅および全車両で無料の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」(SSID::00_Monorail_Free_Wi-Fi)を提供開始しています。通信事業者はワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)。

なお、TOKYO MONORAIL Free Wi-Fiは、外国人観光者だけでなく国内の人も含めてすべての人が利用でき、すべての人が対象とした無料公衆無線LANの整備が完了するのは、国内の鉄道事業者では初とのこと。利用方法は、メールアドレスもしくはSNSアカウントの入力による認証。

続きを読む

次期iPhone 7はFeliCa搭載でおサイフケータイに対応!?AppleがJR東日本などと提携をめざしていると報道


今年の次期iPhone 7がFeliCa搭載でおサイフケータイ対応の可能性

以前に「今後のiPhoneがおサイフケータイ(FeliCa)に対応しそう!JR東日本がNFC Forumに働きかけ、2017年4月以降はグローバルモデルで対応にーーいよいよ日本のガラパゴス状態は解消か - S-MAX」にて紹介したように今年は「モバイルSuica」の10周年を迎えて東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)の動きが活発になっています。

そんな中、ブルームバーグや日本経済新聞が今年9月にも発表されると見られるAppleの次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」シリーズ(仮称)にてモバイルSuicaで使わているソニーの非接触ICチップ「FeliCa」(NFC Type F)が搭載され、日本の既存の決済サービス、つまり、モバイルSuicaなどのおサイフケータイに対応する計画があると伝えています。

すでにこれまでのiPhoneにも非接触ICチップ「NFC」(NFC Type A/B)が搭載されており、最近ではNFCとFeliCaに対応したチップもあることからFelica自体を搭載するのはコストの問題だけで比較的簡単だと思われます。

加えて、ソフトウェアやアプリの対応も必要となりますが、ブロームバーグでは仕組みとしてモバイルSuica(IC乗車券機能)などをiPhoneのウォレットアプリに登録することで実現するとしています。

どちらの報道でもAppleの日本でのビジネスが好調であり、重要度が高いことをiPhoneのFeliCa搭載の理由として上げており、これからAppleの決済サービス「Apple Pay」を日本で本格的に開始するよりも既存のモバイルSuicaなどを統合するほうが良いと考えても不思議ではありません。

ただし、ブロームバーグでは「日本の決済ネットワークとの協議がまとまらない場合、これらのIC乗車券機能は来年のモデルまで見送る可能性」も指摘しています。まだ確実ではないようですが、今年は9月7日に発表会が予定されているのではないかと言われており、非常に楽しいになってきました。

続きを読む

巨大なSuicaペンギンパネルやブロンズ像が設置!JR新宿駅新南口改札前に「Suicaのペンギン広場」が期間限定オープンーー新幹線サマーキャンペーンも実施中【レポート】


shimajiro@mobiler

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は16日、東京都・新宿駅の新南口改札前に「Suicaのペンギン広場」を期間限定オープンしている。

同広場には巨大なSuicaのペンギンパネルやSuicaのペンギンブロンズ像などが設置され、写真撮影などを楽しむことができる。入場料などは無料。

また、同社では2016年6月15日(水)から8月31日(水)までの期間中にえきねっと会員またはモバイルSuica利用者限定で「新幹線サマーキャンペーン」( https://www.jreast.co.jp/eki-mob-cp/2016summer/ )を実施。

キャンペーンでは新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸のいずれか)の指定席を利用した人の中から抽選で、青森県・函館の特産品やえきねっとポイント、モバイルSuicaチャージをプレゼントしています。

続きを読む

LINEアプリにモバイルSuicaの10周年記念でかわいい「Suicaのペンギン」の無料着せかえが2月24日までの期間限定で登場!さっそく適用してみた


LINEの無料着せかえが期間限定で追加!

LINE Corp.は28日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )に期間限定で東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)の電子チケット・マネー「Suica」のキャラクター「Suicaのペンギン」の無料着せかえを配信開始したとお知らせしています。

これまでにも「LINE着せかえ」を無料のものを中心に紹介してきましたが、今回のSuicaのペンギンも公式LINEアカウントを追加すると無料でダウンロードできるようになっています。配布期間は2016年1月28日(木)~2016年2月24日(水)、利用期間がダウンロード日より180日間。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。