S-MAX

JR東日本

JR東日本、東北新幹線の車両内無料Wi-Fiサービスを2018年5月24日に提供開始!まずはE5系1編成で、SSIDは「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」。その他の車両でも順次導入予定


東北新幹線の車内フリーWi-Fiが5月24日にスタート!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は23日、同社が運行する「東北新幹線」の一部車両において無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)を2018年5月24日(木)に提供開始する予定だと発表しています。まずはE5系1編成で導入されます。

同社では今年2月に東北新幹線および「北陸新幹線」、「秋田新幹線」において車両内フリーWi-Fiを5月から提供開始すると発表していましたが、正式に詳細な開始日が案内されました。

なお、JR東日本ではさらに「上越新幹線」で2018年夏頃から、「山形新幹線」で2018年度から、「スーパーあずさ」で2018年12月からそれぞれ一部車両にて車両内フリーWi-Fiを導入する計画で、これらの車両についても順次開始していく予定です。

続きを読む

東北新幹線「二戸駅~八戸駅(手前)」と北陸新幹線「安中榛名駅~上田駅(手前)」のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話が3月31日始発より利用可能に


東北新幹線と北陸新幹線の一部区間トンネル内で携帯電話サービスが利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは26日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と共同でトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに「東北新幹線」の「二戸駅~八戸駅(手前)」区間および「北陸新幹線」の「安中榛名駅~上田駅(手前)」区間におけるトンネル内での携帯電話サービスの提供を2018年3月31日(土)始発より開始すると発表しています。

これにより、東北新幹線では東京駅から八戸駅(手前)まで、北陸新幹線では東京駅~上田駅(手前)までの区間でトンネル内を含めて携帯電話サービスを快適に利用できるようになるということです。なお、ワイモバイルの携帯電話も利用可能。

続きを読む

JR東日本、東北・北陸・秋田新幹線での車両内無料Wi-Fiサービスの提供時期を2018年5月からと前倒し!新たに山形新幹線や特急スーパーあずさでも提供予定に


山形新幹線と特急スーパーあずさの車両内でも無料の公衆無線LANサービスが提供へ!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は20日、同社が運行する「東北新幹線」および「北陸新幹線」、「秋田新幹線」の一部車両において無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)を当初の2018年夏頃から前倒しして2018年5月から提供開始すると発表しています。

同社では昨年11月に東北・北陸・秋田新幹線に加えて「上越新幹線」も含めた4つの新幹線において2018年夏頃から車両内フリーWi-Fiを導入していくと案内していましたが、東北・北陸・秋田新幹線については提供開始時期を前倒しすることになったとのこと。

また新たに「山形新幹線」および中央線特急「スーパーあずさ」においても同様に車両内フリーWi-Fiを導入することを発表しました。なお、上越新幹線についてはこれまで通りに新車投入に合わせて提供開始される予定。その他、JR西日本JR東海の新幹線でも車両内フリーWi-Fiが導入されることが発表されています。

続きを読む

JR東日本、Suicaのオートチャージが改札を出るときにも2018年3月17日から対応!改札に入るときに加えて――ただし、これまで通りビューカード決済利用時のみ


Suicaのオートチャージが改札を出るときにも利用可能に!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は20日、同社が提供する鉄道系ICカード「Suica」において自動改札機入場時に加え、新たに自動改札機出場時でも「Suica オートチャージサービス」を2018年3月17日(土)に提供開始すると発表しています。

新たに導入される出場時のオートチャージは、出場時に運賃を精算した後の入金(チャージ)残額がオートチャージの設定金額を下回る場合、1回のみオートチャージされます。

現在、オートチャージ設定をしている場合には、事前申し込みの必要なく、出場時にもオートチャージされるようになるとのこと。既存の入場時のオートチャージと同様に首都圏・仙台・新潟のSuicaエリアおよびPASMOエリア内で利用できます。

なお、オートチャージをしても入金残額が精算額に満たない場合は、オートチャージされません。また定期券区間を経由して、定期券区間外の駅相互間を利用の場合は、出場時にはオートチャージされないのでご注意ください。

続きを読む

JR東日本が新幹線の自由席に事前に乗車券を買わなくてもSuicaなどの交通系ICカードで乗れるサービスを2018年4月に開始!指定席も2020年3月末に導入を検討中


JR東日本が新幹線にSuicaで手軽に乗れるように!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は5日、交通系ICカード「Suica」などで新幹線の普通車自由席を利用できるサービス「タッチでGo!新幹線」を2018年4月1日(日)に提供開始する予定だと発表しています。

自動改札機にICカードをタッチするするだけで、事前に乗車券や特急券の購入の必要がなく、新幹線の新幹線の普通車自由席に乗車できるようになります。

またキャンペーンで通常の金額(乗車券・自由席特急券)より安く利用できるとのことで、例えば、東京〜宇都宮間が通常4,410円(運賃1,940円+料金2,470円)のところタッチでGo!新幹線なら4,210円となるとのこと。

なお、同社では2019年度末(2020年3月末)をめどにSuicaなどのICカードで指定席についてもシームレスに利用できるサービスを導入する検討をしているということです。詳細は別途、今後案内するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。