S-MAX

JapanITWeek

2018 Japan IT Week秋:MAYA SYSTEM、クラウドSIM対応のSIMフリースマホ「jetfon」のレンタルプラン開始をアピール!新機種を開発中で来年にはFREETELも!?【レポート】


お試しで使ってみてもいいかも!JetFonのレンタルプランがスタート

幕張メッセ(千葉県)にて2018年10月24日(水)から10月26日(金)まで10ものIT関連展示会が合同で開催されるIT総合イベント「2018 Japan IT week 秋」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催されています。

今回もモバイル関連の展示会「モバイル活用展」やモバイルネットワークを活用したIoT関連の展示会も開催されているということで、さっそく取材へ行ってきましたので、数回に渡ってブースレポートをお送りしたいと思います。

まず本記事ではプラスワン・マーケティングから「FREETEL」ブランドを継承したほか、独自にクラウドSIMを搭載したスマートフォン(スマホ)やモバイルWi-Fiルーターを販売しているMAYA SYSTEMが「クラウドコンピューティング EXPO 秋」のエリアに出展していたのでその様子を紹介します。

続きを読む

2018 Japan IT Week 春:NTTドコモのIoTソリューションを紹介!セルラーIoTからLPWAまで多岐にわたるソリューションを取り揃え企業の要望に応える【レポート】


docomoのIoTソリューションを紹介!

東京ビッグサイトにて5月9日から11日までIT関連総合展示会「2018 Japan IT Week 春」が開催され、NTTドコモが法人向けIoTソリューションを中心とした展示ブースを出展しました。

NTTドコモは次世代の広域無線通信網として「5G」規格を推進していますが、一方でIoT機器を積極的に活用するための「ラストワンマイル」としての無線通信規格としてLPWAに区分される「RoLaWAN(ローラワン)」の活用にも注力しています(LPWAについての解説はこちらを参照)。

すでに自社網として3GやLTEなどさまざまな回線を持ち、さらに5Gでも日本の通信インフラを牽引する立場にあるドコモがこうしたLPWAに力を入れる理由やメリットとはどこにあるのでしょうか。またLPWAやLTEソリューション(セルラーIoT)などを導入する企業側のメリットとはなんでしょうか。展示ブースの紹介とともに解説します。

続きを読む

2018 Japan IT Week 春:ビッグサイズの電子書籍リーダー「Boox Max2」や怪しいモバイルバッテリーも!会場内で見つけた個性的な端末などをまとめて紹介【レポート】


見たらきっと欲しくなる!?会場内で見つけた魅惑のガジェットたちをまとめてみた

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて5月9日から5月11日の3日間に渡って13のIT関連展示会が合同開催された国内最大のIT総合イベント「2018 Japan IT Week 春」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が行われました。

国内最大のIT関連の総合展示会ということで、参加している企業は世界的にも有名な大手企業が大きなブースを展開していますが、一方で中国・深圳に拠点を構える中小メーカーや国内向けにOEM生産を取り次ぐ個性的な品揃えの商社など、さまざまな企業も参加しています。

そこで、本記事では会場内で見つけたそういった少しマイナーではありますが、製品としては個性的な特徴だったり、国内向けにも是非とも出して欲しくなるような魅力的な端末などをまとめて紹介していこうと思います。

続きを読む

2018 Japan IT Week 春:トランセンド、スマホ連携可能で暗所撮影にも対応したタフネス仕様のウェアラブルカメラ「Transcend DrivePro Body 30」を展示【レポート】


発生状況をバッチリ記録できる法人向けの超高性能ウェアラブルカメラがトランセンドから登場!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて5月9日から5月11日の3日間に渡って13のIT関連展示会が合同で開催された国内最大のIT総合イベント「2018 Japan IT Week 春」(主催:リードエグジビジョンジャパン)がありました。

これまでにいくつかのブースを紹介してきましたが、本記事ではスマートフォン(スマホ)やタブレットの必需品のメモリーカード、パソコン(PC)には必須のパーツとなるHDDやSSDなどを開発・販売しているトランセンドが法人向けに発売したばかりの高い堅牢性と高解像度で長時間の録画が可能なウェアラブルカメラ「DrivePro Body 30」を展示していたので紹介します。続きを読む

2018 Japan IT week 春:紙と鉛筆のような書き味が売りのソニー製デジタルペーパーに小型なA5サイズモデル「DPT-CP1」が登場!主戦場はビジネス用途にあり?【レポート】


ソニーのデジタルペーパーシリーズにコンパクトなA5サイズが新登場!

東京ビッグサイトにて5月9日から11日まで開催されていた13のIT関連展示会が合同で開催される国内最大のIT総合イベント「2018 Japan IT week 春」(主催:リードエグジビジョンジャパン)にソニーが出展し、同社のデジタルペーパー(電子ペーパー)シリーズの最新モデルとなるA5サイズの「DPT-CP1」を公開しました。

本製品はすでに販売中のA4サイズの「DPT-RP1」を小型化したもので、DPT-RP1での使いやすさや基本性能はそのままに可搬性を重視したモデルとして併売されるものです。

そこで今回はこの小型化したDPT-CP1について実際にタッチ&トライした模様を写真を交えて紹介します。なお、発売は6月上旬を予定し、価格はオープンながら公式Webショップ「ソニーストア」における販売予定価格は69,800円(税別)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。