S-MAX

KDDI

KDDI、au向けタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月22日より順次提供開始


auタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」がAndroid 8.1 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、au向け「2018年春モデル」のうちのAndroidタブレット「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」および「Qua tab QZ10(型番:KYT33)」(ともに京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年8月22日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線による方法(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は両機種ともに約30分。なお、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新ファイルも両機種ともに約1.1GBとなっており、更新するには本体ストレージに約1.1GB以上の空き容量が必要。OSバージョンアップを実施するには事前にビルド番号をQua tab QZ8で「1.020SI」、Qua tab QZ10で「1.002VE」にしておく必要があります。主な更新方法は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)ピクチャーインピクチャーモード」が搭載されます
2)アップデート後、auベーシックホームを初めて利用する際に、電話アイコンおよびアプリアイコンに通知バッチを表示するためのガイダンスが表示されます
3)標準ホームご利用時、または、表示拡大モードご利用時は、ホーム画面に配置されているアプリの通知の方法が変更となります
4)プロフィール詳細画面に以下の情報が追加されます

○主な機能削除
5)「Google音声検索アプリ」が削除されます
6)ホーム画面の「Google検索ウィジェット」が削除されることがあります
7)電源メニューで表示される項目から「機内モード」が削除されます
8)「Wi-Fiの設定」の「Wi-Fiスリープ設定」項目が削除されます

○主な初期化項目
9)「テレビ」アプリの「予約のお知らせ設定」の再設定が必要になります

そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
Qua tab QZ8のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.6MB)[PDF]
Qua tab QZ10のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.3MB)[PDF]


続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:5Gで変わる世界。目前に迫るモバイル通信技術の大革命は人々の生活をどこまで変えるのか?各社の取り組みや現状からその未来を予想する【コラム】


次世代通信規格「5G」へのMNO各社の取り組みやその未来について考えてみた!

モバイル通信の世界に再び「次世代」の波が押し寄せてきました。数年ごとにやってくるこの波は常に世界を変え、人々の生活を変えてきました。振り返ればポケベルが「電話」を拡張する道具として登場し、その後の携帯電話やPHSによって人々のコミュニケーションの密度が一気に引き上げられたのをきっかけに、人はモバイル通信という手段によって世界と繋がり続ける時代へと突入しました。

3Gサービスが始まった当初、人々はADSL回線並みに速い通信速度に圧倒され「音楽をダウンロードで購入する時代が来た」と喜んだのも束の間、次の4G時代ではスマートフォン(スマホ)の登場とともに「映画もストリーミング配信で観る時代なのか」と驚愕しました。自分たちと世界がつながっていることはもはや当たり前であり、その頃になると携帯電話がなかった時代にどうやって友人と待ち合わせしていたのかすらも忘れてしまっていたほどです。

そして今度の波は「5G(第5世代移動通信システム)」です。5Gのメリットや特徴についてはS-MAXにおいても何度も書かれているため説明は不要かもしれませんが、超高速、超低遅延、超多接続を主な特徴とし、現在の4Gが抱えている問題の多くを解決する「夢の次世代規格」とまで呼ばれています。面白い点は、この5Gへの取り組みがNTTドコモやau(KDDI)、ソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)各社によって微妙に違っていることです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんな5GへのMNO各社の取り組みやその傾向、そしてそこから見えてくる未来などについて考えてみたいと思います。

続きを読む

リピーターやリケジョの卵も参加!今年もスマホで利用される技術を学べるKDDI財団協賛「たのしいサイエンス・サマースクール」が仙台で開催【レポート】

science_school01
今年もKDDI財団協賛でサイエンス・サマースクールが開催!

1994年より毎年行われ(当時はKDDI財団の前身の1つである財団法人国際コミュニケーション基金が協賛)、「光とエレクトロニクス」に関するさまざまな実験・研究を中学生に体験してもらうイベントで、今年で25回目となる「たのしいサイエンス・サマースクール」が宮城県仙台市の東北大学創造工学センター発明工房にて8月6~8日開催されました。

このイベントはKDDIグループである公益財団法人KDDI財団が協賛し、東北大学・東北学院大学・東北工業大学・宮城教育大学・日本工業大学・仙台高専の有志教職員で立ち上げ、毎年開催されています。また、名古屋(名古屋大学)や福岡(九州大学)でも同様のイベントが行われています。東北大学で行われた今回のイベントには、仙台市を中心とする中学校や中等教育学校から42名の中学生が参加しました。

電波や光通信(光ファイバーなど光を用いた通信)など、スマートフォン(スマホ)を含む携帯電話やIoT(Internet of Things)に関連の深い技術の基礎を学ぶことができ、高校・大学レベルの知識やプログラミングなどを用いて、中学校で学ぶ以上に高度な実験を体験できる貴重なイベントです。今回は最終日に行われた成果発表会の様子を紹介します。また、KDDI財団理事長や参加者にもお話を伺いました。

続きを読む

KDDI、au向け2016年夏スマホ「Galaxy S7 edge SCV33」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月16日10時から提供開始


au向けスマホ「Galaxy S7 edge SCV33」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、au向け「2016年夏モデル」のうちのサムスン電子製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SCV33」(Injustice/Olympic Games Edition含む)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年8月16日(木)10時に提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線による方法(OTA)およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみのWi-Fi利用時で約45分、4G利用時で約55分、PCを使う方法で約40分。

更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのことで、更新ファイルは本体のみが約1.6GB、PCを使う方法で約3.0GBとなっており、更新するには本体ストレージに約1.6GB以上の空き容量が必要。

続きを読む

初代コンセプトモデルが15年目で完成!?KDDIが2018年秋に発売するau向けストレート型4G LTEケータイ「INFOBAR xv」を写真と動画で紹介【レポート】


ケータイするに相応しい形とは?!auが発表した「INFOBAR xv」をチェック

KDDIおよび沖縄セルラー電話が都内にて「auオリジナル新端末」説明会を7月12日に開催し、携帯電話サービス「au(エーユー)」における人気シリーズ「INFOBAR」の15周年モデルとして新たにストレート型Androidケータイ「INFOBAR xv」(京セラ製)を2018年秋に発売すると発表した。

合わせて、クレジットタイトルに名前を刻むことができるクラウドファンディングも「Makuake」にて実施( https://www.makuake.com/project/infobar-xv/ )し、すでに目標金額の1,000,000円を達成しており、支援は2018年8月30日(木)18時までとなっている。なお、このクラウドファウンディングのリターンにはINFOBAR xv本体は含まれないので注意したい。

またauではこれまでのINFOBARシリーズを含めてデザインプロジェクト「au design project」のファンに向けたデザイン系Webサイト( https://adp.au.com )も新たに開設し、さらにそのようなファンの方々をはじめとして多くの人にINFOBAR xvを見てもらうイベント「INFOBAR展」(仮称)を2018年10月31日(水)から11月12日(月)まで実施する。

さて、そんな新時代のINFOBARとなるINFOBAR xvのデザインは、初代「INFOBAR(型番:A5307ST)」(2003年10月発売)と同じく、プロダクトデザイナーの深澤直人氏が担当。初代のデザインを継承しつつ、今風の4G LTEケータイ(いわゆる「ガラホ」)へデザインを進化させている。また、「+メッセージ」サービスに対応や「スマホ音声アシスタント呼出機能」など、単なる復刻ではなく最新の4G LTE ケータイでもある。

今回は、手に馴染むサイズ感とデザインが魅力的なINFOBAR xvを説明会にてタッチ&トライできたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。