S-MAX

KIWAMI2

FREETELのフラッグシップスマホ「SAMURAI KIWAMI 2」の外観やプリインアプリなどをチェック!"極というより麗"がわかるように「REI」とも比較【レビュー】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI 2」を紹介!

プラスワン・マーケティングから12月22日に発売されたSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「FREETEL SAMURAI KIWAMI 極 2(以下、KIWAMI 2)」(型番:FTJ162B)。同社のハイエンドのフラッグシップモデルで、価格は49,800円(税抜)。

昨年発売された「SAMURAI 侍」シリーズの最上位モデル「KIWAMI 極(以下、KIWAMI)」の後継機種ということになっていますが、KIWAMIの特長だった特別受注の和柄はなく、また画面サイズも6インチから5.7インチと小さくなったことでよりボリュームゾーンに近づけられています。

それもあってかデザインもFREETELのボリュームゾーンを狙った製品「SAMURAI REI 麗(以下、REI)」と画面サイズこそ違うものの、瓜二つになっています。すでに発表会時に写真&動画レポートで紹介していますが、改めて製品版をお借りしたのでREIとの比較も含めて紹介していきたいと思います。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリーブランド「FREETEL」の最新フラッグシップスマホ「KIWAMI 極 2」を12月22日に発売!価格は4万9800円で、すでに事前予約受付中


SIMフリースマホ「FREETEL KIWAMI 極 2」が12月22日に発売!

プラスワン・マーケティングは21日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」における新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter 2」を都内で開催し、すでに10月に発表していた新しいハイスペックスマートフォン(スマホ)「KIWAMI 極 2」を2016年12月22日(木)に発売すると発表しています。

価格もすでに案内されていた通りに49,800円(税抜)。発売に先立って本日11月21日より事前予約受付を開始しています。

続きを読む

SIMフリーのフラッグシップスマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI 極 2」を写真と動画で紹介!10コアCPUや4GB RAMなどを搭載して4万9800円に【レポート】

SAURAIシリーズのフラグシップスマホ「極 KIWAMI 2」を発表!写真と動画でチェック

既報通り、プラスワン・マーケティングは6日、同社の携帯電話サービス・SIMフリー製品のブランド「FREETEL」の新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「SAMURAI 極 KIWAMI 2」(以下、KIWAMI 2)を12月に発売することを発表した。

KIWAMI 2はチップセットが10コア(デカコア)のMediaTek製「Helio X20 MT6797」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、バッテリー3400mAh、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応など。microSDカードは非対応だ。

今回は発表会終了後のタッチ&トライコーナーでKIWAMI 2に触ることができたので、写真と動画で紹介していく。なお、展示機は開発中であるため、ソフトウェアなど最終仕様とは異なる場合があるので注意していただきたい。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「FREETEL KIWAMI 極 2」を発表!10コアCPUや4GB RAM、フルメタルボディー、USB Type-C、DSDSなどのハイスペックで4万9800円


ハイスペックなSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI 2」が発表!

プラスワン・マーケティングは6日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」における新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を都内で開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「KIWAMI 極 2」を発表しています。2016年12月に発売予定で、価格は49,800円。

同社が昨年発売したハイスペックスマホ「KIWAMI 極」の後継機種で、同じく大画面を搭載したフラッグシップモデルです。KIWAMIは6インチでしたが、KIWAMI 2は約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイに変更。

さらにチップセットにMediaTek製10コアCPU「Helio X20 MT6797」、内蔵メモリー(RAM)に4GBなどと性能がさらに強化されているほか、新たにUSB Type-C端子やデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。