S-MAX

KYT32

KDDI、au向けタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を8月22日より順次提供開始


auタブレット「Qua tab QZ8」および「Qua tab QZ10」がAndroid 8.1 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、au向け「2018年春モデル」のうちのAndroidタブレット「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」および「Qua tab QZ10(型番:KYT33)」(ともに京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年8月22日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線による方法(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は両機種ともに約30分。なお、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新ファイルも両機種ともに約1.1GBとなっており、更新するには本体ストレージに約1.1GB以上の空き容量が必要。OSバージョンアップを実施するには事前にビルド番号をQua tab QZ8で「1.020SI」、Qua tab QZ10で「1.002VE」にしておく必要があります。主な更新方法は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)ピクチャーインピクチャーモード」が搭載されます
2)アップデート後、auベーシックホームを初めて利用する際に、電話アイコンおよびアプリアイコンに通知バッチを表示するためのガイダンスが表示されます
3)標準ホームご利用時、または、表示拡大モードご利用時は、ホーム画面に配置されているアプリの通知の方法が変更となります
4)プロフィール詳細画面に以下の情報が追加されます

○主な機能削除
5)「Google音声検索アプリ」が削除されます
6)ホーム画面の「Google検索ウィジェット」が削除されることがあります
7)電源メニューで表示される項目から「機内モード」が削除されます
8)「Wi-Fiの設定」の「Wi-Fiスリープ設定」項目が削除されます

○主な初期化項目
9)「テレビ」アプリの「予約のお知らせ設定」の再設定が必要になります

そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
Qua tab QZ8のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.6MB)[PDF]
Qua tab QZ10のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.3MB)[PDF]


続きを読む

KDDIのau向け8インチAndroidタブレット「Qua tab QZ8」を写真と動画で紹介!ステーショナリーのようなかわいい色合いで、モバイルバッテリーとしても使える【レポート】


モバイルサイズのカジュアルなau向けAndroidタブレット「Qua tab QZ8」を写真と動画でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話がau向け「2018年春モデル」を発表し、auオリジナルブランドのタブレット「Qua tab」シリーズとして新たに8インチの「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」(京セラ製)を1月19日に発売しました。

auショップや量販店などのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて販売されており、au Online Shopでの価格は一括の場合43,200円(税込)、毎月割適用後の実質負担額は27,000円(税込)。

今回、1月9日に行われた説明会に併設されたタッチ&トライコーナーにてQua tab QZ8の実機に触れる機会がありましたので、製品の特徴や仕様を写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「BASIO3」とタブレット「Qua tab QZ8」、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」を1月19日に発売!auスマートサポート特別キャンペーンも


au向けBASIO3やQua tab QZ8、Speed Wi-Fi NEXT W05が1月19日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、今春に発売するau向け「2018年春モデル」のうちのシニアなど向けスマートフォン(スマホ)「BASIO3(型番:KYV43)」およびタブレット「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」(ともに京セラ製)、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05(型番:HWD36)」(Huawei Technologies製)の3機種を2018年1月19日(金)に発売すると発表しています。

すでに各機種ともauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を実施しており、価格はすでに紹介しているようにBASIO3が本体代49,680円の実質24,840円から、Qua tab QZ8が本体代43,200円の実質27,000円から、Speed Wi-Fi NEXT W05が本体代28,080円の実質0円から(金額はすべて税込)。

またすでに案内されていましたが、BASIO3および「BASIO2(型番:SHV36)」を購入した人を対象に「auスマートサポートセンター」や「スマホ訪問サポート」などが利用できる「auスマートサポート」の加入月の利用料金3,250円(税抜)が無料になる「auスマートサポート特別キャンペーン」を2018年2月28日(水)まで実施します。4ヶ月目以降は通常と同様に月額410円がかかります。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ&タブレットのAndroid 8.x OreoへのOSバージョンアップ予定機種に「HUAWEI nova 2」と「Qua tab QZ8・QZ10」を追加!合計19機種に


auのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ予定機種を更新!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、今春に発売するau向け「2018年春モデル」として新たにAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットなどを発表し、すでに案内している最新プラットフォーム「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧を更新したとお知らせしています。

新たに発表された製品のうちの「HUAWEI nova 2(型番:HWV31)」および「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」、「Qua tab QZ10(型番:KYT33)」が追加された形。これらの機種はそれぞれ1月下旬および2月下旬に発売予定ですが、発売時にはAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)をプリインストールしています。

なお、同時に発表された「BASIO3(型番:KYV43)」は現時点ではAndroid 8.x OreoへはOSバージョンアップ予定機種に含まれていません。また以前に発売された機種についても新たに追加されたものはなし。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。