S-MAX

KYV36

ママだけじゃなく、パパも子どもも便利!auの洗えるスマホ「DIGNO rafre KYV36」を実際に洗ってみた【レビュー】


auのソープスマホ「DIGNO rafre」を洗ってみた!

auから昨年12月に発売になった"ママスマホ"こと「DIGNO rafre(型番:KYV36)」を実際にハンドソープや食器用洗剤で洗ってみたので紹介します。

筆者には4歳半の娘がおり、何かにつけて「ぱぱのけーたいかしてー」と言われて使わせる場面も多く、返ってくる頃にはべたべたになっていることも多いので、この"洗えるスマホ"を洗ってみつつ、こういう工夫って「いいな!」と感じた部分をまとめたいと思います。

続きを読む

防水が強化されてハンドソープで洗っても大丈夫!au向けママスマ「DIGNO rafre KYV36」の気になる価格をチェック


"ママスマホ"なau向け「DIGNO rafre KYV36」の価格を紹介!

KDDIおよび沖縄セルラーが「au発表会 for ママ」にて発表したママ社員によるママに向けた世界初のハンドソープで洗えるau向けスマートフォン(スマホ)「DIGNO rafre(型番:KYV36)」(京セラ製)。

温水でも大丈夫なので寒い冬もお湯で洗ったり、お風呂場で使うのも安心で、画面が濡れていても操作可能なタッチパネルディスプレイにも対応しています。

そこで今回はすでにauショップや公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が開始されているので、気になる価格を紹介したいと思います。なお、発売日は2015年12月11日(金)となっています。

続きを読む

ママスマホをハンドソープで洗ってみた!防水が強化されたau向けスマホ「DIGNO rafre KYV36」を写真と動画で紹介【レポート】

藤本美貴さんと優木まおみさんも体験!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは3日、都内にて「au発表会 for ママ」を開催し、世界初のハンドソープで洗えるau向けスマートフォン(スマホ)「DIGNO rafre(型番:KYV36)」(京セラ製)を2015年12月11日(金)に発売することを発表した。

DIGNO rafreは、ハンドソープで洗える防水性能を強化したスマホだ。また、温水への防水にも対応しており、お風呂場でお湯がかかっても利用可能なほか、画面が濡れていても操作可能なタッチパネルディスプレイを搭載している。

今回は防水性能が向上したDIGNO rafreの特徴と外観、そして、実際にハンドソープで手洗いしている様子を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

KDDI、世界初のハンドソープで洗えるau向けスマホ「DIGNO rafre KYV36」を発表!ママも嬉しい防水強化でお風呂などでの利用がより安心に――デビュー割で機種変更やMNPで1万5千円引きに


au向けスマホ「DIGNO rafre KYV36」を発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは3日、都内にて「au発表会 for ママ」を開催し、世界初のハンドソープで洗えるau向けスマートフォン(スマホ)「DIGNO rafre(型番:KYV36)」(京セラ製)を発表しています。発売日は2015年12月11日(金)。

従来の防水機能を強化し、ハンドソープで洗うことが可能になり、キッチンでスマホを使ってレシピを見る場合や身の回りの物をキレイに保ちたい、小さい子どもがいる家庭などでも安心して利用できるようになりました。

また、温水防水対応なので、お風呂場でお湯がかかっても利用可能なほか、画面が濡れていても操作可能なタッチパネルディスプレイを搭載しているため、インターネットをしながら動画をゆっくりと視聴しながらなど、バスタイムをスマホとともに有意義に過ごすことが可能となっています。

さらに発売に合わせて公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から水洗いが可能な京セラ純正ブックタイプケースや繰り返し貼れる保護フィルム、バスタイムを楽しくするアヒル型おふろスタンドなどの多彩なDIGNO refre専用アクセサリーが販売されます。

その他、auケータイやau向け3Gスマートフォンからの機種変更または他社から乗り換え(MNP)でDIGNO rafreを購入すると本体価格を最大15,000円を割り引きする「DIGNO rafre デビュー割」も2016年1月11日まで実施されます(新規契約やAQUOS K SHF31およびSHF32は対象外)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。