S-MAX

Kryptowire

スパイウェア混入問題が指摘されているスマホ「BLU GRAN M」についてメーカーが反論!仕様通りでプライバシー問題への影響はないと発表――一方でAmazonなどでは販売停止に


BLU ProductsがGRAND Mの情報収集について反論!マルウェアなどは存在しないと発表

既報通り、アメリカの軍隊や捜査当局向けのモバイルセキュリティーツールを開発するKryptowireがセキュリティー関連イベント「Black Hat USA 2017」においてBLU Products製スマートフォン(スマホ)「BLU GRAND M」などに販売時からスパイウェアが混入していることを報告しました。

Kryptowireでは2016年11月にもBLU Productsの「BLU R1 HD」にスパイウェアが混入していると発表していましたが、一旦はBLU R1 HDに搭載されているファームウェアを開発するAdups Technologyがソフトウェア更新を実施し、該当機能を削除して問題が解決したと思われていました。

しかしながら、Kryptowireが継続して調査したところBLU R1 HD以外のBLU GRAND Mなどの製品においてその後も個人情報を勝手に中国へ送信しているスパイウェアと思われる機能が含まれているとしています。

今回、これに対してメーカーであるBLU Productsは31日(現地時間)、特定の情報を中国にあるサーバーへ送信していることを認めつつ、送信している内容は仕様通りで利用者のプライバシーに影響はなく、不正に個人情報を取得していることはないので問題ないと発表しています。

なお、Black Hat USA 2017にて報告があった後、アメリカのAmazon.comではBLU GRAND Mが販売停止となっており、さらに日本でも先ごろ「Amazon.co.jp」においてBLU GRAND Mの商品ページ自体が削除されています。

一方で同じBLU Productsの製品であり、日本で販売されている「BLU GRAND X LTE」についてもAmazon.co.jpでは販売が停止されてるのか、商品ページ自体はあるものの購入できず、仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードとセット販売についても「現在在庫切れです。」となっています。

続きを読む

日本でも販売されている格安スマホ「BLU GRAND M」にもスパイウェアが混入!使用者の個人情報が中国へ送信されているとBlack HatでKryptowireが明らかに


BLU製スマホ「GRAND M」にスパイウェアが混入!個人情報が中国へ送信

アメリカ国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency;DARPA)から派生し、アメリカの軍隊や捜査当局向けのモバイルセキュリティーツールを開発するKryptowireは26日(現地時間)、セキュリティー関連イベント「Black Hat USA 2017」にて同社が2016年11月に報告していたBLU Products製スマートフォン(スマホ)におけるスパイウェア混入の問題においてまだデータを中国・上海にあるサーバーに送信していることを明らかにしました。

この問題は日本でもSIMフリースマホとして最近発売されたBLU Productsの「BLU R1 HD」にスパイウェアが混入されており、原因となったShanghai Adups Technologyが開発したファームウェアについては該当機能を削除し、ソフトウェア更新を行うことで問題は解決していると案内していました。

しかしながら、Kryptowireが検証を続けた結果、日本で発売された「BLU GRAND M」を含めたBLU Productsの他の製品にも同様のスパイウェアが混入されており、現在も個人情報を勝手に中国へ送信しているということです。なお、日本向けに販売されている製品にも混入しているかどうかは販売元に確認中です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。